走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初秋の北関東ドライブ2 ~第五回クイック・ツーリング~

QT5007.jpg

ツーリング当日は生憎の天気となってしまいました。天気予報では土砂降りになる・・・とのことで、暗澹たる気持ちでいたのですが、蓋を開けてみると何とか小雨という空模様で予定通り開催することができました。
屋内イベントであってもやはりクルマの行事は晴れが望ましいのは当然なのですが、タイムラリーのような公道イベントの場合は、必ずしも悪いことばかりではなく、行楽に出かけるクルマが減るために高速道路の渋滞が少なく、今回も心配された関越道下りの渋滞がなかったために、参加車の皆さんは予定よりも早く集合することができました。

QT5008.jpg

それにしても第一集合場所の赤城高原SAから集団で移動するイタリア車の軍団は相当目立ちます(苦笑)。

QT5009.jpg

さらにタイムラリーのスタート地点である「道の駅」に続々と入ってくるイタリア車は、観光バスや国産車のドライブ客からすると完全に異質でした。
そして、面白い現象だったのですが、今までのタイムラリーのスタート地点では必ずそれらの一般の方から質問を受けたり、写真を撮られたりしたのに対して、余程浮いていたのか、余程珍しかったのか、今回の場所では「遠巻きに」見ているだけ・・・といった状態でした。

QT5010.jpg

早速、タイムラリーの受付を開始し、クルマに貼るゼッケンやコマ地図を配布してドライバーズミーティングを開始します。クイックツーリングでのタイムラリーも三回目ともなると、だんだんと皆さんも慣れて来たようで、隠しタイムである基準タイムとの誤差で順位が決まるという「運」頼みのラリーであるにも関わらず、何とか基準タイムのヒントを探ろうと、鋭い質問が飛んできます(笑)。

それらの質問をうまくかわすのも主催者の力量?なのですが、今回は試走時の天候とあまりに違いすぎてしまったために、仮にヒントを出したとしてもその基準タイムを達成するのは難しかったでしょう。

いつものように1分間隔で一台ずつスタートをして行きます。

それでは出走車をご紹介したいと思います。

QT5011.jpg

まずはC.A.E.Stratosを駆るS氏です。前回のタイムラリーではエントリーしたにも関わらず、車両トラブルで出走することができなかったのですが、今回は車両整備もバッチリで満を持しての出走です。それにしても、どこでもこのクルマは本当に目立ちます(笑)

QT5012.jpg

2番スタートはLANCIA Delta Evo-Iで出走のM氏です。M氏はタイムラリーフル出場ながらなかなか上位入賞には恵まれなかったのですが、今回はベテラン?の意地を見せて欲しいものです。

QT5013.jpg

3番はFIAT Balcettaで参加のF氏です。本来ならばオープンが気持ちのよい季節のはずだったのですが、残念ながらトップを閉じてのエントリーとなってしまいました。

QT5014.jpg

4番はLANCIA Delta Integrale 16Vで参加のI氏です。Deltaの殆どの参加車がEvo-I,IIの中でIntegrale 16Vは貴重で、Delta参加車の中で一番の古参ながらそのスタイリングはかえって新鮮に見えました。

QT5015.jpg

5番はALFAROMEO Alfa GTV Corseで参加のS氏です。S氏はAUTOCAR誌の編集部にお勤めで、前回の房総タイムラリーが初参加だったのですが、この公道タイムラリーを気に入っていただき、再びご参加いただきました。

QT5016.jpg

6番はLANCIA Delta Evo-IIで参加のK氏です。K氏のDeltaはパールホワイトという大変珍しいボディカラーです。加えてクレバーな走りには定評があり、今回も上位入賞が期待されます。

QT5017.jpg

7番はALFAROMEO Alfa GTで参加のK氏です。K氏のAlfa GTはヤル気仕様?なのですが、生憎のロードコンディションでしたので、そのパフォーマンスが発揮できず、歯がゆい思いをしたのではないでしょうか。

QT5018.jpg

8番はLANCIA Delta Evo-IIで参加のM氏です。実はM氏は女性ドライバーなのですが、プロのドライバーでもあり、そのテクニックには何の不安もなくDeltaを完全に乗りこなしていらっしゃいます。

QT5019.jpg

9番は殆ど「下ろしたて」のFIAT 500 Abarthで参加のF氏です。F氏がオーダーしたボディカラーは往年のFIAT 500を彷彿とさせるグレーで、そのセンスの良さは流石です。

QT5020.jpg

10番目はALFAROMEO Alfa156GTAで参加のF氏です。F氏はかつてクイックトレーディングが参戦していたアルファ・ロメオチャレンジやアイドラーズの耐久レースにも参戦されていたドライバーで、そのサーキットドライビングには定評があるのですが、このタイムラリーにはお子様をナビに参加していただきました。

QT5021.jpg

11番はLANCIA Delta Evo-IIで参加のT氏です。T氏は青森からの参加で、当日は午前1時!にご自宅を出発したとのことです。私も昔はそんな強行軍ができたのですが・・・若いということは素晴らしいです(泣)。

QT5022.jpg

12番はALFAROMEO Alfa156 Sportswagonで参加のM氏です。M氏は房総タイムラリーではナビとして参加されたのですが、面白かったので自分で出走したい・・・と今回はエントリーいただきました。こうして気に入っていただけるのは本当に有難いことです。

QT5023.jpg

13番はこの度新しくクイックトレーディングのセミリセットカーであるLANCIA Delta Evo-Iを購入されたW氏です。それにしてもDeltaのオーナーは年齢層が幅広く、WRC現役時代を知らない20代のオーナーから「どっぷり」世代のオーナーまで多岐に渡っているのが実に興味深い現象です。

QT5024.jpg

14番は今回初めてエントリーされたALFAROMEO Alfa GTで参加のS氏です。S氏はご自身のブログでも今回の模様を書かれていますので、そちらもお読みいただければと思います。

15番はALFAROMEO Alfa147GTAでエントリーのA氏です。手違いでスタート時の写真を撮り忘れてしまいました(汗)。

QT5025.jpg

そして最後はALFAROMEO Alfa147で参加のH氏です。H氏も最近このAlfa147を購入されたのですが、このAlfa147はクイックトレーディングがチューンUPした車両で、その実力はなかなかのものです。

最後に寺島社長のALFAROMEO Breraがスィーパーとしてスタートすると、あれほど賑やかだった駐車場は一気に日常の駐車場に様変わりします。

そして私たちはゴール地点の設営のために先回りして参加車を待つことになります。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

コメント

「走る広告塔」を自負する私ではありますが、毎回出走1番手ってイジメじゃないですかね?

  • 2012/11/10(土) 07:14:16 |
  • URL |
  • S氏 #-
  • [ 編集]

>Sさん
先日はお疲れ様でした。イジメなんてとんでもないですよ。ペースメーカーとして信頼してるんです(笑)。
次回は真ん中あたりにスタート設定しますので是非また参加してくださいね。

  • 2012/11/10(土) 08:05:37 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/990-d0475224
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【初秋の北関東ドライブ】

ツーリング当日は生憎の天気となってしまいました。天気予報では土砂降りになる・・・とのことで、暗澹たる気

  • 2012/11/19(月) 20:17:50 |
  • まっとめBLOG速報

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。