走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトナの運動会3 ~Revival Motor Sport in Mobara Circuit~

各クラスの走行時間は10分間程度です。
何だそんなに短いのか・・・と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、ショートコースの10分間は充分な走行時間で、エアコンのないクルマの窓を閉めて(このコースでのルールは運転席側だけでしたが、一般的には全ての窓を閉めなければなりません)、レーシングスーツにヘルメットを被り、ノンパワーのステアリングと格闘する10分間は、普段あまりハードな運動をする機会のないオジサンに大汗をかかせるには充分な時間です(苦笑)。
特にショートコースではその走行時間の殆どがコーナリングをしていると言っても良い状態ですので、集中力を持続させるだけでも大変です。比べるのは失礼かも知れませんが、ボクシングであれば3分間戦えば休めるのに対して、この10分間は休む暇がないのです。

「モンツァ」クラスに続いてコースインしたのが「スパ・フランコルシャン」クラスで、今回のエントラントは国産車から輸入車まで様々なバリエーションに富んだものでした。

RMS029.jpg

RMS030.jpg

このクラスには「飛び入り参加」でALFAROMEO Giulia Sprint GTAが参加することとなりました。このGTAは外観は美しいストラダーレの装いが保たれていますが、その中味はAUTODELTAのチューニングパーツが奢られており、オイルパンも軽量化のためにマグネシウム製に交換されているそうです。

RMS031.jpg

RMS032.jpg

早速パドックにS氏所有のALFAROMEOと並べて写真を撮らせていただいたのですが、その眺めは壮観で、そこだけ当時のイタリアのサーキットにタイムスリップしたかのような眺めでした。

RMS033.jpg

レースそのものは皆さんのスキルが高く、スピードの速いポルシェ911やロータス23Bは全く危なげなく他車を追い越して行きます。

RMS034.jpg

RMS035.jpg

注目していたドタ参のALFAROMEO Giulia Sprint GTAですが、最初は「大人しく」速いクルマにはラインを譲りながら走行していたのですが・・・。

RMS036.jpg

だんだんドライバーのウォーミングアップも出来てきたのか、徐々にペースが上がり始め、明らかに攻めた走りに変って来ました。

RMS037.jpg

やはりGiulia Sprint GTAはこうじゃなくてはいけません(笑)。

続いてのクラスは「シルバーストーンA」というクラスで、どうやら英国車を中心としたチューン度が高い、もしくはドライバーのスキルが高い上級者(車)のクラスのようです。

RMS038.jpg

注目すべきはやはりロータス23Bでしょう。

RMS039.jpg

ロータス23はコーリン・チャップマンによりクラブマンレース用に開発されたレーシングマシンですが、日本での活躍はやはり1963年の第一回日本グランプリでの活躍でしょう。出場した三台のロータス23は表彰台を独占し、ワークス状態で参戦していた日本のメーカーとの差を見せつけられました。ちなみにその時のロータスのドライバーの一人が後のF-1チームマネージャーとなるあのピーター・ウォー氏であったことはあまりに有名なエピソードです。

軽量、安価で戦闘力が高いロータス23は人気があり、ロータスが販売を終了した後もレプリカモデルが販売され続けたのですが、今回参加した2台はオリジナルとのことで、一台にはHOLBAYチューンのエンジンが搭載されていました。

RMS040.jpg

このクラスのドライバーがサーキット走行に慣れたドライバーであることはすぐに分かりました。
スタート直後の第2コーナーでも全く危なげなくバトルを繰り広げて、見る側を楽しませてくれます。

RMS041.jpg

そしてここから今回のイベントで白眉となるレースが展開されました。
スタートから先行する2台のロータス23Bを後方から一台のMGBが追い上げ始めたのです。
このMGBの速さはタダモノではなく、排気量にして倍もあるBig Healeyも簡単において行かれてしまいます。

そしてラップしてロータス23の後方に付けるとその間隔をどんどんと詰めて行きます。それは明らかに着いて行くというよりオーバーテイクのチャンスを狙っているドライビングでした。

RMS042.jpg

RMS043.jpg

そして最後にはホームストレートで多くの観客が見ている前で、2台のロータス23Bを鮮やかに抜き去り、観客の喝采を浴びていました。

RMS044.jpg

そのままロータス23Bを後方に従えて走行するMGBは決して限界というより、まだ余裕があるように感じられました。

RMS045.jpg

聞けばドライバーはかつてサニーをチューンし、ツーリングカーレースで活躍したO氏とのことで、このMGBもO氏自らがチューンしたものとのことです。MGBといえば搭載されているエンジンは単なるOHVエンジンで、常識で考えれば、チューブラーフレームにDOHCエンジンをミドに搭載した純粋なレーシングカーであるロータス23Bとは勝負にならないと思うのですが、目の前で繰り広げられたこのデッドヒートはその常識を見事に覆してくれました。もちろんロータス23BのドライバーがO氏に「敬意を表して」譲ったのかも知れませんが、少なくとも私にはどちらも手を抜いていたとは思えませんでした。

こうしたヒストリックカーイベントでのレースの楽しみの一つが、往年のライバル同士のバトルやレースでの名場面を再現できることで、ドライバーにその知識とそれらに対する敬意があれば、単にヒストリックカーがサーキットを走っている姿だけでなく、こうして観客を唸らせるバトルを楽しむことができるのです。

コース上ではまだまだ魅力あるクラスのレースが続いて行きます。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

コメント

楽しさが伝わる写真ばかりです.前記事のGiulia TI Superの写真が特にカッコいい!
無改造の市販車でも全力が出せるので自分もこのぐらいの規模のサーキットが好きです.写真のロータスはSタイヤですが,普通のタイヤならヒストリックカーにも優しいでしょうね.

  • 2012/10/19(金) 23:26:00 |
  • URL |
  • Hiroshi #-
  • [ 編集]

>Hiroshiさん
自分が日常で使っている愛車をこうしてサーキットに持ち込んで遊べるのが理想ですよね。そういう意味では殆どの皆さんが自走で来ていましたので、Sタイヤは少数派でした。

  • 2012/10/20(土) 13:18:57 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/983-fbd1f61e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。