走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Alfa RZの初期化~その四~

RZM1019.jpg

さて、ホイールをインチアップし、タイヤを交換したRZの印象ですが、乗り心地は劇的に改善されました。それまでは石のようなゴツゴツとした乗り心地で、道路の継ぎ目などを乗り越えるときにはガツンとしたボディへの衝撃を感じたのですが、インチアップでタイヤが薄くなったにも関わらずそれらの継ぎ目をストンといなしてくれます。前回の記事で書きましたように、タイヤはオーバークオリティとも言える性能で、RZの性能からすれば履きこなせないのではと思われたのですが、いざ走ってみるとそれは杞憂で、ド・ディオンアクスルの懐の深さを感じることができました。タイヤグリップは磐石で、RZの性能では限界に持ち込むことなぞできるはずもなく、ただただナニゴトもなくオンザレールで走るクルマとなってしまいました(苦笑)。
まぁ、余程のことがない限りRZを限界で走らせることはないでしょうし、仮にタイヤの限界が来たときにはシャーシーの限界はとっくに超えていると思われますので、オーナーにとってはすこぶる安全なクルマになったのではと思います。

こうして無事に懸案であった初期化は全て終了した・・・はずだったのですが、やはり乗っていると細かい悪さをしてくれます。
最初に訪れたのはフロントライトで、片側が点いたり消えたりの末に最後には点かなくなってしまいました。

RZM1020.jpg

ご承知のようにES30のフロントライトはその形状が特殊で、現在は欠品となっています。かろうじて入手できるのはフランス仕様のイエロータイプで、どうしても交換するとなると全部を取り替えなくてはなりません。
ライト本体の問題ではないことを祈りながらクイック・トレーディングでチェックしたのですが、結果はコネクターの不良でした。それもコネクターそのものの劣化による接点不良ではなく、コネクター端子に差し込まれたコードの先端のギボシ端子がちゃんとコードを噛んでいなかったというものでした。

RZM1021.jpg

コネクターそのものは新車から交換された形跡はありませんので、この接触不良はコネクターを製造した人間の作業ミスということになります。これが果たしてZAGATOで製造されたものなのか、下請けの部品業者(恐らくこちらだろうと思われます)により納品されたものなのかは定かではありませんが、いい加減な作業のツケは製造から20年後に遠く東洋のユーザーの下でこうして発見されるのですから面白いものです。

やれやれこんなもので済むのなら可愛いものだと思っていると、今度は電動ファンが廻らなくなってしまいました。

RZM1022.jpg

ラッシュ時の都内で渋滞に巻き込まれている最中だったので、何とかすこしでも空いている道を探して走ったのですが、ついに限界が来てしまいました。仕方なく路肩にクルマを停めてボンネットを開けて一旦エンジンを冷ますことにしたのですが、ただでさえ目立つRZが路肩にボンネットを開けて停まっていると良い晒し者で、タクシーの運転手が嬉しそうに寄ってきては「どうしたの?」と聞いてきます(笑)。
適当に答えていたのですが、次の質問は「これなんてクルマ?」というお約束の質問で、最後は「へぇ。初めて見たよ」で終わる繰り返しなのはいつものことで、タクシーの運転手の皆さんの格好の暇つぶしのネタになってしまいました(笑)。
連絡したところオーナーも心配して駆けつけてくれたのですが、冷却液でも差し入れてくれるのかと思いきや、持ってきてくれたのは缶コーヒーでした(笑)。

結局、首都高の渋滞が解消されるのを待って何とかクイック・トレーディングまで辿り着いたのですが、原因はやはりコネクターの接触不良でした。

RZM1023.jpg

個体差もあるかと思いますが、この年代のイタリア車は部品品質の問題に加えて製造品質の問題が加わり、こうした電装部品をいつ壊れるか分からない地雷に変えてしまっています。そしてそれを抜本的に解決するためにはハーネスを含めてコネクターを全て交換しなければならず、それは現実的ではありません。そうすると今回のように、何か問題があったときに関連した場所も併せてチェックしておく程度しかないのですが、それでも何もしないよりは遥かにマシでしょう。

RZM1024.jpg

そして新たな課題として浮上したのが「雨漏りの対策」で、世のRZオーナーはその殆どの方がアキラメて、むしろ雨の日は乗らないという抜本的な対策?で対処されているのではと思います。
今回は何とオーナーと一緒に台風直撃の最中にRZに乗るという無謀なシャワーリングテストを実施して、このRZのソフトトップの性能はいかばかりかを試す結果となりました(苦笑)。

私自身は過去にアルファ・ロメオの三種類のオープンに乗りました。それはSr.3/4の115Spider。そしてその後継モデルであった916Spiderなのですが、同型車に乗っている仲間の話を聞いて見ると、雨漏りに関してはその構造上の問題もさることながら、結構個体差によるものが多く、繰り返し乗り上げ駐車をしたことによるボディの歪みが影響していたり、ソフトトップを開閉するときに平坦な場所で行わなかったりする行為による幌骨の歪みなどが蓄積したりしている個体は、総じて雨漏りが他の同型車よりも酷いようです。

構造上のことを言えば、115Spiderはソフトトップのリア部分がボディに接続されているために、後ろからの雨漏りはなく、漏れる箇所はAピラーとソフトトップの接する部分からに集中しています。フロントウインドウの上部はメッキモールでできたリップがあるために、余程のことがない限り雨漏りはしない構造になっています。
では、Aピラーの上部からの漏れはどうかと言うと、三角窓の上部に集中しており、そこの隙間が「水みち」になっていると思われます。ただ何分旧いクルマですので、ボディの歪と幌骨の歪が合算され、雨漏りに関してはかなりの個体差があります。

一方で916SpiderはこのRZと同じ方式で、リアを2箇所のピンでFRP製のトノカバーに密着させ、フロントウインドウ部分は左右2箇所をラッチで留める構造となっています。
これも個体差がありますが、916Spiderの場合はリアからの雨漏りは殆どなく、Aピラーからの雨漏りも豪雨の高速走行時にポタポタ・・・程度で非常に優秀だったと思います。

916Spiderが前後4箇所でソフトトップをボディに密着させているのに対して、RZの場合は前2箇所、後ろ1箇所の三箇所で、その分、ソフトトップ全体の造りが916Spiderよりがっしりと出来ています。
RZのソフトトップの問題はこの三箇所というボディへの接続方法(構造的な問題)と、リップのゴムシールの問題で、特にリアのゴムシールが劣化していると後方からの雨漏りは相当なものだそうです。特にトノカバー上部の形状が絶妙に室内に向かってアールしており、あたかもウォータースライダーのような形状ですので、ゴムシールが機能しないと「漏ってくる」と言うより「流れ込んでくる」という状態になります。
この個体はゴムシールがしっかりとしており、後方からの雨漏りは殆どありませんでした。
一方で酷いのがAピラーの付根からの雨漏りで、先日の台風のときにはポタポタ・・・ではなく、水道栓をひねったように一筋の水が流れ込んで来ました。
それをじっくり観察してみたのですが(苦笑)、どうやら幌ではなくフロントウインドウ上部のゴムシールの形状に問題があるようです。

RZM1025.jpg

本来ならばフロントウインドウの上部の窪みに入ってきた水は左右に流れて行き、わずかに膨らんだ流路を通って青の矢印の方向に流れるように設計されているようです。
しかし、どう見てもこの流路には無理があり、明らかに物理の法則に反した流れになっていると同時に、赤矢印の方向に流れようとする水を堰き止めるにはそのゴムの形状が悪く、結果としてフロントウインドウからボディ上部に跳ね上げられる水はフロントウインドウ上部の流路を通って左右の赤矢印の方向に流れ、その先は室内・・・という状態になってしまっています。
それは普通の雨量でも、上り坂でノーズが上がったり加速をするとAピラーから雨漏りが始まり、一度漏ってくるとそこに流路(水みち)が出来てしまい、それから後はずっと漏り続けることからも明らかで、やはり構造上の問題であると思われます。

そこで、多少でも赤矢印の方向へ流れる流路に抵抗を加えてやり、本来の青矢印の方向に水を誘導してやれないかと考えて見ました。川の流れで考えて見れば良く分かると思うのですが、水はより抵抗の少ない方に流れて行きますので、完全に堰き止めなくてもその抵抗のバランスさえ変れば雨漏りは劇的に少なくなるのではと思い、ゴム板を切って抵抗を作ってみることにしました。

RZM1026.jpg

用意したのはホームセンターで売っている3mm厚のゴム板です。
それを適当な形状に切って、合成ゴム系の接着剤で貼り付けて見ました。

RZM1027.jpg

これで100%解決できるとは思わないのですが、多少とも効果があるのであれば、考え方は間違っていないことになりますので、更に形状を工夫して改良して見たいと思います。

次回のシャワーリングテストは是非ともオーナーにお願いしましょう(笑)。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク

コメント

510さん、いつも楽しく読まさせて頂いております。基本は雨では乗らない、なのですが、流石車両オーナーですね!うまく行ったらよろしくおもう1台RZを願い致します(笑)雨では乗らないなら対策いらないでしょう~とは言わないで(笑)

  • 2012/06/29(金) 01:14:59 |
  • URL |
  • ZAGATOR #jhHw6g8s
  • [ 編集]

何箇所も「あーあるある」とうなずきながら読みました。
特に配線に関しては510さんも読者の皆さんも私が共感をおぼえるのはわかってもらえるでしょう。
タイヤは「それツマラナクなったんじゃ?」と思う方もいるかもしれませんが、タイヤをケチると痛い目を見ます。
雨漏り・ファン停止・話しかけてくるオッサン。
色々な記憶が呼び起こされました。
にしても510さんは大変そうだ。

  • 2012/06/29(金) 06:26:22 |
  • URL |
  • S氏 #-
  • [ 編集]

>ZAGATORさん
うまく行ったらパーツを造りますよ(笑)。でもリアから漏るならそこはムリかも・・・(泣)。

  • 2012/06/29(金) 12:55:12 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

>Sさん
その筋の?クルマに乗ってると大変ですよね(笑)。
Sさんのご苦労が想像できます。まあRZはまだ量産車ベースなんで可愛いもんですよ。

  • 2012/06/29(金) 12:57:52 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/957-df2a8ede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。