走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お台場の旧車三昧 ノスタルジック カーショー~その参~

スーパーカーと言えばこのクルマでしょう。
恐らく、子供からオトナまで・・・そして、現代の目で見てもナニモノとも違うそのスタイリングはやはり永遠のスーパーカーとしての資質を持っていると思います。

そのLAMBORGHINI Countach LP400もミウラと同様に全て御開帳して展示されており、そのコンディションはミウラ以上に素晴らしいものでした。

NCS040.jpg

NCS044.jpg

カウンタックはその後にマイナーチェンジされ、最終的にはオーバーフェンダーやリアウイングなどが装備されたアニバーサリーという最終モデルも展示されていましたが、やはり一番美しいのがその初期モデルであることが良く分かります。

NCS041.jpg

NCS042.jpg

エンジンルームもご覧の通りです。それは単に磨き上げただけのものではなく、きちんとメンテナンスされたメカニズムが持つ美しさで、このカウンタックもきっとナニゴトもなく走るのだろうと思いました。

NCS043JPG.jpg

こちらはLANCIA Storatosでそのスタイリングからスーパーカーと呼ばれ、その括りで見られていましたが、WRCラリーに参戦するために造られた"Purpose Built"カーで、スーパーカーとはちょっと違うと思います。

NCS045.jpg

ストラトスのロードゴーイングモデルはあくまでグループ4規定の「連続した12ヶ月に400台を生産したモデル」という条件をクリアするために製造されました。

NCS046.jpg

しかし、実際は搭載するDinoのV6エンジンの供給が途絶えがちで、その製造は遅れて、本当は400台も生産されていないのではないか・・・と疑われているのですが、1974年にようやくホモロゲーションを獲得し、それ以降このストラトスはWRCで快進撃をすることになります。

NCS047.jpg

この個体も全てに手が入っており、当時のランチアが手を抜きまくったストラトスのロードゴーイングモデルの「後始末」をちゃんと行っていることが窺われます。

NCS048.jpg

FERRARIがミッドシップに移行する過渡期のモデルがこの330GTCで、現在のフェラーリ主力モデルがまたフロントエンジンに戻っていることから、「静かに」人気が上がってきているモデルです。

NCS049.jpg

330GTCはあくまでGTで、この個体のような渋いカラーが似合います。日本もそろそろフェラーリは「赤」から卒業しつつあるのは喜ばしいことだと思います。

そのご近所には違う業者がスーパーカーを並べていたのですが、これらのクルマが「ノスタルジックカー」か・・・と言われるとちょっと違うのではと思いました。

NCS050.jpg

私にとってFERRARI F50はノスタルジックでも何でもないのですが、考えて見れば発売は1995年ですから、もうすぐ20年!。歳は取りたくないものだとしみじみ思ってしまいました。

NCS051.jpg

とにかくこの一角はスーパーカーショーと化しており、それ以外の展示スペースとは完全に雰囲気が異なっており、ある出展者が「あのクルマ達が来るのはおかしい」とボヤいてました。
私達見学者にとっては一度に見ることができるのは有難いことだと思っていたのですが、聞けば、出展者にとってはゆっくりと持って来たクルマについて話をしようと思っても、派手な爆音は迷惑なこともあるのでしょう。

NCS052.jpg

FERRARI ENZOも御開帳されていました。ミニチュアモデルでしか御開帳シーンを見たことがなかったので、写真を撮りまくってしまいました。

NCS053.jpg

NCS054.jpg

NCS055.jpg

こうして見ると、このクルマがF-1をベースに開発された2座のクーペであることが良く分かります。というかメカニズムはまんまF-1でした。

NCS056.jpg

PAGANI ZONDA!です。私は名前だけは知っていたのですが、実物を初めて見ました。

NCS057.jpg

このリアビューを見ると、良いとか悪いとかいう評論は不要で、ただただ凄いとしか言い様がありません(苦笑)。

NCS058.jpg

JAGUARもインポーター?が車両を持ち込んでいました。新旧のXKを並べて展示する・・・というコンセプトは分かるのですが、見学者の目はE-typeばかりに行ってしまい、新型車の方は殆ど見向きもされていませんでした。

NCS059.jpg

今回の会場で一番大掛かりな造作をして臨んでいたのがVWで新しいBeetleを展示していました。前作のビートルがデザインアイディアをそのまま商品化したら「売れてしまった」コトに対して、今回のビートルは「真剣に」デザインされており、初代ビートルに似ている必要はないのでは・・・と思わせるクオリティでした。きっと売れるんでしょう(苦笑)。

NCS060.jpg

さて、ようやく心を落ち着けて本来のノスタルジックカーの世界に入って行きたいと思います。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/947-58d00cc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【お台場の旧車三昧 ノスタルジック カーショー~その参~】

スーパーカーと言えばこのクルマでしょう。恐らく、子供からオトナまで・・・そして、現代の目で見てもナニモノとも違うそのスタイリングはやはり永遠のスーパーカーとしての資質を持っていると思います。そのLAMBORGHINI Countach LP400もミウラと同様に全て御開帳して展...

  • 2012/06/12(火) 04:34:48 |
  • まとめwoネタ速neo

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。