走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旭日のメッサー~AIRFIX 1/48 Bf-109E-7の製作2~

仮組みが終わったらいよいよ組み立てに入ります。
飛行機のモデルの場合は余程のことがない限り、組み立て説明書の順番に沿って組み立てるのですが、殆どのキットはコクピットから組み立てをスタートします。このAIRFIXのキットも世の中のキットと同様にコクピットの組み立てを最初に行うように指示されています。

1/48スケールの場合は1/72スケールと異なり、ある程度コクピットが再現されていますし、アフターパーツでレジン製のコンバージョンパーツやエッチング製の細かいディテールアップパーツなども発売されており、それらを使うと超絶?なディテールアップをすることができます。そうして造り込まれた作品を見ると感動すら覚えるのですが、実際にそれらを使うとなると、キットが三箱くらい買えてしまうほどのお値段になってしまうために、余程思い入れのある機種でない限り、全ての作品にこれらのパーツを使うというのは合理的ではないかも知れません。

今回は最小限のディテールアップを行いますが、基本的にはキットのパーツをベースにしたいと思います。

24BF109016.jpg

しかし、シートベルトに関しては素晴らしいアフターパーツが新発売されました。それはFine Moldsという日本のメーカーから発売されたもので、その最大の特徴はエッチングという手法を使わずに、ABS樹脂でシートベルトが造られているのです。

FG1.jpg

このFine Moldsという会社は新興メーカーですが、宮崎アニメの「紅の豚」の版権を取得し、アニメに登場する戦闘飛行艇をモデル化したことで一躍有名になったメーカーです。宮崎監督の許には日本の殆どのプラスチックモデルメーカーがそのモデル化の交渉に訪れたのですが、宮崎監督は首を縦に振らなかったそうです。
その理由は「飛行機」に対する思い入れで、宮崎監督は単にその形を再現するだけのモデル化を望んでおらず、どんなに高額なロイヤリティを提示されようと、また素晴らしい技術を持ったメーカーであったとしても、この作品の主人公が乗る飛行艇に思い入れがあったのです。

映画をご覧になった方も多いかと思いますが、モデルとなったのはイタリアのサボイアS.21戦闘飛行艇ですが、宮崎監督は見る人が見ないと分からないような変更を加えており、Fine Moldsの社長はまずは試作モデルを・・・という要求に基づき、実機の資料や当時の飛行艇の様々な文献を研究し、その一見すると分からないような変更に加えて航空力学的な問題点を指摘して、宮崎監督を唸らせたそうです。
宮崎監督はモデル化にあたって、アニメの飛行艇を単に忠実に再現できる技術ではなく、飛行機をどれだけ知っているかに加えて、その熱い思いがあるメーカーに「忠実に」アニメの飛行艇をモデル化して欲しいと考えていたからなのですが、結果として合格したのは当時無名だったFine Moldsという会社であったのです。

確かに、モデル化することは現在の様々なコンピュータ機器を使えば可能でしょう。今や、プラスチックモデルの設計は3D CADや実物の三次元測定機などを使えば、形を忠実に再現するという点においては「どこでも同じ」という状況にあります。さらに、自動金型彫刻機やスライド金型などの製造機械を使えば、それを精密にモデル化することも可能でしょう。しかし、組み立てる側に立った配慮やその実物に対する思いをモデルに込めるのは人間にしかできないことで、その思いがあるかないか・・・がそのモデルの良否を分けるのではないかと思います。
私がイギリスのメーカーであるAIRFIXのSpitfireにそれを感じたのも、イギリス人のSpitfireに対する「思い」を感じたからに他なりません。
モデラーの中には、ここの形状がどーのとか、ここが再現されてないからこのキットはダメとか言う評論が昔からありますが、その「思い」を感じることができればそれらは瑣末なことだと思います。

もし、お時間がありましたら、上記リンクからFine MoldsのHPで「Fine Molds」の主張というアピールをお読みいただければと思います。それは決してプラモデルがどうこうではなく、日本の「モノ造り」はこれからどうあるべきかを示唆していると思います。

24BF109017.jpg

製作に戻りましょう(笑)。
若干オーバースケール気味ではあるのですが、写真のようにバックルも含めて微細なモールドでシートベルトが成型されています。またABS樹脂は曲げることができるため、接着する際に好きな形に曲げることができるのも特徴で、お値段は1000円程するのですが、4座分のシートベルトが入ってることを考えるとお買い得と言えるでしょう。この新発売のシートベルトを試しに使ってみることにしました。

24BF109014.jpg

キットのシートはシートベルトがモールドされているのですが、単なる凸モールドで全く実感がありませんので、まずはこのモールドを削り取っておき、シートの背面にはシートベルトを通す穴をピンバイスであらかじめ開けておきます。

24BF109015.jpg

コクピットは少ないパーツで構成されており、1/48スケールのモデルとしては標準的なものです。

24BF109018.jpg

今回の作品はキャノピーを開けた状態で制作しようと思っていますので、コクピットの側面も少しディテールアップをしておきます。
省略されている補器類を適当にプラバンで作成して接着しておきます。

24BF109020.jpg

24BF109021.jpg

コクピット内部は実機の写真も参考にするのですが、一番参考になるのは大スケールのモデルで、1/48スケールのディテールアップにはよりサイズの大きな1/32スケールのキットが一番参考になるのです。

写真はチェコのエデュアルドというメーカーの1/32スケールのBf-109E型のキットの説明書です。このエデュアルドというメーカーに関してはいずれ触れたいと思うのですが、個人的には今最も注目しているメーカーです。

24BF109025.jpg

24BF109026jpg.jpg

24BF109027.jpg

さすがにこの再現度を1/48スケールに持ち込むワケには行きませんが参考にしながら部品を追加しておきます。

まずは機内色であるRLM02というグレー色をエアブラシで塗装します。一つ一つのパーツは細かいものですので、ある程度組み上げておいてから塗装します。

24BF109019.jpg

シートベルトは写真の通りオーバースケールですが、この位の方がかえって実感が増すのではと思います。

24BF109022JPG.jpg

計器盤は最大の見せ場で、できればエッチングパーツに置き換えたいところですが、キットのモールドを利用して塗装でどこまでできるかチャレンジすることにしました。

24BF109024.jpg

この計器盤の写真は博物館に展示されているものですので、松本零士氏の漫画でも有名なREVI/C12Dと呼ばれる射撃照準器も含めてオリジナル状態をキープしています。

24BF109028.jpg

一方でこちらは飛行可能な機体のもので、射撃照準器がない(当たり前ですね)ことに加えて、計器類は現代のものに変更されたり加えられたりしていることが分かります。

これらの写真や1/32スケールのキットを基に見栄えも考えながら塗装をして行きます。

24BF109029.jpg

ますは計器版のベースをダークグレーで塗装します。メーター下部は写真を参考にフラットブラックでベースを塗装します。
続いてメーター内部をグロスブラックで塗装します。ここは塗装するというより塗料を載せるようにすればハミ出さずに塗ることができます。
最後に計器の外周部をフラットホワイトで塗装し、さらに細かいスイッチ類を写真を参考に見栄えも加えて(適当に)塗り分けます。

24BF109030.jpg

さらにコクピット全体をエッジをRLM02にホワイトを加えて明るくした塗料でドライブラシを行い、ウェザリングでエナメルのレッドブラウンとフラットブラックを1:1に混ぜた塗料を薄めて立体感を加えます。

24BF109031.jpg

24BF109032.jpg

あまりディテールアップはしないでと決めていたのですが、コクピットはちょっとやってしまいました(苦笑)。
引き続き組み立てを進めます。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/940-d9e6eacf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【旭日のメッサー~AIRFIX 1/48 Bf-109E-7の製作2~】

仮組みが終わったらいよいよ組み立てに入ります。飛行機のモデルの場合は余程のことがない限り、組み立て説明書の順番に沿って組み立てるのですが、殆どのキットはコクピットから組み立てをスタートします。このAIRFIXのキットも世の中のキットと同様にコクピットの組み立...

  • 2012/06/01(金) 04:39:01 |
  • まとめwoネタ速neo

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。