走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お台場の旧車三昧 ヒストリー・ガレージ~その壱~

関東地方にお住まいの方であれば、お台場のヒストリー・ガレージを訪れた方は多いのではないかと思います。
それはVinus Fortというショッピングモールの中にあるトヨタが運営する博物館で、ちょうど今回の会場の反対側に位置しています。この博物館の素晴らしいところはその展示コンセプトだけでなく、入場が無料!というところで、ここにもトヨタの旦那芸が発揮されています(笑)。
今回のMEGA WEB フェスタに併せて久しぶりに覗いてみることにしたのですが、展示物も相変わらず素晴らしく、ちょっと照明が暗いことを除けば、自動車博物館としてのクオリティは素晴らしく一日いても飽きない場所です。

ヒストリー・ガレージはその名前の通り、昔の街中の「ガレージ」の雰囲気で統一された館内に、トヨタ車をはじめとする様々な名車が展示されており、さらに館内にはミニチュアカーショップやグッズを売る店に加えて、カフェが併設されています。しかもそのカフェはかつてのF-1ドライバーであったアレッサンドロ・ナンニーニがプロデュースしたもので、その雰囲気も館内のコンセプトを壊すことなく、ちょっと昔のイタリアのバールの雰囲気を醸し出しています。

ヒストリー・ガレージの面白いところは単なる展示だけでなく、実際にクルマのレストアも行っていることで、そのファクトリーも覗いて見ることができます。このファクトリーは行く度に入庫しているクルマが変っており、単にディスプレイとしてのファクトリーではなく、本当に作業を行っている夢のようなスペースです。
今回はJaguar E-Typeとキャロルがメンテナンスを受けていました。

MWF029.jpg

それではまだ訪れたことのない方のために、主な展示車をご紹介して行きましょう。

MWF030.jpg

入り口を入ると今、旬の?AE86が展示されています。実は私は半年ほどこのAE86に乗っていたことがあります。今まで殆ど公表?したことがなかったのですが、中古で買ったそのAE86は買った時以上の値段で売れて驚いたのを今でも覚えているのですが、私自身の肌にはあまり合いませんでした(苦笑)。

MWF031JPG.jpg

これは常設展示だと思うのですが、浮谷東次郎のドライブしたS800とLOTUS Elanが展示されています。この展示を見て初めて彼のことを知る人も多いと思いますが、説明プレートも分かりやすくまとめられています。

ちゃんとトヨタのF-1も展示されています。

MWF032.jpg

これはTF101というモデルで2001年にトヨタがF-1に参戦するために製作した実験車です。流石に大トヨタらしく、まだF-1に参戦する前にF-1レースが開催される各国の11ものサーキットでテストを行い、3000ラップ以上走り込みました。かつてそんなことをするF-1チームはなかったために、他のF-1チームは相当ビビったそうなのですが、それで勝てるほどF-1は甘くはなく、参戦後のトヨタの苦闘はご存知の通りです。

ナンニーニカフェの外にも展示車があります。ここはクルマ廻しになっている場所で、例のライドワンコースの折り返し地点になります。ここを撮影スポットとしていれば随分と素晴らしい写真が取れたと思うのですが、残念ながら後の祭りです(苦笑)。

トヨタもちゃんとル・マンのGT1カテゴリーのマシンを展示しています。

MWF033.jpg

TOYOTA GT-One(TS020)は1998年のル・マン24時間レースに参戦したマシンですが、こちらも日産R390と同様にトヨタの内製というより、外注されたマシンで、ダラーラがその開発を担当しました。このGT-1カテゴリーというのは建前は市販車を改造する・・・というのが前提なのですが、その生産台数の制限がなく、1台でもロードゴーイングバージョンがあればOKという規定でしたので、実際はレーシングマシンを開発してから「後づけ」でロードゴーイングバーションを製作するというのが常套化しており、このTS020も一台製作されたのですが、結局販売されることはありませんでした。

実戦ではトラブルに泣かされ、ミッショントラブルを最後まで克服することができなかっただけでなく、その何でもアリというGT-1クラスの問題点を浮き彫りにしたこともあり、結果として1999年からGT-1クラスが撤廃されるきっかけとなったマシンです。

一方でWRCで活躍したのがこのセリカ(T180)で、1993年にそれまでの王者であったLANCIA Deltaをチャンピオンの座から引きずりおろしたのがこのセリカで、Deltaファンからはあまり良く思われていない(苦笑)マシンです。

MWF034.jpg

展示されていたのはサファリラリーに出場したマシンで、フィニッシュしたままの姿での展示でした。凹んだボディやずれたパネルなど、過酷であったサファリラリーの名残を残す状態でした。

常設展示スペースはその配置とディスプレイ方法が凝っており、ヨーロッパの街中のガレージといった雰囲気の中にクルマが展示されています。

MWF035.jpg

アルファ・ロメオはこの一台だけですが、このSpider Duettoの程度は素晴らしくおそらく可動状態であろうと思われます。

MWF036.jpg

その隣にはLOTUS Elanが展示されています。基本的には手を触れてはいけないのですが、当日は展示車の数台が試乗(運転席に座るだけですが・・・)可能で、記念写真を撮ったりできるよう配慮されていました。子供連れが結構写真を撮っていたのですが、こうした名車に触れる機会を積極的に造ることはとても重要で、これからのユーザーとなるであろう子供たちにクルマに対する興味を持ってもらうことは自動車産業にとっても重要な課題だと思います。

MWF037JPG.jpg

展示車の中でイタリア車はこのDino246GTSとFIAT500の三台だけですが、このDinoのコンディションも素晴らしいものでした。
しかし、この展示場所の最大の問題は照明が暗いことで、写真を撮るには最悪のコンディションです。私自身は撮影が許されている場所であっても他の見学者の邪魔になるので、フラッシュ撮影は極力しないことにしています。
お蔭さまで随分と鍛えられたので、撮影環境が少々悪くても手ぶれを起こさずに撮影ができるようになったのですが、この場所はさすがに暗すぎて、三脚を使わずに手持ちで撮影するのは限界でした。
ちなみに三脚を使う場合でもシャッターを押す際にカメラが動いてしまいますので、レリーズを持っていない時にはセルフタイマー機能を使えば。手ぶれを起こさずに遅いシャッタースピードで撮影することができます。

結構充実しているのが1950年代から1960年代のアメリカ車のコレクションなのですが、あまりに撮影環境が悪く写真を撮ることができませんでした。実際に訪れて是非ご覧いただければと思います。

そんな外国車のコレクションの中でもちょっと珍しい展示車がこのCITROEN 11Bのコンバーチブルです。

MWF038JPG.jpg

トラクション・アバンと呼ばれた前輪駆動車は現在は当たり前の方式ですが、初めて量産したのはこのシトローエンで、それは1937年と第二次世界大戦前のことでした。戦争を挟んで23年間もの間に75万台製造されたのですが、様々なボディ形式がある中でこのコンバーチブルは希少で、この個体は1953年製です。

引き続いて国産車の展示車をご紹介しましょう。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

コメント

トヨタってけっこう業界のリーダーという自覚はあるんですよね.車に興味を持ってもらおうという努力が感じられる.トヨタの車もそういう方向になっていったらなと思います.
AE86は自分も何度か乗ったことがありますが,エンジンは素晴らしいという印象があります.

  • 2012/05/30(水) 22:53:31 |
  • URL |
  • Hiroshi #-
  • [ 編集]

>Hiroshiさん
確かに社会に対するメッセージという点では自動車メーカーの中で一番貢献しているのがトヨタだとは思うのですが、例のF-1のやめ方とか。エコ替えキャンペーン(他社も同罪)とかを見ると、結局は金儲け・・・と思ってしまうんですよね。もう一歩踏み込んで自動車文化を形成するという貢献をして欲しいと思います。
AE86は良いクルマだと思いますよ。ただ私には合わなかったというだけの話で・・・(苦笑)。

  • 2012/05/30(水) 23:40:51 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

そのシトロエン、なにかのイベントで乗せてもらったことがあります。徒歩と大差ないスピードでトコトコ走る姿や穏やかなエンジン音、何故か贅沢に感じられる不思議な乗り心地が非常に印象的だったのを覚えております。なんでもギア抜けが酷くて一般試乗はもうできないかもとおっしゃってました。

  • 2012/05/31(木) 12:28:32 |
  • URL |
  • SYLPHE #-
  • [ 編集]

>SYLPHEさん
それは素晴らしい経験でしたね。トラクション・アバンはセダンが一番有名ですが、こんなカブリオレも素敵で、フランス車らしいエレガンスが感じられます。できれば一般試乗を再びできるようメンテナンスをお願いしたい一台です。

  • 2012/05/31(木) 15:58:08 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

おぉ、行ってみたいですね、ココ。
イタリア車が少ないのは残念ですがw。

  • 2012/06/04(月) 12:30:42 |
  • URL |
  • pekepeke #-
  • [ 編集]

個人的にはトラクシオン・アバンが欲しいです(笑)
86は友人が新車で買ったんですが、当事はあまり人気はありませんでしたよ。
でもエンジンは良かった記憶があります。

  • 2012/06/04(月) 23:16:05 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>pekepekeさん
是非、東京に来られる機会があれば行って見てください。たぶん半日はいられますよ~。

  • 2012/06/05(火) 00:03:05 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

>こ~んずさん
さすがおフランス車党!
AE86は後にジャストサイズのFRということで人気が出たモデルですよね。それだけ皆FFになっちゃったということでしょうね。
私も買ったのは中古車でしたが、結局ボロいとしか思えませんでした(苦笑)。

  • 2012/06/05(火) 00:06:37 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/938-ed7add69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【お台場の旧車三昧 ヒストリー・ガレージ~その壱~】

関東地方にお住まいの方であれば、お台場のヒストリー・ガレージを訪れた方は多いのではないかと思います。それはVinus Fortというショッピングモールの中にあるトヨタが運営する博物館で、ちょうど今回の会場の反対側に位置しています。この博物館の素晴らしいところはそ...

  • 2012/05/30(水) 09:31:09 |
  • まとめwoネタ速neo

マニア垂涎!中古カメラの宝庫があります!

ebayで仕入れたカメラを転売して稼いできた結果に基づいて作成された、現在進行形の生きたノウハウが凝縮されています。すべてのノウハウをカメラ一本に絞った即効性のある方法です。

  • 2012/06/04(月) 06:59:54 |
  • カメラを輸入転売して稼ぐ方法

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。