走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三回Quick Touring ~横須賀軍港クルーズ2~

QT3026.jpg

一番最初に見えたのが海上自衛隊の潜水艦です。艦名は機密でどこにも書かれていませんが、形状から「おやしお」型の潜水艦でしょう。意外に知られていないのは日本の潜水艦の性能で、その動力であるディーゼル機関の潜水艦の中では世界一の性能を有しています。
潜水艦の最大の武器は「見えない」ことで、潜水して相手から隠れて静かに敵を偵察したり攻撃したりするのが任務です。潜水艦は水中では電気モーターを使ってスクリューを廻して推進します。そのためには酸素を必要とせずに発電できる原子力潜水艦が一番で、原子力潜水艦はさらに発電した電力を使って海水を電気分解し、艦内へ酸素を供給することができますので、乗員の休養や食料補給を別にすればずっと潜ったままでいることができるのです。しかし日本では原子力を発電所以外には使えませんので、海上自衛隊の装備する潜水艦は定期的に浮上し、そのディーゼルエンジンを使って発電して、それをバッテリーに蓄電してまた潜水しなければなりません。
潜水艦にとって浮上するということは敵に身を晒すことになりますので、作戦中は一番避けたい行為なのですが、原子力潜水艦と異なり、燃料補給のためにも定期的に帰航しなければなりません。
しかし、原子力潜水艦を保有している国は少なく、海上自衛隊が装備するディーゼル潜水艦はその性能において他国の同様の潜水艦と比べて抜きん出ているそうです。船橋部分に四角いタイルのようなものが貼られているのが写真でもお分かりいただけるかと思いますが、これは吸音タイルで水中でソナーという音波探知機に反応しないようにするためのものです。もちろん潜水艦の潜行可能深度などの性能は最大機密であるので公表はされていません。

QT3028.jpg

横須賀には第2潜水隊群が配置されており、その司令艦(「旗艦」と呼ばれます)がこの潜水艦救難母艦「ちよだ」です。潜水艦救難母艦の役割は、文字通り潜水艦が何らかの事情で浮上できなくなった際に救難活動を行うのが任務です。中央に赤い枠で搭載されているのがその深海救難艇(DSRV)で、「ちよだ」はこの救難任務だけでなく、潜水艦への洋上での補給機能を持っていることも特徴です。

QT3029.jpg

掃海艦「はちじょう」です。地面に埋められて触れると爆発するのが地雷であるのに対して、海中や海上に仕掛けられるのが機雷です。機雷には大別すると二種類あり、触発機雷と感応機雷に分けられます。触発機雷は艦船が接触することにより爆発するのですが、感応機雷は艦船の持つ磁気に感応したり、スクリュー音に感応したり、艦船が航行することにより発生する水圧に感応したりと様々な機雷があるのですが、その機雷を除去するのがこの掃海艦の任務です。
特にこの「はちじょう」が担当するのが潜水艦向けに仕掛けられた水中機雷の除去で、磁気に反応する機雷対策として船体は木でできています。木造の掃海艦としては世界最大級で、もはや職人がおらず同型艦を新造することはできないとのことで、今後はFRP船に替わっていくそうです。

QT3030.jpg

こちらも同じく掃海が目的の船ですが、先に紹介した「はちじょうが」掃海「艦」と呼ばれているのに対して、小型であるため、掃海「艇」と呼ばれています。手前が「のとじま」、奥が「つのしま」です。
広い海に機雷を仕掛けてもそうそう効果は上がらないのでは・・・と思われるかも知れませんが、海峡や港の入り口など艦船が多く通る場所に機雷を仕掛けると、それで被害がでなくとも、船舶は危険なために通れなくなってしまいます。「海峡封鎖」と言われているのがそれで、所謂、海のバリケードがこの機雷なのです。
これまたあまり知られていませんが、湾岸戦争に派遣された自衛隊の中で多国籍軍に一番評価されたのがその掃海部隊の機雷処理能力で、多国籍軍のどの国よりも優秀であったと言われています。

QT3031.jpg

このちょっと変わった形の船は海洋観測艦「にちなん」です。本来は潜水艦の航行のための海底地図を作成するのが目的の艦艇で、様々な計測機器を搭載しているだけでなく、その測定作業のために低速域で安定した航行ができるのが特徴です。
今回の震災でも地震後の海底の形状を観測するために出動しています。

QT3032.jpg

護衛艦「やまゆき」です。オール・ガスタービン推進の護衛艦で、大型ヘリコプター1機を搭載し、イージス艦には敵わないものの、SSM・短SAMと呼ばれるミサイルに加えて76ミリ単装速射砲などを装備し、バランスのとれた兵装を備えているのが特徴です。
この「はつゆき型」と呼ばれる護衛艦は、もともとは上部構造物には軽合金(アルミ合金)を使用し、全体の軽量化を図っていたのですが、フォークランド紛争でイギリスの軽合金艦がアルゼンチン空軍のエクゾセ対艦ミサイルの攻撃を受け、そのあまりの被害の大きさからこの8番艦の「やまゆき」以降は鋼鉄製となりました。
ちなみに奥に少し見える護衛艦は同型の「さわゆき」ですが、こちらはアルミ合金製となっています。

QT3033.jpg

補給艦「ときわ」です。護衛艦隊に随伴し、各艦艇に補給を行うのが任務です。補給といってもそこはちゃんと自衛艦で、作戦行動中にちんたら補給に時間をかけるわけには行きませんので、その装備は短時間に各種の補給ができるように補給ステーションは各舷3つの計6つに区画されており、前後のポストで燃料、中央のポストで弾薬、糧食などのドライカーゴを一度に補給することができるようになっています。つまり一度に2隻の護衛艦を両舷に併走させ、同時に補給が可能なのです。互いに接触事故を起こさずにそれを行うのは驚異的な操船テクニックを要求されるでしょう。また、大型のヘリコプターの発着艦が可能なように後部には大型のヘリコプター用の甲板が装備されています。

QT3034.jpg

後ろ姿ですが、手前が護衛艦「むらさめ」でその隣が「はるさめ」です。
これもオール・ガスタービン推進の護衛艦で、基本的な兵装76ミリ単装速射砲に加えて短SAM(対空ミサイル)、ASROC(対潜水艦ミサイル)や魚雷などを装備していますが、SSM(対艦ミサイル)は米国製のハープーンに替えて国産の90式艦対艦誘導弾を装備しています。後部に大きく開いているのはヘリコプター用の格納庫で、哨戒用のヘリコプターを搭載することができます。

米国海軍の第七艦隊はその航空母艦を中心として攻撃型の艦隊編成を取っていることに対して、海上自衛隊は日本沿岸の防衛と、シーレーンの確保に重点をおいた装備編成を備えていることが特徴です。こうして横須賀港で日米の装備艦艇を見ることにより、日米安保条約により分業体制で米国海軍のその攻撃行動力の確保を海上自衛隊が担っているとも言え、艦隊編成としては日米両国の装備を合わせて初めて、バランスが取れた装備編成になっていることが良く分かりました。
そう言った軍事的な観点に立った意味では、少なくとも海上自衛隊においては私たちが考えているより遥かに日米の連携が密接であることが分かりました。
私たちが日米安保から離れて独立した日本の国防を真剣に考えるのであれば、米国海軍の第七艦隊の持つ攻撃力装備をどこまで自前で保有し運用するのかも真剣に検討しなければ、独立主権国家として日本の国防はおろかアジアの安全保障のリーダーシップも任せてはもらえないであろうことが良く分かりました。

こうして横須賀の軍港クルーズも無事に終了し解散となりました。天気そのものは曇天でしたが風もあまりなく、それほど寒くなかったので上部の露天デッキでも充分楽しめましたし、何よりも同行の子供たちも喜んでいたことが有難かったです。

参加された皆さんは本当にお疲れ様でした。事故もなく無事に終えられたことが一番の幸いですが、それと同じく皆さんに楽しんでいただけたのであれば、ご案内した側としては大変嬉しく思っています。

(追補)
急いでアップするとロクなことがありません。もう一枚写真をUPするのを忘れてました(泣)

QT3100.jpg

手前は護衛艦「やまぎり」です。長らく練習艦として各国を親善寄港していましたが、2011年から護衛艦に種別変更されています。奥は試験艦「あすか」で、自衛隊の各種装備の実用試験を担当しています。有事の際には護衛艦として戦闘任務につくことを前提として設計されているのが特徴で、通常は使い古された退役艦を利用することが多い試験艦ですが、海上自衛隊では実戦配備が可能な艦を試験艦として運用しています。どちらが効率が良いかはナンとも言えませんが、いずれにせよちゃんとコストを考えての配備でしょう。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
     
スポンサーサイト

テーマ:イタリア車 - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/875-8181b9dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。