走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三回Quick Touring ~三戸浜へ~

昨年から始めたクイック・トレーディングを主治医とする仲間とのツーリング企画ですが、その企画を考えるに当たり相談して決めた幾つかの基本的なコンセプトがありました。それは・・・、

1.あまり大人数にならず移動をスムーズに行えること
2.クルマを痛めるような過激なイベントにしないこと
3.ご家族や友人など、クルマを趣味としていない同乗者にも楽しめること
4.普段目に触れないようなクルマやメンテナンスのヒントになるように毎回ゲストカーを呼ぶこと


というもので、第一回は宮ケ瀬ダムへのツーリングと薪釜ピザのランチ。そして第二回は奥多摩でのタイムラリーとバーベキューランチを実現しました。そして第三回となる今回はイロイロと考えた末に、三浦半島の三戸浜へのツーリングと横須賀軍港クルーズという提案をしました。1月という時期から路面が凍結する可能性があるような場所へのツーリングは無理ですし、寒風の中で外でクルマを眺めながらのんびり・・・などは苦行でしかありませんので、ツーリングの行き先はとにかく「南」と決めていました(苦笑)。
じゃあ季節外れだから、三浦は空いていて良いのでは・・・と考えたのですが、一方で湘南や三崎は一般のドライブルートとしては定番で、何も一緒にツーリングで行かずとも単独で行く機会も多々あるでしょうし、最大の問題はこのエリアにはまとまってクルマを停めて食事をするような場所が限られてしまうのです。

そこで、思い出したのが以前に916Spiderの仲間とツーリングで行ったことのある三戸浜のBeach Bumというレストランで、国道から外れ畑の中を走り、さらに細い路地を抜けた先にあるその場所は三浦半島の中でもどちらかというと穴場で、通常のドライブで立ち寄ることはないだろうと考えてのことでした。

おそらく冬場であればゆったりと過ごすことができるでしょうし、仮に天気が悪くてもレストランの中は問題ないでしょう。そして、もし晴れていれば冬場のほうが空気が澄んでおり、オープンデッキから美しい富士山を見ることができるこのロケーションはツーリングの最初の目的地としては最適に思えました。
しかし、そこで解散では面白くありません。これも上記のコンセプトによるものなのですが、趣向の異なる二種類のイベントを組み合わせることにより、同乗される方も含めてどちらか一方でも興味を持って頂け、「じゃあ行って見よう」と皆さんに思っていただければとの考えてのことでした。

そして次に思いついたのが横須賀の軍港クルーズでした。これは以前から興味があったのですが、このためだけに横須賀までドライブするのは腰が重いものがありましたし、一方で行ったついでに・・・と言っても出航時間が決まっているためになかなか予定が合わず、今までは行けずにいたのです。
東京タワーや浅草観音もそうですが、どうしても東京にいると「いつでも行ける」と思ってしまい、知っていてもわざわざ行くという機会がない観光名所などの場所があるものです。この横須賀軍港クルーズもそんな場所の一つで、こういう機会だからうまく時間を合わせてツーリングコースに組み込むことにしました。

QT3001.jpg

集合は大黒PAでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、休日朝の大黒PAには一般のドライバーに加えて実に様々なクルマ趣味の仲間が集まっており、それを見るためだけに大黒PAに行くヒトもいるほどなのです。特に有名なのがスーパーカー軍団で、この一団に突っ込んだら総額○億?といった状態になります。一方で旧車も集まっており、その日はロータスヨーロッパの仲間が集まっていました。

QT3002.jpg

さらに凄かったのがさるクルマの集団で、「ソレタコデュアルに竹槍出っ歯」と言えば分かる方には分かると思います(笑)。警察も駐車場所以外に停めていれば注意する程度で、あきらかに保安基準に違反しているそれらのクルマを取り締まることはしていませんでした。それにしてもそこだけタイムスリップしたかのような光景でした。

QT3003.jpg

皆さんイタリア時間かと思いきや、全員が定刻までに集合し、予め用意しておいたルート地図を配ってコースを説明し出発です。

QT3004.jpg

ルートを先導するために先頭を走らなければなりませんでしたので写真を撮ることはできなかったのですが、一列に並んで走行するLANCIA Deltaを中心とした15台ものイタリア車の集団は、バックミラー越しに見ても実に気持ちの良い光景です。いつもの仲間とのツーリングですと途中の移動は抜きつ、抜かれつ・・・といった互いのクルマの位置を変えて、運転していて見える光景を楽しむのですが、Quick Touringでは集団走行が初めてという方もいらしゃるために、一定の速度で集団を引っ張ります。

QT3012.jpg

ツーリングルート上での最大の難所は国道から三戸浜へ右折するポイントで、出発前に説明しておいたのですが、高速を降りた国道で隊列が乱れてしまったこともあり、迷われてしまう方も出てしまいましたが、それもすぐに気づいて合流でき、無事に予定していた時間にBeacn Bumに到着することができました。

QT3005.jpg

残念ながら天気は薄日が差す程度で、富士山を見ることはできませんでしたが、風もなく東京都内よりも暖かい日で、テラスにいても寒さを感じることはありませんでした。

QT3006.jpg

QT3007.jpg

QT3009.jpg

食事開始までの時間は駐車場でクルマ談義をするグループやテラスで海をのんびり眺めて楽しむグループなど、めいめいが思い思いに楽しんでいます。お世話をする側からするとこの光景を見るのが一番有難く、皆さんが来たことを後悔しているのでは・・・という心配がなくなる瞬間なのです。

QT3010.jpg

食事は一度に大人数ということもあり、予め決めていただいていたのですが、私がチョイスしたのは「カジキ鮪の尾身ステーキ(ガーリックバター)」で、過去に訪れたときに食べて以来、是非もう一度と思っていましたので大満足でした。場所柄、三崎に近いこともあり魚料理は間違いないはずなのですが、不思議なことに多くの皆さんは肉料理をチョイスされていたのが面白い現象でした。

QT3011.jpg

ゆったりとランチを楽しんだ後は、横須賀軍港クルーズに向けて出発です。横須賀港には下道を通って行くことにしたのですが意外に渋滞しており、思ったより時間がかかってしまいました。どうやらその日に開催されていたマラソン大会の影響もあったようです。
さらに、駐車する予定であったショッピングモールの駐車場がこれまた満車状態で駐車に手間取ってしまい、全員が乗船できたのは出航直前の滑り込み状態でした。

いよいよ今回のツーリングの第二のイベントである横須賀軍港クルーズに出航です。
次の記事では、参加された方にとっては当日のガイドとは違ったヲタク解説を、そして参加されなかった方にはクルーズした気?になっていただけるようにしたいと思っています。

尚、このツーリングのレポートはクイック・トレーディングのHP、そして今回、内装のリフレッシュ例をご紹介するためにゲストカーとしてお越しいただいた笹本氏のブログにも掲載されていますので、併せてご覧いただければと思います。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:イタリア車 - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/872-9797d442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。