走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LANCIA Storatos HF 製作記11

ディスプレイベースが出来上がったら引き続き完成に向けて最終仕上げを行います。途中でディスプレイベースを造るのは時間の節約のためだけでなく、モチベーションの維持のためで、ディスプレイベースを造ってしまえばそれに載せるクルマを最後まで仕上げなければならなくなるためです(苦笑)。

何とかラッカークリアーで表面を仕上げたら、続いて「研ぎ出し」と呼ばれる表面を均す作業を行います。この目的は多少は発生するクリアー塗装面の柚子肌と、デカールの段差をなくしてボディ表面を鏡面のように磨き上げるために行います。通常は1500番から2000番のペーパーで表面を均し、その後にコンパウンドで磨くのですが、どうしてもデカールの段差を消したいのであればともかく、個人的にはクリアー塗装がうまく出来たら必要のない工程だと思っています。今回はデカールに少しトラブルが発生したこともあり、この研ぎ出しを行うとデカールの上部のクリアーが削れてしまいデカールが剥き出しになり、さらにブツブツになった部分を剥がしてしまう恐れがありますので、ボディ全部に研ぎ出しを行うのはやめて上面だけにすることにしました。しかし、部分的に気になる箇所を磨いてたら一部クリアーを突き抜けて下地まで削ってしまいました。これもよくある失敗で、だからこそ最後の研ぎ出し工程は避けたいのですが、やってしまったものは仕方ありません。

Sto181.jpg

またまた相当ヘコむ状況ですが、これもちゃんとリカバリーの方法があります。

Sto182.jpg

まずは削ってしまった部分より一回りほど大きく穴をあけたマスキングテープを貼りつけて、それ以外の部分をマスキングします。

Sto183.jpg

削れて下地の出た部分に筆で塗料を塗って乾燥させます。これはその後のスプレー塗装を最小限にするためのもので、塗るというより盛ってやる感じで塗っておきます。その後に下地色をスプレーでもう一度塗装し、さらにクリアー塗装を行います。そして注意して削れてしまった部分をまた削ってしまわないように周辺をペーパーで均して、コンパウンドで磨けば完全ではないにせよ目立たなくすることができます。

ボディサイドの下面は黒のデカールが用意されています。サッコプレートのような外装パーツではありませんが、ボディと同じ艶ではないと思ったのでわざとデカールを貼らずにボディを仕上げ、最後に貼ることにしましたのでここで貼ってしまいます。多少デカールが切れたりしても色はブラックですので、簡単にエナメルのセミグロスブラックでレタッチすれば見栄え良く仕上がります。

Sto166.jpg

さらにウインドウフレームをフラットブラックで塗装するのですが、ここも何通りか方法があります。マスキングをしてスプレーで塗装する方もいれば、以前にご紹介したメタルックのフラットブラックを貼りこむ方もいますが、私の場合は筆で塗ってしまいます。ベースがラッカー系ですのでエナメル塗料を使えば失敗しても下地を痛めずに拭き取ることができ、何度でもやり直すことができます。ハイテクマスキングテープでマスクして筆塗りで塗った後に、どうしても難しい曲線部分を極細の面相筆でレタッチしたり、はみ出た部分を爪楊枝で削ったりしてラインを整えます。この爪楊枝での修正は意外に簡単で、ラッカークリアーで表面を仕上げてありますので、エナメル塗料は比較的簡単に爪楊枝で擦ると取り除いてやることができます。

Sto167.jpg

これはディテールアップですがワイパーブレードはキットのパーツはプラスチックで成型されています。このキットのモールドはシャープに出来てはいるのですが、それでもこのまま使うとなると実感に乏しいので、ワイパーアームはキットのプラスチックのものを使い、ブレードの部分のみを市販のエッチングパーツに置き換えることにしました。

Sto160.jpg

Sto161.jpg

テールランプのレンズは裏側をシルバーで塗装して、表面を着色クリアー塗料で塗って仕上げると見栄えが良くなります。

Sto165JPG.jpg

このキットは親切なことにサイドミラーのミラー面が別パーツとなっています。もちろん普通のプラパーツなのですが、一方で別パーツになっていると鏡の再現がしやすくなります。メーカーもちゃんと分かっていて別パーツにしたとしか思えず、なかなか心憎い配慮です。その心遣い?を無駄にしないようにこのパーツにメタルテープを貼り付けてデザインナイフで余分な部分を切り取ってミラーハウジングに嵌め込むとちゃんとミラーがついているように見えます。

Sto162.jpg

Sto164.jpg

ボディ各所にあるキャッチピンはエッチングパーツで再現します。あらかじめ開けておいた穴に0.4mmの真鋳線を差し込んで接着し、適当な長さにカットしエッチングでできたキャッチピンを接着します。
小さな部品ですので瞬間接着剤などで接着すると周囲が白濁してしまいます。最近使い始めて具合が良いのが写真の速乾アクリア接着剤で金属にも使えて乾燥後は透明になるために、クリアパーツの接着などにも使えます。この接着剤の良いところは水性であるところで、テールレンズなどで接着面をシルバーで塗装している場合は、通常の接着剤を使うと塗料を溶かしてしまうのですが、この接着剤は水性ですので塗料を侵さないのです。

Sto163.jpg

ウインドウのクリアパーツは通常プラスチックでできているのですが、小さなパーツであればまだしも、ウインドウなどの大きな部分ではその透明度が重要で、そのまま使うとオモチャっぽくなってしまいます。そこで接着する前に以前の記事でご紹介したセラミックコンパウンドで磨くことによりガラスのような透明感の再現を行います。

Sto180.jpg

セラミックコンパウンドには専用のクロスが用意されています。これは超極細繊維でできたクロスで磨く際に余計な傷をつけないもので、使ってみたのですがなかなか具合が良かったです。

Sto168.jpg

このキットの最大の問題はシャーシーとボディの合体で、ボディの下部のテーパー部をムリヤリ広げてシャーシーをはめこむようになっています。しかも前後に取り付け用の雄雌のダボがあるのですが、それをうまくはめ込んでボディをムリヤリ広げてシャーシーをはめ込むのは不可能に近い作業です。どうしてこんな設計をしたのか理解に苦しみますが、私の場合は早々にアキラメて前後のダボを切り飛ばしてしまい、ボディを広げてはめ込むだけにしましたが、それでも折角仕上げたパーツが壊れたりクリアー塗装がヒビ割れないかヒヤヒヤものの工作でした。

Sto169.jpg

最後にボディ表面のパーツを取り付けて完成ですが、サイドミラー、ルーフスポイラー、アンテナの三点は最後の最後に取り付けます。それは工作のためにボディを触っているときに壊してしまわないためで、その前にモデリングワックスという艶出し剤でボディを磨いておきます。これ以降の作業はボディ表面を指紋で汚さないように木綿の手袋をつけて作業を行います。

小物パーツを取り付けて完成です。やはりボディを取り付ける際に一部クリアー塗装が割れてしまった箇所がありますが目立たないのでアキラメることにしました。これからこのキットを造る方はこの最終のフレームとボディの合体は鬼門ですので、充分に注意されることをオススメします。

Sto170.jpg

Sto171.jpg

ディスプレイベースに載せてバランスを見て見ましたが車高も問題ないのではと思います。今回はボディを美しく仕上げたかったのでパネルラインのスミ入れは行いませんでしたが、この辺りは好みの問題で、もしスミ入れを行うのであればクリアー塗装前に行っておきます。クリアー塗装後だとスジ掘りが結構埋まってしまいますのでうまくスミが入ってくれません。

Sto172.jpg

久しぶりの模型製作であったのですが、イロイロな最新兵器?に助けられて何とか仕上げることができました。
次回作は全く趣向を変えてチャレンジしてみたいと思います。
模型に興味のない方にとってはつまらない記事だったかも知れませんが、趣味で造るのであればどんなに時間がかかっても誰からも文句は言われませんので(苦笑)、もしこの記事をご覧になって自分も造ってみようと思っていただけたなら幸いです。

Sto173.jpg

Sto174.jpg

Sto175.jpg

Sto176.jpg

さて、これを自宅に置いても誰も見ることができませんので、当面はクイック・トレーディングのショールームに展示してあります。機会があれば是非ご覧ください。

Sto24200.jpg

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

コメント

とても勉強になります!
細かい描写に加え、理路整然と書かれた記事で、私などでもスッと入って行けます。
読んでいると、まるで自身で製作しているような気分になるんです。
文章のマジックですね♪
また続編、期待しています!

  • 2012/01/24(火) 02:09:10 |
  • URL |
  • tano #OF6QCt7M
  • [ 編集]

完成おめでとうございます

ちゃんとやるとこのくらいの手間がかかるんですよね。
なんだか1/1の修理とだぶりました。

ミラーの話ですが
>メーカーもちゃんと分かっていて別パーツにしたとしか思えず
私は職業柄「ヒケを気にして分けたんじゃねーの?」と考えてしまいます。

  • 2012/01/24(火) 06:58:41 |
  • URL |
  • S氏 #-
  • [ 編集]

>tanoさん
ありがとうございます。
>読んでいると、まるで自身で製作しているような気分になるんです。
今回はステップ毎に細かく使用する工具類を含めてご紹介しましたし、失敗も含めてご説明しましたので、参考にしていただけるのではないでしょうか。
でも自分で造っていて思ったのですが、やはり模型も造り続けていなければ手がどんどん鈍くなって行くものです。超人的な作例を本やネットで見ることができますが、それに遥か及ばなくても自分自身で造り上げるとその感慨もひとしおですので、是非ご自身でもトライして見てください。

  • 2012/01/24(火) 20:24:00 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

>Sさん
こうしてブログで記事にしているから最後まで組み上げられたので、そうでなければ途中で投げ出していたと思います(苦笑)
ここしばらくは実車とプラモデルとの両方でStratosを取り上げましたので、お読みいただいている方にも随分とStratosを身近に感じていただけたのではないでしょうか・・・。
ミラーに関しては確かにヒケの問題もあるでしょうね。以前はこうしたパーツはパテで修正は当たり前だったのですが、プラモデルもスライド金型とCAD設計により随分と進歩したものだと思います。

  • 2012/01/24(火) 20:31:06 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/869-54bd8cf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。