走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Quo Vadis 2011

164Q4B.jpg

日本だけでなく世界中で激動した2011年が暮れようとしています。

思い返してみても天災、人災ともにあまり良いことがなかった年のような気がしますが、混迷する中にも人間の立ち上がる叡智を垣間見ることができ、人間の底力を信じさせてくれた年でもありました。

過去のブログでもその年の最後に個人的な思いを書き連ねていました。2008年の年の瀬には「Quo Vadis」と題した記事を書かせていただきました。そして2009年の年の瀬には「クルマは何処に」と題した記事を書かせていただき、クルマを取り巻くこれからのことを考えたのですが、改めて読み返してみて残念ながら総論としては今年も過去と同じことを書かなければなりません。

日本の政治や経済が混迷していることは今に始まったことではないと思いますが、一方で日本の民度と力が試されるこの国難の年にあって、私たち日本人は随分と自分たちが日本人であることを考えさせられたのではないでしょうか。そして私たち国民の将来を憂う気持ちから、震災や原発事故を機に具体的に現在の問題を見据えた上で、将来へのビジョンを考えるようになったのに対して、日本の政治家たちの全く変らないその場しのぎの言動とあまりにくだらない手前勝手な内紛劇を見せられたために、相対的にその低劣さが際立つ結果となっているのではないかと思います。

民主主義を考えるときに、この国民にしてこの政治・・・とは良く言われることで、政治家がアホだと嘆く一方でその政治家を選んだのは自分達であることから、それは結果として自分達をアホだと言っているに等しいのですが、現在の状況は国難に際して高まった民度に対して、相対的に政治レベルが高くなっていないために、余計に政治不信が加速し際立っているように思えます。

様々な意見があるかと思いますが、私自身が考える極論は国家元首は直接選挙で選び、二院制の議会の一方は直接民意が反映する小選挙区制による選出議員で組織し、もう一方は往年の貴族院のように経済界、学者、識者といったそれそれの専門領域で確固たる実績と見識を持つ人々の二院制でこの国難の時代を乗り切るだけでなく、これからの国家100年の計を立てる必要があるのではと思います。

完全なシステムなぞないということを前提にしても、私たちが選択する政治システムは民主主義以外には有り得ないでしょう。しかし、その民主主義をどのように機能させるかという点を考えると、現在の政治システムはあきらかに機能不全に陥っていると思います。
自分達が選挙公約をベースに選ばれたにも関わらず、選ばれた政治家は平然と公約を反故にし、その政党が政党内の都合でコロコロと総理大臣を替え、人材がいないのであれば政党外からでも適任の大臣を選べば良いのに、仕方なく身内のアホを大臣に据え、何でも反対するのが自分達の役割と勘違いしている野党と一緒になってこの国を停滞させていることは、単に個々の政治家がダメなのではなく、そのダメな政治家を生み出した政治システムそのものに問題があることを顕しているのではないでしょうか。
この政治システムの変更は国会で審議するのではなく、国民投票で決めるべきで、何とか審議会の答申などでやろうとすると、「どうせ通らないから」と理想とは程遠い結果となってしまうのは前例を見れば明らかです。政治家が永年に亘って自分達の都合の良い政治システムを築き、それにしがみついてきたのですから政治家とは別の次元で議論され決定されるべきであろうと思います。

小難しいハナシはこの位にして、一方で大好きなクルマの未来は見えたのでしょうか。私自身は今回のモーターショーで少し見えてきたのではないかと思っています。ハイブリッドからEVへという流れは揺るぎないものとなるでしょうし、それは永年自動車の動力として熟成を重ねてきた内燃機との決別を意味しており、今後は電気モーターと蓄電システムをこれまでの内燃機と同じように熟成して行くことにより自動車は更なる発展を遂げることでしょう。

しかし、私自身はこうしたエンジニアリングの側面ではなく、自動車が社会財として新しい発展をする可能性を感じています。今までの「自ら動く車」は言い換えれば、「個動車」という極めてパーソナルな乗り物であったと思います。もちろんバスやトラックなどのソーシャリティの高い車もありますが、私たちの愛する自動車はその車を自分の意志で自在に操れるからこそ愛するのであって、その車内空間は極めてパーソナルなものであったと思います。しかし一方で、その個動車の集団が今までは何の連携も脈絡もなく勝手に動くことにより個々人の利益のみに寄与していたことは確かで、そこには社会に還元する何物をも生み出してはいませんでした。

発展したEV技術により、EV化された自動車から発電した電気を動いていないときに取り出したりすることは、自動車が動く小さな発電所としての可能性を秘めていることを感じさせてくれます。もっと駆動効率を上げ、発電/蓄電能力を高めれば、走って蓄電した電気を駐車しているときに取り出して家庭や会社で利用することができるようになるかも知れません。こうした循環型の電力消費形態が確立されれば大規模な発電所は必要なくなり、自分達の日常の活動からエネルギーを生み出すことができるようになる可能性が見えてきます。

かつて知り合いの自動車エンジニアが言っていた、

「走れば走るほど環境に良い影響を与えるクルマ」

は夢ではないと思います。

また、自動車のデザインという側面でも無限の可能性があると思います。これまでのパッケージングはエンジンと駆動メカニズムといった自動車から切り離せないパーツに縛られ、そのレイアウトを前提としてデザインされて来ましたが、EV化により新しいパッケージングの可能性が出てきました。これまでの大規模な設備投資と大量生産によるコスト低減といった従来の自動車メーカーの自動車の作り方ではなく、量産化されたEVパーツを利用して様々なカロッツェリアが自由にデザインした自動車が生まれて来るかも知れません。

自動車が発電所としての社会財となり、さらにオーナーの個別のニーズを満たす独自のデザインにより製造されることにより、自動車はどうやって邪魔にならないようにするか…からどうやってもっと使ってもらうか・・・という好循環に転換するのではと思います。
この技術革新こそが先進国の使命で、発展途上国にせっせと援助して大規模な火力発電所や原子力発電所を建設するより、自動車発電システムを社会インフラと共に普及させるほうが、遥かに地球環境に優しく、その国の国民が豊かになることができると思います。

そのためにはEV車に限っては規制を緩和し、安全基準を満たしていればもっと自由に自動車を製造できるようにすべきです。今回の震災で分かったと思いますが、日本の産業の裾野は個々の様々な先端技術を持った中小企業が支えており、それが部品として大企業に集約されて自動車のようなシステム製品として成立しているのです。ならば、これからはその個々の中小企業の連合体がこれまでの大企業に替わってそのシステムとしての集約をすることにより、日本の産業技術はもっと国際競争力を持つことができるのではないかと思います。

日本の震災と原子力発電所の事故は、日本だけでなく世界中に人類はこれまでの技術の延長線上での発展とは違う方向を考えねばならないことを教えています。
「不幸中の幸い」とはこのことで、私たちは震災から単に復興するだけでなく、少しでも後世から「あの日本の震災が人類の転機となった」と言われるような、コンセプトリーダーシップを取りたいものだと思います。

来る2012年をそのきっかけにしたいものです。

最後になりましたが、皆さんと皆さんの愛車が来年も健やかでありますようお祈りしております。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

コメント

今年は

色々ありましたね。
個人的には510さんブログが復活したのが嬉しかったです。
やっぱり変態ブログがないと・・・(笑)
来年も宜しくお願い致します。

  • 2011/12/31(土) 18:24:40 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>こ~んずさん
こちらこそお世話になりました。イロイロ考えた末の復活ですが、楽しんでいただけるように頑張って続けますので引き続きご愛読をお願いします。
来年はどこかでお会いしたいですね!来年こそお怪我のないように、どうぞご家族ともども良いお年をお迎えください。

  • 2011/12/31(土) 20:58:24 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

御礼

510さん
本年、とてもお世話になりました。ありがとうございます。来年は510さんが蛇使いに復帰されることを密かに期待しています。新春に筑波でお会いできるのを楽しみにしております。どうか、良いお年を!

  • 2011/12/31(土) 23:44:09 |
  • URL |
  • ZAGATOR #jhHw6g8s
  • [ 編集]

>ZAGATORさん
年越しでのコメントすいません(汗)
蛇使いか三つ槍使いには復帰したいですね。でもThemaにも愛着が出てきたんですが・・・(苦笑)

  • 2012/01/01(日) 02:21:46 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

あけましておめでとうございます!!
今年もいろんな話題の書き込みを楽しみにしております。
新春の筑波でお会いするのを楽しみにしております~

  • 2012/01/01(日) 11:20:58 |
  • URL |
  • わんこS木 #-
  • [ 編集]

>わんこS木さん
おめでとうございます。今年も頑張って書き続けるつもりですのでよろしくお願いいたします。

  • 2012/01/01(日) 11:27:00 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/860-2eb687b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。