走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧れの生活

IMG_4949.jpg

ちょっと本来のこのブログのテーマから逸れてしまいますが…(苦笑)、
私の会社の監査役で休みの日になると、写真を撮りながら街を散策するのが趣味の方がいらっしゃいます。
その特派員情報?で送られてきた写真を見て、とても嬉しくなってしまいました。

都内のとある公園でみかけたオジサンらしいのですが、ベンチの陽だまりで一日中プラモデルの飛行機製作に余念がありません。
プラモデルの箱の上に「作品」を無造作に並べて、日光浴展示会をやっているそうです。でも仕上がりはどれも粗雑で、車輪や機銃などの余計なものは一切なく、パカパカっと組んで、サッと色を塗って、デカールを貼って、「ほいっ出来上がり」という感じで量産しているそうです。

そして、このオジサンの服装がまたシブく、航空自衛隊のMA-1らしきフライトジャケットに飛行帽という「いかにも」な格好です。
そしてこの膨大な量のプラモデルと塗料などの道具は自転車でこの公園まで運んで来るそうです。

写真を良く見てみると、零戦や紫電改などという有名機に混じって秋水(大戦末期のロケット機)や僑花(同じく試作のジェット機)など、相当マニアックな機種も見受けられます。

売っているのか?と聞くとそうではなく、アルバイトがなくて天気がいい日は毎日来てここで作っている、という悠々自適の方だそうです。

実は私、プラモデルが大好きではあるのですが、最近は殆ど作っておらず、つい買ってしまった手付かずのプラモデルばかりが溜まって行くという、典型的な「未完成病」に罹ってしまっているのです。それはひとえに自らの技量以上に「ここをこーして、あーして」という追加加工ばかりを考えてしまうためであるのですが、このオジサンのようにパカパカっと組み上げるのも楽しそうだなと思ってしまいました。

すでに老後に楽しむには充分な数のプラモデルが手許にあります。これ以上買ってしまうと棺おけに入れて持っていかなくてはなりません(笑)から、このオジサンに倣って「素組み」をやってみたくなりました。

それにしても、公園でプラモデルを日がな一日作っているオジサンと、それを写真に撮るオジサンと…趣味の世界は深いですね。

IMG_4947.jpg


クリック↓お願いします!
b_01.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/85-ae257313
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。