走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Coppa di Tokyo 2011 ~番外編~

CDT011209.jpg

私の気の廻しすぎかも知れませんが、こうしたイベントを見学するには世の中の常識以上のマナーも必要だと思っています。

まずは、参加車両に対する配慮です。パドックに駐車して出走準備をしているクルマ達の傍まで行けるイベントはそうありません。ましてやここに集まったクルマ達はオーナーが心血を注いで大切に維持しているクルマ達です。しかもその価値は金銭のみで計ることのできない文化遺産でもあります。

しかし見ていて気になったのですが、金具のついたカバンを平気で肩から提げてそのクルマの周囲を歩き回っているギャラリーを多く見受けました。写真で見ていただいたとおり、この汐留の会場はスペースが限られており、クルマ同士の間隔もとても狭くなっていました。そんなクルマとクルマの間を行ったり来たりする場合は、万が一でもクルマを傷つけないような配慮が必要だと思います。私は敢えて表に金具のない洗車用に作られたブルゾンを着て行きました。
親が見学に夢中になり、子供だけで走り回らせたりするのも論外です。子供には罪はありませんが、罪がないからこそ親が注意する責任があると思います。
このようなギャラリーに対してもフレンドリーなイベントは、参加者だけでなくギャラリーにもこうしたマナーを求められると思いますし、また、そうでなければロープで柵を作って遠巻きに見るしかない魅力のないイベントになってしまい、それは主催者、参加者に加えてギャラリーの誰もが望んではいないことではないでしょうか。

次に会場周辺での駐車です。駐車違反がどうこうと無粋なことを言う気は全くありません(苦笑)。
主催者が今回の会場を選んだ理由はその街並みの景観にあると思います。イタリア街の街並みと参加車両が織り成す雰囲気を楽しみたいのであれば、自分のクルマがその雰囲気を壊さないかどうかを考え、もしそぐわないと思えば見えないところに駐車する配慮が求められると思います。
残念ながら、私のLANCIA Themaは今回の会場の雰囲気にそぐわないと思いましたので、路上駐車をせずに近くのコインパーキングに駐めることにしました。

今回は番外編として会場の雰囲気をむしろ盛り上げていた参加車以外の駐車車両をご紹介したいと思います。

CDT011200.jpg

仲間のクルマで恐縮ですが、青ガエルさんのALFAROMEO Junior-Z 1600はまるで参加車のように会場に溶け込んでいました。良く考えて見れば当たり前で、このクルマは過去にこのイベントに出場した参加経験車でした(苦笑)

CDT011201.jpg

これは一般見学者のクルマではなくGUESTカーでした。FIAT Abarth 750 Sestriereです。

CDT011202.jpg
CDT011203.jpg
CDT011204.jpg

ギャラリーに大人気だったのがこのAUTOBIANCHI A112 Abarthです。素晴らしいボディコンディションと本当に理想的なレーシングモディファイが施されていました。乗り逃げしたいと思ったのは私だけではないと思います(笑)

CDT011205.jpg

マスタードイエローのALFAROMEO 1750 GTVです。ナンバーを見ると相当長い間維持されてきた個体だと思われましたが、そのコンディションは素晴らしくオーナーの愛情が感じられました。

CDT011206.jpg

こんな風にさりげなく駐車されるとその佇まいが堪らなく魅力的に見えるJUGUAR XK-Eです。失礼ながら少しくたびれたその外観が余計に日常でも使われている感が出ていました。

CDT011207.jpg
CDT011208.jpg

すこし外れた場所に駐車していたのですが、もっと堂々と駐めて欲しかったTRIUMPH Spitfireです。イギリス車らしくないその外観はミケロッティのデザインで、リアフェンダーの膨らみとコーダトロンカのリアが美しいモデルです。

長きに亘ってご紹介してきましたCoppa di Tokyoの模様ですが、いかがでしたでしょうか?
こうしたイベントは参加者とギャラリーが一体となって盛り上げて行くものだと思います。もし機会があれば是非出かけて実際に見られてはいかがでしょうか。写真や動画からだけでは分からないこうした周辺の風景も含めて、どこかに琴線に触れるものがあると思いますよ。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

コメント

>金具のついたカバンを平気で肩から提げてそのクルマの周囲を歩き回っているギャラリー

ぞっとしますが、(金額やヒストリー関係なく)愛車といえるクルマを所有してみないとわからないんじゃないですかね。
特に単に付き添いで来た人はそういう意識が無いのでは?

  • 2011/12/10(土) 11:50:48 |
  • URL |
  • S氏 #-
  • [ 編集]

>Sさん
確かに道具としてだけクルマに接していると思い至らないのかも知れませんね。でもマナーってそういうもので、自分とは違う価値観を尊重し思いやる行動だと思います。それにしても、見ていて冷や冷やしました。

  • 2011/12/10(土) 12:10:32 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

私も会場周辺に停めてあるサポートカーやギャラリーの車をチェックするのが大好きです。
会場周辺の駐車場で写真を撮っている怪しい男がいたらそれは私かもしれません(笑)

  • 2011/12/10(土) 12:19:49 |
  • URL |
  • なごやまる #-
  • [ 編集]

>なごやまるさん
マニアックですねぇ(笑)
でも、イベントによってはヘタな参加車より(失礼)興味あるクルマであったりモディファイであったりして面白いんですよね。

  • 2011/12/10(土) 12:23:35 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/846-d79dc064
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。