走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Coppa di Tokyo 2011 ~その四~

続いてはイギリス車からご紹介して行きましょう。

CDT011065.jpg

1948年 ASTON MARTIN DB1です。DB1という名前が示すとおり、Devid Brownがアストンに加わった最初の作品です。あまりに撮影ポジションに近づいて来たのでフレームから溢れてしまいました(苦笑)

CDT011066.jpg
CDT011067.jpg
CDT011068.jpg

上から、1949年、1954年、1953年 JAGUAR XK120です。最近イベントで多く見かけるようになったXK120ですが、何か理由があるのでしょうか。この三台は三様で、ディスクホイールとワイヤーホイール、リアフェンダーのカバーの有無とボディカラーが全て異なっており、XK120のバリエーションを見比べることができます。

CDT011069.jpg

1959年 TRIUMPH TR3Aです。あまりに有名な個体ですが、シングルナンバーに威厳を感じることができます。

CDT011070.jpg
CDT011071.jpg

1951年 MG-TDです。MG-Tシリーズは戦前から戦後にかけてそのメカニズムは殆ど変ることなく生産され続けたモデルですが、その中でもTDはその前のモデルであるTCから大幅に?外観が近代化されたモデルです。それでもイギリス人が愛したそのクラシカルなルックルは健在です。

CDT011072.jpg

1953年 MG-TFです。さらに近代化したTシリーズですが、それでもこのルックスです。

CDT011073.jpg

1960年 AUSTIN HEALEY SPRITE Mk-1です。所謂、カニ目と呼ばれるモデルですが、海外では"Frog Eye"(カエル目)と呼ばれています。国によってニックネームが違うというのも珍しい現象ですが、可愛いという点では一致しており、今尚人気のあるモデルです。

CDT011074.jpg
CDT011075.jpg
CDT011076.jpg

上から1954年、1956年、1956年 AUSTIN HEALEY 100/4です。このモデルも最近多く見かけるようになりました。これまた理由は定かではありません。今回の参加車は比較的オリジナル度が高い個体ばかりでしたが、レーシングモディファイをすると一気に印象が変るモデルです。

CDT011077.jpg

エントリーリストではAUSTIN HEALEY100/4となっていたのですが、代車のMERCEDEZ BENZ 280SLでの出走でした。

CDT011078.jpg

これまたエントリーリストでは1956年 AUSTIN HEALEY 100/4となっていましたが、こちらはAUSTIN HEALEY 100/6ではないでしょうか。

次回はドイツ車からLOTUSを中心にご紹介して行きましょう。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/844-13b660eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。