走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Coppa di Tokyo 2011 ~その弐~

引き続きご紹介していきますが、今度はイタリア車を中心としたムシ達の登場です。

CDT011026.jpg

エントリーリストでは1952年 PANHARD(パナール)Dyna Juniorとなっていましたが、何かの都合でMG-Bに変更してのエントリーだったようです。

CDT011030.jpg

1959年 FIAT 500Sです。イタリアもドイツと同様に戦後は航空機の製造が禁止されましたが、ドイツと異なり、イタリア人はもともとクルマの方が作りたかったようで、敗戦国の中で最も自動車産業の復興が早かったのがイタリアでした。

CDT011027.jpg

1956年 FIAT 600です。FIAT 500の上級バージョンですが、それでも小さいことには変りありません。

CDT011028.jpg

ギャラリーに大人気だったのが1973年 FIAT 500 CARABINIERIです。CARABINIERIとはイタリアの国家警察のことで、これはFIAT 500のパトカーバージョンです。実際に使われたかどうかはともかく、恐らく逃走する犯人の車に追いつくことは難しいでしょう(笑)。追いつけない悔しさからか?、クラクションはミュージックホンにモディファイされており、勇ましい音を奏でながら走っていきました。

CDT011029.jpg

1971年 FIAT 500です。こちらは正統派?でノーマルです。

CDT011032.jpg
CDT011031.jpg

1951年 FIAT SIGHINOLFI 1100Sportです。ご存知のように1950年代イタリアのスポーツカーは実に魅力的なモデルが多く、その殆どが大小カロッツェリアのデザインによる魅力的なボディを身に纏っています。それがどのモデルであってもいつかは手許に持ちたいと思わせてくれるものばかりです。

CDT011036.jpg
CDT011033.jpg

1947年 STANGUELLINI 1100 Sportです。近年、世界的に好事家の間で人気が沸騰しているSTANGUELLINIですが、その絶対数が増えるワケではありませんから、人気になったおかげで世界的にお値段が高騰していると聞いています。

CDT011035.jpg
CDT011034.jpg

1955年 FIAT LOMBARDO 1100 Sportです。こちらも常連の方ですが、いつまでも日本にいて欲しいクルマです。

CDT011037.jpg
CDT011038.jpg

1953年 MORASSUTTI Sportです。ちょっと角ばったボディ上端のラインが特徴的なクルマです。

CDT011039.jpg
CDT011040.jpg

1950年 SIATA 750 Sportです。見事なコークボトルのボディラインとウィンドスクリーンの処理が素敵でした。

CDT011041.jpg

1947年 FIAT Topporino Zagato Panoramicaです。FIAT TopporinoをベースにZAGATOがデザインしたボディを架装しています。Panoramicaの名前はそのドアガラスの形状に由来しており、当時としてはユニークなラウンドガラスを装備し「眺めが良く」なっています。

CDT011042.jpg

1953年 FIAT 750 GT Zagatoです。思わずニヤリとさせられるのがサイドのカラーリングでZAGATOの「Z」がモチーフになっています。

次回はいよいよAbarthからご紹介して行きましょう。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/842-8dce9e23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。