走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩秋を求めて

OCT001.jpg

先日の房総ツーリングの余韻を引きずりながら笹本氏と電話で話している中で、そう言えば…と話題に上ったのが、

「今年はまだちゃんと紅葉を見ていない」

というハナシでした。それは笹本氏だけでなく私自身も同様で、毎年都内の銀杏を眺めて紅葉を見た気になっているだけで、世間の皆さんがドライブに繰り出す日光のいろは坂だの箱根の芦ノ湖だのは、クルマ趣味のツーリングからすると単に渋滞しているだけの道で、むしろそのシーズンを避けて出かけることが殆どだったのです。

それではそろそろ紅葉も終わりという頃を見計らってツーリングに行こうということになり、仲間と一緒に出かけることにしましたが、晩秋とは言えやはりそれなりの渋滞が予想されることもあり、ツーリングコースは仲間のO氏にお任せすることにしました。実はO氏のお仕事はTVやスチール撮影の手配というもので、実に様々な場所をご存知ですので、あまり渋滞しないコース設定を安心してお任せすることができます。
しかし、やはり大所帯での移動は難しいことから仲間内の極少数でのツーリングとし、ドライブ渋滞の第一陣が収まった少し遅い時間に中央道の石川PAに集合となりました。

その集合時間も絶妙で、殆ど渋滞もなく石川PAに到着したのですが、そこは大型バイクの集団でごった返していましいた。
最近特に増えたのがこの大型バイクのツーリング集団で、以前から多かったハーレーの集団に加えてドカティやモトグッチといったイタリアンバイクの集団も目に付きます。さらに大型スクーターの集団が加わり、PAは大混雑だったのですが、そのオーナーはヘルメットを脱いでいると皆さん結構なお歳で(苦笑)、確実にバイク人口が高年齢化していることが分かります。そのことは喜ばしいことではあるのですが、失礼ながらバイクの性能とその運転技術がマッチしていない方も見受けられ、集団で抜いていく際にもこちらの挙動を見越して上手に抜く方と実に危なっかしい方がいて、実際に事故も目にしました。
例えば、ワインディングで遅いクルマの後ろに追いついてしまい、さらに後ろにバイクが連なってしまった場合などは、私の場合はその遅いクルマとの車間を開けてバイクが入るスペースを作ってやり、ストレートか対向車が見えるオープンコーナーではっきりと分かるようにクルマを左に寄せた走行ラインを取ると、ちゃんとライダーはその意図を察して挨拶をしながら前に入ってくれるのですが、下手なライダーは仲間について行くのがやっとで、周囲の状況も見ずに強引に抜いて行くケースを見かけます。
周囲を見ていないのは必ずしもバイクだけではなく、漫然と走行するクルマのドライバーにも問題があるのですが、同じ道を全く異なる性格(挙動)の乗り物が走っているのですから、お互いに相手の状況を理解した運転をしたいものです。

OCT002.jpg

石川PAで集まったのは4台で、さらに藤野PAで1台が合流し、まずは勝沼ICを目指します。それにしてもいつものメンバーでのツーリングは何のストレスもなく実に優雅に編隊走行をすることができます。車線の変更も実にスムーズで、不思議と前車が次に何をするのかが手に取るように分かります。第二次世界大戦の戦記に出てくるパイロットの話で、歴戦の仲間と編隊飛行をしていると無線を使わないでも隊長機の意図が分かり、また隊長は列機の挙動が分かるというのがありますが、当にそれに近い状態で走行することができました。

OCT003.jpg

勝沼ICを降りて程なくして昼食場所に到着です。少し早い昼食でしたがこの時間帯もO氏のセッティングの妙で、入ったときにはガラガラだった店内も私たちが食べ終わる頃には満席になっていました。

OCT004.jpg

私自身は関西出身で東京に来るまではこの「ほうとう」という食べ物を知りませんでした。関西はうどんの本場ですから、東京で食べるうどんなぞ似て非なるものだと思っていましたし、また実際に食べてもちっとも美味しいとは思いませんでしたが、この「ほうとう」は別物で、うどんという意識を持たずに別の食べ物として食すことができますので素直に美味しいと思えます。そして最近になってやっと「ほうとう」が店によって随分と味が異なることも分かってきました。どの店も美味しいのですが、今回O氏に連れて行ってもらった店のものは、見た目は味噌味で濃く見えるのですが実にあっさりとしており、口に馴染む美味しいものでした。併せて名物の馬刺しとB級グルメで有名になった鳥のモツ煮を頂いたのですが、どちらも絶品でした。

OCT005.jpg
OCT006.jpg

お腹も一杯になったところでいよいよ紅葉ドライブにスタートです。総勢5台というツーリングは先頭車が最後尾まで見渡すことができ、信号で隊列が切れてもすぐに合流することができスムーズに走行することができます。

OCT007.jpg

今回のコースは青梅街道を勝沼から奥多摩へ向かって走るというもので、先日の奥多摩タイムラリーのコース下見の際に通行止めになっていた区間でした。晩秋ということもあり紅葉は一部しか見られず、しかもクルマを停めるスペースがなかったために、走行しながらの見物となってしまいましたが。それでも過ぎ行く秋を堪能することができました。

OCT008.jpg

総勢5台というこじんまりとしたツーリングですが、それでもコース上の駐車場はどこも一杯で、かろうじてバラバラにクルマを停めて休憩することはできても並べて停めることはできません。しかも、やってくるのはサンデードライバーの皆さんで運転技術が心もとなく、下手をすれば駐車場で接触事故を起こしかねませんので、早々に本日の最終目的地である日帰り温泉に移動することにしました。
この温泉は前回のクイック・ツーリングの下見の際に見つけた「小菅の湯」で、私自身は今日で三回目の入湯です。ここの温泉は国道からはずれてちょっと奥まったところにあるために、あまり混んでいないために奥多摩では穴場ではないかと思います。
案の定、駐車場にはそれなりにクルマは停まっているもののまだまだ充分なスペースがあり、ようやく落ち着いてクルマを停めることができました。

OCT012.jpg

風呂上りに空いている駐車場スペースに勝手に停めて写真撮影です(笑)

今回初お目見えのO氏の新しい愛車であるAlfaGTVです。

OCT009.jpg

非常に希少な3Lエンジンを搭載した左Hバージョンです。この仕様は輸入された期間が短く、前期型の内装に中期型のフロントグリル、V6-24Vエンジンに5MTという「通好みの」仕様です。

OCT015.jpg

それにしても、何度見てもこのV6エンジンは見て美しく、乗って楽しいエンジンです。

そしてR君の日常のアシとして活躍してしてくれているAlfa159SWQ4です。

OCT011.jpg

ジゥジアーロデザインのBreraをモチーフにしたフロントマスクもAlfa159のセダンですとフロントが勝ちすぎている感じがするのですが、このSportsWagonですとリアのボリュームとマッチしてデザイン的にはバランスが取れているように思います。今回の5台の中では一番新しく、パワーも一番あるエンジンを搭載し、しかも4WDというトップバージョンであるのですが、その重量からか上りは相当キツかったようで、「クルマは軽いが一番!」という物理の法則を再確認させてくれたようです。

OCT013.jpg

これも一代限りであろうGM製のブロックにアルファ・ロメオ独自のヘッドを組み合わせたエンジンを搭載していますが、その眺めはやはりオリジナルのV6エンジンに敵いません。

OCT010.jpg

そして久しぶりにご一緒したJOEさん(仲間内では違う名前なのですが…)のAlfa164Q4です。このプロテオレッドはAlfa164Q4の中でも特殊で、通常はボディの下半分はサッコプレートが装着されボディカラーに関係なく濃いグレーで塗装されているのですが、このプロテオレッドだけはその下半分も同色で塗装され、唯一スポイラーの下部のみが塗り分けられています。
オリジナルデザインではボディ全体を薄く見せるために二色に塗り分けられていたのですが、デザイントレンドが変化し、ボディにボリューム感を出すことが主流になったために後期型のAlfa164Superでは廃止されてしまいました。
好みは分かれるかも知れませんが、Alfa164に関してはその前期型のボディはこのツートーンを前提としてデザインされているために、ボディの下半分を同色に塗ってしまうと違和感がある(逆も同じで後期型のSuperをツートーンにしても違和感があると思います)のですが、不思議なことにこのプロテオレッドだけは別で、スッキリとして見えます。

OCT014.jpg

残念ながら一番ショボいのがLancia Themaのエンジンで、その眺めは決して魅力的ではありません。もちろん、後にLancia Delta16Vに搭載されWRCで大活躍したエンジンですので、そのパフォーマンスには何の問題もないのですが、やはり4発と6発の違い以上にフィーリングの点においてはアルファ・ロメオのV6エンジンとは全く勝負になりません。

前回の房総ツーリングでも感じたのですが、同じモデル同士でのツーリングと異なり、自分の愛車と違ったモデルと一緒に高速道路から市街地、そしてワインディングの様々なステージを走ると、各々のクルマのエンジン特性や挙動をつぶさに見ることができ、意外な発見ができたりします。

ちょっと病みつきになりそうなツーリングでした。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

コメント

510さん
やはり、このくらいの台数が一番一体感があってツーリングには最適ですね。
それにしても、1台も純然たる”赤”いAlfaRomeoが参加していないところに拘りを感じて最高です。そして、いつ見ても164Q4は美しい!

  • 2011/11/19(土) 11:45:12 |
  • URL |
  • ZAGATOR #jhHw6g8s
  • [ 編集]

>XAGATORさん
臨機応変にコースを変えたり、停まる場所を決めたりするツーリング10台程度が限界でしょうね。
確かに今回の参加車にはRossoがないですが、本国でもアルファ・ロメオの人気色はダーク系が主流のようで、アルファ・ロメオ=赤というのは日本だけのようです。
お説の通りアルファ164の美しさは不変だと思います。実際に駐車場でSUVに乗る老夫婦の奥様が、「すごく格好の良いクルマ・・・」とご主人に話しかけてました。

  • 2011/11/20(日) 00:14:38 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

510さん、こんばんは。
早いものでもう1週間も経っちゃいましたね。
気心知れた仲間とのツーリングはやはり良いものです(笑)
久しぶりに御一緒出来て楽しかったです。
また行きましょう!

  • 2011/11/20(日) 21:42:26 |
  • URL |
  • JOE #-
  • [ 編集]

>JOEさん
本当に久しぶりでしたが、すぐに昔どおりに以心伝心で走れるところが仲間ですね。
またご一緒しましょう。今度は海がいいですね!

  • 2011/11/20(日) 21:48:23 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

ほんと精力的に活動してますね。
そろそろ路面凍結の季節です。注意してくださいね。

  • 2011/11/21(月) 10:09:41 |
  • URL |
  • S氏 #-
  • [ 編集]

>Sさん
実はあまり調子は良くないんですよ。遠出はできませんので、気晴らし程度で出かけてます(苦笑)
昨年、リハビリスキーのためにスタッドレスを購入したのですが、今年はスキーには行けそうにないので交換せずに済まそうかと思ってます。

  • 2011/11/21(月) 21:15:34 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/835-9923898f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。