走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Alfa RZの里帰りと初期化チェック ~その壱~

SRZ001.jpg

ようやくR君の購入したRZが主治医であるクイック・トレーディングに帰ってきました。前回のブログでも書きましたが、このRZはクイック・トレーディングが新車で輸入し、1995年から1998年までの間メンテナンスを受けていましたから、結果として約13年振りの里帰りを果たしたことになります。

早速、車両チェックをしながら初期化と当面の整備方針を検討することにしました。
まず全体的なクルマの程度ですが、やはり購入前に検分したとおり素晴らしい状態であることを再確認しました。
エンジンは走行距離が少なかったこともありちょっと回転がガサついた感じがしていたのですが、ガーボンスラッジ除去剤を入れて暫くエンジンを廻しているとどんどんと滑らかになってきました。

SRZ002.jpg

そしてまずはリフトで車体を上げて下回りのチェックです。

最大の懸案事項であった例の修復歴ですが、残念ながら前回の検分の時には確認できませんでしたが、今回のチェックでようやく発見することができました。
それは左前のフレームにある板金跡で、どうやら左の前をヒットしていたようです。

SRZ003.jpg

上の写真は左前のフレームです。そして下の写真は無傷の右前のフレームです。

SRZ004.jpg

フレームを板金したのであれば当然、フロントスポイラーも割れてしまったであろうと思われますが、幸いなことにFRPは修復できたのでしょう。フロントスポイラーの裏側から修復した跡を探して見たのですが、これという目立つ修復箇所を見つけることができませんでした。どうやらFRPのリペアは上手な作業だったようです。
確かSZ/RZにはフロントスポイラー下部に補強板があったと思うのですが(オーナーの方訂正をお願いします)、この個体にはありませんでした。しかし聞けば、補強板があると下回りをヒットしたときにそれが仇となり、スポイラー全体を破損してしまうケースがあるとのことですので、まずは気をつけて下回りをヒットしないようにR君にはお願いするしかないでしょう。

SRZ010.jpg

さらに下回りをチェックして行きますが、まずはオイルパンです。少々のオイル漏れは仕方ないのですが、この個体は上々で、僅かなオイル染みがあるものの現状でガスケットを交換する必要はないと思います。

この個体の最大の問題はマフラーでした。前回の検分の際には多少の排気漏れはあると思っていたのですが、実際に見て見るとそれは多少どころの騒ぎではなく、錆はマフラー全体に及んでいました。

SRZ007.jpg

まずはリアのサイレンサーの穴です。このベントの部分はどうしても肉厚が薄くなるために弱い部分ですが、しっかり穴が開いていました。

SRZ006.jpg

さらにセンターのタイコもエッジに錆による穴が開いています。ここはすでに錆により鉄板が薄くなっており、指で押すと簡単に凹む状態でした。

SRZ005.jpg

センターパイプもこのような状態で点々と穴が開いています。補強板を巻いて溶接するという修理方法はありますが、ここまで錆が進行しているとそれも時間稼ぎでしかありません。どうやらセンターのサイレンサーから後ろは交換するしかないでしょう。

マフラーは悲惨な状態でしたが、それに対して意外なほど状態が良かったのが足回りのブーツやブッシュ類です。
例え走行していないクルマであってもゴム類はちゃんと年月とともに劣化して行くものです。
特に足回りのブッシュは走行していないと、かえって一箇所に重量がかかり続けるために変形してしまうのですが、この個体のゴムはまだまだ生きていました。

SRZ011.jpg
SRZ012.jpg

上の写真はフロントのタイロッドエンド周辺です。ご覧のように若干ブッシュが変形してはいるものの、まず乗り出すことを優先するのであれば交換するまでの必要はないと思います。

SRZ013.jpg
SRZ014.jpg

アルファ164に乗っていると真っ先に気になるのがステアリングラックですが(苦笑)、ラックブーツもご覧のような状態で、破れもなくオイル漏れもありませんでした。また触って見ましたがラックブーツの中にオイルが溜まっている様子もありませんでしたので、ステアリングラックに関しては問題ないでしょう。

SRZ015.jpg
SRZ016.jpg

リアのドライブシャフトブーツも綺麗な状態です。私の場合はまずこうして下回りのゴム類をチェックします。もし全体的に均等に消耗していれば、特にどこかに無理があり不具合を起こしている箇所がないことを意味しています。またドライブシャフトのブーツは走行により一番イジめられる部分ですので、ここが切れたりしていれば他の部分もそろそろ交換しなければ…と考えるのですが、ここがしっかりしていればまず他の箇所は問題ないと判断できます。

ここまではSZ/RZに限らず、一般的な初期化チェックの項目ですが、次回はいよいよSZ/RZの弱点とも言える部分に迫ることにしましょう。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:AlfaRomeo - ジャンル:車・バイク

コメント

RZ

510さん
おはようございます。
詳細なレポート、何故だか我が事のように嬉しいです。コンデションも良い様子ですね。マフラーは510さんの提唱した「朽ち果てる」ものですから。(笑)
さて、すみませんが一つ、フロントバンパーの修復に有無について気になることに気付きました。詳細は別途メイル致します。尚、フロントバンパー下部の補強版はノーマルでは着いておらず、中にはオーナーが後に装着したものもあるということになります。

  • 2011/11/08(火) 07:19:42 |
  • URL |
  • ZAGATOR #jhHw6g8s
  • [ 編集]

>ZAGATORさん
早速のコメントありがとうございます。
全体に綺麗に消耗している個体ですので、特に大きな持病はないと思います。マフラーは動かしていなかったことが逆に災いして湿気が抜けなかったのでしょうね。
メールお待ちしています。

  • 2011/11/08(火) 07:46:45 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/832-9d44f770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。