走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄クルマを求めて・・・

すでに地獄巡りを楽しんでいらっしゃる方には二種類あると思います。
それは当初は地獄クルマでも何でもなかった愛車が年月を共に過ごすうちに地獄クルマとなり、それでも離れ難いためにオーナーの体質がどんどんとM体質になっていく場合と、最初から地獄クルマと分かっていながらその魅力に抗いきれず、飛んで火に入るように地獄クルマを求めてしまう天性のM体質の場合です。

私の友人でありこのブログネタを随時に提供してくれる赤スパ乗りのR君ですが、彼の「数ある性癖の一つ」がこの地獄クルマ欲しい病であり、一定の潜伏期間を経て定期的に発症するタチの悪い慢性病です。そして彼の場合は発症すると一人で治療に勤しむことはせずに、周囲の健常者を巻き込むというタイプの病人で、どんなに隔離しようとしても病室を抜け出してしまう悪質な入院患者のように、地獄クルマの候補を私にメールで送りつけ、その見立てから初期化の部品の調達までやらせようとする実にはた迷惑な病人なのです。

そんな彼が現在の赤スパを手に入れた際の経緯も過去の記事で購入するまでのいきさつを三回に分けて、「新しい患者」「Spiderの買出し」「地獄の陸送大作戦」と題して書かせていただきましたが、その後もこの病気は猛威を振るい、さらに日本で一台のAT仕様のGiulia Sprintを買うという暴挙に及びました。その時も突然の発症で、同じく「アリかナシか…?」「新しい管理車」で記事にさせていただきました。もちろん買って終わりであればまだ平和なのですが、買ってからのメンテナンスにもたっぷり引き込まれ、自分の愛車以上のエネルギーを注ぐことになってしまいました。

そんな彼もようやく落ち着き、Giulia Sprintを仲間の許に嫁がせて、完璧な初期化が終了しトラブルフリーとなった赤スパとの蜜月を楽しむかと思いきや、またもや突然メールが届きました。これまたいつもの彼のパターンなのですが、何の前触れもなく突然候補車を見つけては見学の段取りを「終えてから」メールして来るのです。
そしてまたもや発症した彼の持病は、今までの中でも最強!の地獄クルマを見つけてしまいました。

それは…

RZPI001.jpg

Alfa RZ

そうです。「見てて天国、持ってて地獄」と言われる?ES30の中でもRZという希少なオープンモデルを見つけてしまったのです。
先日の房総ツーリングでRZオーナーのZAGATORさんに感化されたのかと思いきや、それ以前から気になっていたとのことで、今回の物件を発見するに至ったのですが、RZの全生産台数はたった278台で、その内日本にあるRZはせいぜい20台+αという希少車ですので、まずはシリアルNo.からこの個体の素性を調査することにしました。

RZPI007.jpg

するとナンと!灯台下暗しとは良く言ったもので、この個体は先日の房総ツーリングでお世話になったZAGATORさんの初号機であることが分かったのです。しかもそのRZを輸入したのはクイック・トレーディングだったのです!。と言うことは、必然的に現在のオーナーは三代目の方であることも分かりました。しかし、最大の問題は現オーナーが購入するときに二代目のオーナーから聞いた、「フロントに修復歴がある」という一言でした。詳細については分からないという状況が、より一層ミステリアスな好奇心を掻き立ててくれます。
最終的には実車をチェックすることによりその修復の状態を確認するしかないのですが、ZAGATORさんからの情報と現オーナーからの情報によりこの個体の履歴が明らかになって来ました。

シリアルNo.042のこのRZは1995年3月にクイック・トレーディングにより新車で輸入され、ファーストオーナーであるZAGATORさんに納車されました。そして1998年の後半までに27,000km走行し、二代目のオーナーに譲渡されましたが、このオーナーは2006年8月まで所有し、その8年間の間にはわずか4,800kmしか走行しませんでした。しかしこの二代目オーナーが所有している間に何らかの事故によりフロントを修復しているようです。そして2006年8月に現オーナーに譲渡され、このオーナーも現在までの5年間で3,500kmしか走行しなかったため、現在の走行距離は35,350kmとなっています。
これらの履歴からすると、二代目/三代目のオーナーは殆ど走らせずにメンテナンスだけしていたことになるのですが、RZというクルマの性格と両オーナーがクルマを複数台所有していたため、日常のアシとしては使用されず、かと言って買ったまま放置されていたワケではなく、いつでも走行できるようメンテナンスを受けながら保管されていたという理想的な状態で現在に至っているのです。

かくして実車検分前に調査しておく内容はほぼ判明し、いよいよ実車を見ることになったのですが、頼もしい助っ人が同行してくれることとなりました。それはこの個体が日本の道を走ることになった仕掛け人?であるクイック・トレーディングの寺島社長で、たまたま見学場所が近所であったこともあり一緒に見てくれることとなったのです。寺島社長は数多くのSZ/RZを輸入されただけでなく、現地でその生産現場も見ていらっしゃるとのことですので、これほど心強い助っ人はありません。しかもR君が購入した暁にはそのメンテナンスを担当することになるのですから、いい加減な見立ては自らの身を滅ぼすことになってしまいます(苦笑)
かくして、オーナー予備軍のR君に加えて、メンテナンス担当の寺島社長、部品調達担当の私という利害関係者軍団(爆)が実車を見に行くこととなりました。

RZPI002.jpg

待ち合わせ場所から程近い倉庫にそのRZは潜んでいました。実はこの保管場所も重要で、そこはガレージではなく倉庫で、風通しも良く湿気が溜まりにくい環境でした。残念ながらオーナーにはお目にかかれなかったのですが、どうやら聞けば相当数のクルマを保有しているコレクターの方で、殆ど乗る機会のないこのRZを含め5~6台!を整理しようとしているとのことで、当日はこれまでメンテナンスを担当していたガレージの方が立ち会ってくださいました。ところがこのガレージもイタ車のメンテナンスでは有名なガレージで、寺島社長とも旧知の仲だったこともあり、実車の検分なぞ必要ないほどの情報をお聞きすることができてしまいました(苦笑)

実は希少車を購入するかしないかの決め手はこうした人のネットワークであり、どんなに履歴を調べて実車をくまなくチェックしたとしても、実際にそのクルマに関係した人々からの情報に勝るものはなく、またそういった人々の信用からそのクルマの程度は分かってしまうものなのです。

RZPI003.jpg

そして実際に見せてもらったこの個体は予想通り素晴らしいコンディションでした。確かに現オーナーからの説明どおりボンネットに小さなクラックと線傷がありますが、そんなことは気にならないほど全体的な塗装の程度は素晴らしい状態でした。これが仮に湿気の多いガレージでカバーをかけられたままの保管であったなら、FRPのボディ表面はゆず肌状態となり、最悪の場合は塗料が浮き上がり、ポロポロと剥がれるような状態になってしまうのです。この個体の幸運は前述したようにこの保管場所であり、しかも定期的にメンテナンスガレージのスタッフが面倒を見てくれていたことにより、素晴らしいコンディションに保たれていたことだと思います。

RZPI010.jpg

そして気になっていた修復歴の状態ですが、フロントのフレームには特に修復した跡は見当たらず、それほどの大事故ではなかったようです。考えて見ればSZ/RZの外装パーツはその殆どが欠品で、もし完全に外装をリプレイスしなければならないような事故であれば、恐らく廃車となっていただろうと思われますので、こうして実在しているということはそれほどの事故ではなかったことが想像できます。
確かに写真のようにフロントフェンダーの取り付け部分は雑に見受けられますが、オリジナルもこんなもん(笑)ですので、仮に修復していたとしてもそんなに雑な扱いを受けたとも思えませんでした。

RZPI011.jpg

コクピット周りも素晴らしい状態で、すぐにヤレると言われるシートも新車かと見間違うほどでした。初代オーナーのZAGATORさんがモディファイした部分もちゃんと残っており、事前情報で聞いていたステアリングポスト上の警告灯やフットレストに加えて、リアの消火器や高価な室内保管用のカバーもちゃんと残されていました。

RZPI004.jpg
RZPI005.jpg
RZPI006.jpg

幌の状態もRZのようなオープンモデルにとっては重要なポイントで、痛んでいて張り替えるとなると相当な出費を覚悟しなければなりません。この個体に関しては倉庫保管であったこともあり全くと言って良いほど痛みはありませんでした。

RZPI008.jpg

ES30のためにKONIが開発した車高調整システムは決して単なるギミックではなく、段差を乗り越えたりスロープを通過する際にフロントスポイラーを傷つけないために必須の装備なのですが、これが不具合を起こすと部品の調達はほぼ不可能であるためにチェックが不可欠な箇所ですが、この個体は何の問題もなくスムーズに動きました。

RZPI009.jpg

エンジンはもちろん一発始動で、例のトランスアクスルという構造から来るドライブシャフトからの振動もありませんでした。ただセンターマフラーに恐らく錆による穴があるようで、排気音が勇ましくなっていました。

さて、履歴がはっきりしており、クルマの状態も申し分ないとなれば後は維持できるか…というメンテナンスを含めた環境問題ですが、実は意外にこの最後の段階で躊躇してしまうことがままあるものです。
私の周囲の仲間はこのR君に限らず、クルマ道楽に関しては百戦錬磨で、今さら見たことも聞いたこともないクルマなぞまずないですし、仮に一目ぼれでクルマを選んだとしてもそれは単なる一目ぼれではなく、数多くのクルマを見てきた経験からの一目ぼれで、その「佇まい」からある程度はそのクルマの状態を見極めることのできる目利きばかりです。
不思議なもので女性に関しては何度も失敗を繰り返し学習しない輩でも、ことクルマに関してはちゃんと「見送る勇気」を身につけているのです(爆)

今回のR君はそれまでとは異なり最後の判断に少し躊躇していました。まるで絶世の美人を紹介され、彼女を知る友人からの評判も良く、会って見たら性格も良いことが分かり、あとはお付き合いを申し込むだけなのに、この場に及んであれこれと気に病んでなかなか踏み切れないという、今どきの草食男子(笑)のような心理状態になってしまったのです。R君の名誉のために付け加えておきますが、こと女性に関してのR君は立派な肉食です(爆)
こうなると不本意ながら背中を押してやるのも仲間としての勤めです。何度かのメールでのやり取りの後に、R君はこの個性的な?絶世の美女を手に入れる決心をしました。
これからR君はこの美女との蜜月をたっぷりと堪能するのか、はたまた美女故の気まぐれに振り回されるのかは神のみぞ知るですが、たっぷりと傍でその顛末を見ることになりそうです。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:AlfaRomeo - ジャンル:車・バイク

コメント

地獄グルマじゃなく天国グルマ

とうとうRZが登場しましたかっ!
何を隠そう、初めて自分の手元で車検を通した(=長期間乗り続けた)クルマがRZなのです。
盛大な雨漏りに海パン一丁で運転したり、スターターが弱くて、一時期毎度「押しがけ」したり、後方視界の悪さと音の五月蠅さでパトカーに行く先を阻まれるまで、追尾されているのを気づかずとか思い出に事欠かない一台でした。そういえば、自分のNo.85も市場で出回ってます。

  • 2011/11/04(金) 03:55:38 |
  • URL |
  • 赤丹。@147GTA #D2os1cdk
  • [ 編集]

初恋

510さん

矢張り、間違いありませんね。KAROのシザルのフロアマットもそのままです!感激ですね!!!(涙)
写真でみますと、内装は現在の弐代目愛機RZよりも程度が良さそうですね。出来ましたら、未だに麗しい初恋の相手にお目にかかりたいものです(笑)
既に私の所有していた時代の詳細はお知らせしましたし、私が所有していた時期のメンテは全て寺島社長の下で行っていましたので、記録があれば幸いです。(私のメンテ記録はお譲りした際に、全てRZにつけてお渡ししていますので、、、当時の注文書の控えしか残っていません。。)
是非とも、RZ納車式企画、楽しみにしております!
正直、かなり、嬉しい!!!!

  • 2011/11/04(金) 10:21:00 |
  • URL |
  • ZAGATOR #jhHw6g8s
  • [ 編集]

友人の買い物ほど楽しいものはありませんが
この地獄クルマのようなものはその最たるものだと思います。
でも、あまり踏み込みすぎると飛び火で怪我をしたりしますよね。
510さんお気をつけて。

  • 2011/11/04(金) 11:38:05 |
  • URL |
  • S氏 #-
  • [ 編集]

RZ!いいですね!
新車時から個体差が激しいと言われたES30をこのような素晴らしい見立てとともに購入されるのは羨ましいような恐ろしいようなw。
しかしおいらも、そばに510さんのような方がいらっしゃったら、地獄クルマ欲しい病になってたかもしれません(^^ゞ。あぶないあぶないw。

  • 2011/11/04(金) 16:37:27 |
  • URL |
  • pekepeke #-
  • [ 編集]

Rさん、ついにRZですか。
次にお会いする楽しみが出来ました♪

  • 2011/11/04(金) 21:17:27 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>赤丹さん
地獄と天国は紙一重ですからね(笑)
それにしても随分な経験をされてますね。R君にはナイショにしておきましょう(爆)

  • 2011/11/04(金) 21:32:07 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

>ZAGATORさん
残念ながらクイックでも古い整備記録は廃棄してしまっているようですね。
唯一残っているのが同じく注文書だそうです(苦笑)
基本整備が終わったら新旧のオーナーで盛大にお披露目をやりましょう!

  • 2011/11/04(金) 21:35:07 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

>Sさん
私の場合はヒトゴトじゃないんですよね。クルマ番を請け負ったときには自分の愛車以上に熱心になります。正直、自分のクルマだったらもっとテキトーにやっつけるんですが、管理車の場合は世界中から何が何でも部品を探します。
ですので、何台もは無理なんですね(泣)

  • 2011/11/04(金) 21:38:34 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

>pekepekeさん
確かに私の周囲の仲間はこうやってクルマを買ってますから、当たり前のようになっていますが、普通の方では無理でしょうね。
もはや通常の買い方ができなくなってます(泣)
まぁ、地獄クルマはフツーには売ってませんから大丈夫だと思いますよ(笑)

  • 2011/11/04(金) 21:42:13 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

>こ~んずさん
お楽しみに・・・。
でもR君は意外に根性がないですから、余程天気予報が良くなければ長距離は無理かも知れませんね。せいぜい箱根止まりでしょう(爆)

  • 2011/11/04(金) 21:44:28 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

ごぶさたしています。
ブログが復活しているのは、少し前から気付いていたのですが、なかなかタイミングが合わなくて。
この車体、屋根無車の欲しい欲しい病が発祥した時に、私も狙っていたモノです。
まさに「維持できるか」という環境が私の身の回りに整っていなかったので、あきらめたのですが。
赤スパに続きRZに触手をのばすオーナーさん、感性は私に近いモノがあるようで親近感が湧きます。
是非とも、大事にして頂きたいものです。

  • 2011/11/05(土) 11:41:12 |
  • URL |
  • ito #cks3dOnk
  • [ 編集]

>itoさん
ご無沙汰してしまいました。また懲りもせずに再開しておりますので引き続きご愛読をお願いします。
こうしたクルマは「維持できるか」より「保管できるか」が重要で、特に都市部で賃貸ガレージで生活していると泣く泣く見送らざるを得ないケースが多々あるものです。まずは保管場所から・・・というクルマの買い方も日本特有でしょうね。

  • 2011/11/05(土) 12:45:14 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/830-e31df129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。