走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄クルマを訪ねて ~その拾壱~ (追補)

MQP025.jpg

高級車の内装は圧倒的にレザーとウッドが使われていることはご存知の通りです。しかし、レザーシートとウッドパネルがあれば高級か…というと実は全くそんなことはありません。確かにファブリックシートにウレタン樹脂の内装よりもコストはかかるでしょう。それをもって高級と言うのであれば高級かも知れませんが、そこに文化と哲学がなければ単なる成金趣味になってしまい、その結果は上質感のない「下品な内装」と切って捨てられる運命となってしまうのです。

MQP011.jpg

まずはシートですが、ヨーロッパ車のシートと国産車のシートは出来が違うと言われます。確かに実際に座ってみると明らかに座り心地が違いますし、一番大きく差がつくのは長距離を走ったときの疲れ具合で、ヨーロッパ車のシートではその座面の圧力分散が絶妙で、どこか一箇所に圧力が集中しお尻が痛くなってしまうようなことはありません。私自身はかつて椎間板ヘルニアから坐骨神経痛を患ったことがあり、本当に辛い思いをしたのですが、自宅の安物の椅子ではすぐに痛くなってしまい、唯一何とか座っていられたのが当時の会社で贅沢と言われながら採用したSteelcase製の椅子と、同じく当時の愛車であったAlfa155のシートでした。それ以来、わずかの時間でもそのシートに腰掛けるとだいたいのことが分かるようになりました。

MQP020.jpg

このQuattroporteのシートは一度座ると降りたくなくなる程で、惜しげもなくたっぷりとクッション材が使われた座面の張りが絶妙で、それは単なる沈み込むだけのシートではなく、ちゃんと走行中に体をホールドしてくれるシートです。
出来の悪いシートはその表面がコノリーであろうがポルトローナ・フラウであろうが出来の悪いシートでしかありません。
ヨーロッパ車のシート全般に言えるのですが、正しい姿勢で腰をシートの奥まで着けて背中全体をシートバックにあてた状態で座った時が一番リラックスできる状態で、ルーズに腰かけた方がかえって座りが悪くなってしまうのですが、この辺りも長年の椅子の文化が影響しているのでしょう。

MQP010.jpg

Quattroporteはショーファードリブンですが、オーナー自身がステアリングを握るケースも想定しています。従って後席の居住性はもちろん、ドライバーズシートも決して手を抜いてはいません。後のマゼラーティに共通するウッドパネルですが、このQuattroporteはまだ控えめです。しかし、後世のマゼラーティの方が多分に演出的になっただけのことで、むしろこのQuattroporteのウッドの使い方の方が遥かに贅沢です。例えば、

MQP012.jpg

ダッシュボード上のトレイは全てウッド張りとなっています。そして当たり前?にセンターコンソールはウッドです。しかもそのウッドパネルはちゃんと一枚板から切り出されたもので、途中で継いだりしたものではありません。

MQP013.jpg

この贅沢なセンターコンソールを邪魔しないためか、サイドブレーキはドライバーズシート横に取り付けられています。

MQP014.jpg

天井のトリムも厚手で上質なファブリックが使われています。こういう手触りのファブリックを見てしまうと、現代のクルマの内装が、例えそれが上等なアルカンターラであってとしてもチャチに見えて来ます。

MQP019.jpg

室内のレザーはあきれるほど贅沢に使われています。現代のクルマではロールスなど極一部の高級車を除けばこれほどの室内はないでしょう。

MQP024.jpg

全てのトリムはレザーで設えられています。それはシートバックポケットも同様で、現代のクルマのレザーはそれが高級車と呼ばれるクラスのクルマであっても、シートの座面はレザーで背面は同色のビニールレザーという仕立てが一般的なのです。
殆どレザーと見間違うほどのフェイクレザーは、例えそれが画期的な技術により作られていたとしても、どこまでいっても模造品でしかなく、「ほら、分からないでしょ?」という技術でしかありません。

MQP015.jpg
MQP016.jpg
MQP018.jpg
MQP023.jpg

このQuattroporteはこうした仕立てが一般的だった最後の時代の高級車で、あらゆる室内のトリムがレザーで仕立てられており、それは全て職人の手作業によるものです。こうしたコーチビルドは遠く馬車の時代から連綿と受け継がれてきた職人技によるもので、それが惜しげもなくつぎ込まれているのがこのクルマなのです。

MQP021.jpg

単に荷物を入れるだけのトランクルームにも一切の手抜きはありません。これまた上質のフェルトでフルカバーされたトランクルームはレザー製のカバンを収納するためのもので、一切の突起物がなくカバンに傷をつけないための配慮が行き届いています。

高級とは文化であり、文化とは無駄そのものであり、コストや耐久性などという合理性とは対極に位置しているものだと思います。
従ってその合理性が入り込んだ途端に、その高級は見せかけだけのものとなってしまい、文化は崩壊してしてしまいます。
このクルマを持つということは、その真の高級を理解することであり、ロールスやベントレーなどの世間が認める高級車ではなく、それがマゼラーティのQuattroporteⅢであるが故に、なかなか世間からは認められない「密室のシングルプレイ」(笑)のような変態行為なのかも知れません。

この芳醇なシングルプレイを楽しむことができるオーナーは数少なく、私のような凡人はいつまでもそのプレイをこっそりと盗み見し続けたいと思います。

(追補)の追補
足回りを撮影する機会がありましたので、追加でご紹介します。このサイズのクルマには珍しいダブルウイッシュボーンの構造がお分かりいただけるかと思います。

MQP026.jpg
MQP027.jpg

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:イタリア車 - ジャンル:車・バイク

コメント

見れば見るほどいいですねぇ。
この手のクルマをサラッと乗りこなせるオーナーはカッコいいですよね。
私じゃ一生かかっても無理そうです。

  • 2011/11/02(水) 16:05:06 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

みました!!

私がみたときには
ウマに乗せてタイヤを外して
ブレーキの調整中でした~
凝った造りのリアサスをじっくり
観察できました。
オーラでまくりの1台ですね!!

>こ~んずさん
こんなクルマが似合う年寄りになりたいものですね。こ~んずさん辺りはシムカラリーとかゴルディーニあたりで山形をかっとんでると格好良いかも(笑)

  • 2011/11/02(水) 21:05:07 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

>わんこS木さん
それはよい経験をしましたね。なかなか見る機会はありませんから次回は是非、エンジンスタンドに載ったマゼラーティのV8エンジンを・・・(笑)

  • 2011/11/02(水) 21:07:59 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

私も222にしばらく乗っていましたが、内装といい、エンジンといい、最高でしたね。

マセラティ、いつかまた戻りたいです。

といっても、現行マセラティには興味ないんですが。(お金もないけど)

クアトロポルテⅣが欲しいです!

  • 2011/11/02(水) 22:01:33 |
  • URL |
  • えば #14QSu2/s
  • [ 編集]

>えばさん
マゼラーティに乗った経験のある方に共通する感情は、「酷い目に会ったけどもう一度乗りたい」なんですよね(笑)。Mというより後になるとその苦労に見合う魅力があることが分かるからじゃないでしょうか?もっとトシを取ってから乗りたいクルマですね。

  • 2011/11/02(水) 22:35:37 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

クワトロポルテⅢは雑誌でしかみたことのないクルマでしたが、ようやくこのシリーズで特集していただきうれしかったです!

サイドブレーキの位置がこれまて素敵ですね。センターコンソール付近のデザインを壊さないような位置で、目立たないように黒色で、その配慮には恐れ入ります。

まさにこのクルマを見ると客人のために思いを馳せ野山を駆けめぐる、つまりご馳走とさせいえるように思います。

個人的にはガンディーニ作もⅣも大好きです。164がだめになったら・・・こんなことを考えてはいけませんね(笑)

  • 2011/11/03(木) 10:56:30 |
  • URL |
  • masaking #-
  • [ 編集]

>masakingさん
ご無沙汰です。希少車ですのでこうしてご紹介できたことを嬉しく思っています。ご指摘のようにこのクルマにはクラフトマンシップとデザイナーの高級車かくあるべし・・・という哲学が存分に見て取れました。
アルファ164→クワトロポルテⅣは過去にメンバーが体験していますが、ボディサイズと4ドアという共通点があるものの別物だったようですよ(笑)

  • 2011/11/03(木) 11:12:11 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

結構年数いっちゃってますが、さすがマセラティ。バブル時代を思い出します。

  • 2011/11/03(木) 22:43:26 |
  • URL |
  • アルファロメオパーツ #DUxG7W6M
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/827-f8d50e02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

改善率90%以上!椎間板ヘルニア改善法を初公開します!

実は手術やブロック注射に頼ることなく椎間板ヘルニアを改善する方法があります。

  • 2011/11/20(日) 08:17:26 |
  • 自宅で出来る!ヘルニア改善エクササイズ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。