走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上げ膳据え膳のイベント~その壱~

私が所属するアルファ164オーナーズクラブでは永年に亘り全国イベントである「クラブラン」を仕切ってきました。そして、「アルファ164生誕20周年記念パーティ」という大それたイベントもやりました。また毎年のALFAROMEO DAYではラウンジを開設し、参加するメンバーのランチを用意して来ました。そして最近ではQuick Touringの裏方してイベントの企画から実施までのお手伝いもさせていただきました。これらのモチベーションは…、

イベントは運営する側が一番楽しいっ!

というもので、これが私のかねてよりの持論でしたが、今回一本の電話から急遽参加させていただいた「第二回房総ツーリング」で、この持論は脆くも崩れ去ってしまいました。

イベントは上げ膳、据え膳も楽しいっ!

このトシになって持論を変えざるを得なくなるようなこのイベントは一体どういうものだったのでしょうか?
それは隅々まで行き届いた企画と、充分な下見に基づく完璧なツーリングルートに加えて、コストパフォーマンスに優れた最高の食事といった、クルマのイベントを企画する上での構成要因が高度にバランスされた完璧なイベントで、最早、私ごときがそのアラを探そうにも手も足も出ず、「参りましたっ!」という究極のホスピタリィティに満ちたイベント…

の対極にある、良く言えば、「緩い」。悪く言えば、「行き当たりばったり」のお気楽ツーリングイベントだったのです(笑)

このお気楽ツーリングの仕掛け人は、「二匹の蛇の抜け殻~ アルファ・ロメオ綴り方日記」というアルファロメオ部門のアクセス数トップのブログの作者であるZAGATORさんとALFAROMEO DAYの事務局を永年やられているアルファ164オーナーズクラブのメンバーでもあり、「アルファのある生活」というブログの作者である青ガエルさんの2名で、そのブログ記事でこのツーリングイベントのことは知っていたのですが、私の現在の愛車はLANCIA Themaであることからアルファ・ロメオのイベントに参加するには若干の遠慮もあり(笑)、傍観していました。

ところが、開催直前に友人の青ガエルさんから電話がかかってきました。

「今、ZAGATORさんと飲んでるんだけどさぁ。ツーリング来ない? ちょっとZAGATORさんと電話替わるね」

こうなれば参加しない訳には行きません。聞けば友人の「イタ車と共に暮らす喜怒哀楽」の作者である笹本氏と、私のブログのネタを提供してくれる赤スパのR君も同様に直前になって呼び出された(笑)ようです。こうして直前になって参加者を呼び集めるのもいつもの青ガエルさんの緩~いパターンです(爆)

しかし、いざ参加するとなると今度は笹本氏から電話がかかってきました。

「あのさぁ。この前エンジンフラッシングやって(笹本氏のブログ記事を参照してください)さぁ。エンジンが凄くいいんだよね。それでさぁ。アルファ164Q4を運転するの久しぶりでしょ?ボクは滅多に他人に運転させないんだけど、今回特別に運転させてあ・げ・よ・うかなぁと思ってるんだけどどうかなぁ。」

「たまには男同士でじっくりと積もるハナシもしたいじゃない?」

様々な「殺し文句」とこれが素晴らしく稀有で特別なチャンスであるという申し出に加えて、嫌味を付け加えることも忘れません。

「アルファ・ロメオのツーリングでしょ?ランチアだとマズいんじゃないかなぁ…」

素直に運転してくれないかと頼めないのも笹本氏の常で(笑)、まるで訪問販売員のような見事な論理と交渉術で真綿で首を絞めるように?たんだんとそうすることが一番だと思えるように誘導して来ます。

聞けば往路はともかく復路の運転が辛いので一台で一緒に行こうというお誘い(お願い)だったのですが、私の自宅は東京都の板橋区という東京の北側。笹本氏の自宅は東京都多摩市という西側。そして集合場所は大黒PAという横浜の南側で東京近郊の地図を目一杯使って三角形を描いた各々の頂点に位置しているのです。それをどうやって一台に乗って集合場所に行こうと言うのでしょう?しかも疲れるからという理由で一台で行こうと言っている人間に、私の自宅まで来いとも言えません(泣)。
かくして、私が早朝に多摩の笹本氏の自宅に赴くことになりました(泣)。

それにしても笹本氏のこの交渉術にはいつも惚れ惚れさせられます。
かつて彼がオークションで購入したFIAT PANDAが静岡から乗って帰る途中の御殿場でエンコしてしまい、夜に電話がかかってきたときにも、最初に助けに来てくれとは言いませんでした。

「今、御殿場ICを出たところにいるんだけど、最寄の駅にはどうやって行けばいいか教えてくれない?」

こんな電話が突然かかって来たら、事情を聞かないワケには行かないでしょう。そして次には、

「電車ってどうやって乗ればいいの?切符ってどこで買うの?」

と、芸能人のようなことを聞いてきます。

「ところで、今何してるの?アルファ164で高速をちょっと走りたい気分じゃない?」

暫く会話に付き合っているとようやく核心に迫ってきました。

「で、一体何時に御殿場に来れるんだよっ!」

そろそろ本性を現してきました。

「御殿場ICを降りたところに○○っていうファミレスがあるだろ。そこで待ってるからな。疲れてるから早く来いよっ。じゃあなっ!」

もはや恥も外聞もなく一方的に電話を切ろうとします(笑)

仕方なく夕食も食べずに御殿場に向かい、指定されたファミレスに到着したときには、しっかりファミレスで夕食を済ませ、デザートも平らげ、ドリンクバーで相当お代わりを重ねていた笹本氏とスッド君(彼も愛すべき友人で彼についてはまたそのうちにネタにしようと思います)は開口一番に、

「遅いよっ。もう夜中になっちゃったから早く帰ろう。仕方ないからドリングだけは飲ませてやるよ。」

と、私のせいで御殿場のファミレスで夜中まで過ごすハメになったと言わんばかりの口調で言い放ったのです(笑)。

ずいぶんハナシが逸れてしまいました(苦笑)。

笹本氏の自宅に到着し、Alfa164Q4とLANCIA Themaを並べて駐めてしばし観察してみます。

BT001.jpg

ご存知のようにAlfa164とLANCIA Themaはシャーシーを共有する兄弟車です。Tipo4プロジェクトと呼ばれた、自動車メーカーの垣根を越えてシャーシーを共同で開発するいう世界初の試みの中から生まれたのがこの2台ですが、LANCIA Themaは巨匠ジゥジアーロがそのデザインを担当し、Alfa164はエンリコ・フミア氏がそのデザインを行いました。同じシャーシーということはホイールベースと全幅が同じであるということで、その共通点(食材)で二人のデザイナー(シェフ)がデザイン(料理)をするとクルマはこれほど変るという例が目の前にありました。

最初は笹本氏の運転で集合場所の大黒PAに向かいます。

集合時間にはすいぶん早く到着した大黒PAですが、すでに2台が到着していました。その2台とは青ガエルさんのJuniorZ 1600とES30 SZという凄い組み合わせでした。

BT002.jpg

そうこうしているウチに参加する車両が続々と集まって来ます。休日早朝の大黒PAは様々な趣味クルマが集まっていてその見学だけでも楽しめるのですが、生憎の雨模様のために駐車場はガラガラで、このアメ車のお仲間とTVRのツーリング?集合程度で、私たちが最大グループでした。真ん中のオレンジのクルマは1970年 DUDGE Challengerですが、実は大好きなクルマです(苦笑)

BT004.jpg

初対面の方々が多いイベントの常で、どうしてもハナシが弾んでしまいなかなか腰が上がりません(苦笑)が、不思議なもので、そのクルマは様々なイベントで見かけたことがあり、一旦クルマとオーナーを一致させることができればまるで旧知の友人のように打ち解けてしまうのも、皆さんが永年アルファ・ロメオを乗り継いで来られた猛者?であるからでしょう。

BT003.jpg

お気楽ツーリングということで、出発してから次の集合時点もその場で相談して「適当に」決めてしまいます。どうやら昼食場所の予約はしてあるものの、そこまでのコースは適当で、何時にどこに着いていなければならないといった制約は一切無いようです。私たちにとっては有難いことに、天気のせいか海ほたるSAは空いているようでしたので、まずは海ほたるを目指して一路湾岸線で出発することとなりました。

BT005.jpg

ドライバーは笹本氏で、なんと彼はアクアラインを走るのが初めて!とのことで興味津々でハンドルを握っています。私はといえば助手席でカメラを構えて隊列を撮ることにしたのですが、皆さん結構なペースで走行するためになかなか良いショットが撮れません。しかし、しばらく走行しているうちにあることに気がつきました。それは皆さんの走り方で、阿吽の呼吸で走行車線と追い越し車線を上手に使い分けながら、付かず離れずの隊列を維持しながらも決して無理やりではなくスムーズに走行しているのです。仲間とツーリングする経験のない方にはなかなか分かって頂けないかも知れませんが、決して暴走族のような走り方ではなくスムーズにかつジェントルに隊列走行をするためには、各自のドライビングセンスと隊列全体を俯瞰的な視点で見る想像力が必要で、これを自然に持ち合わせている仲間と走行することはそれだけで素晴らしく楽しいのです。これぞツーリングの醍醐味で、今回は自分でハンドルを握っていなくてもそれを体感させていただきました。

BT006.jpg

海ほたるに到着してもまたまた皆さんオハナシに夢中でなかなか腰が上がりません(笑)。しかし考えて見れば特に予定があるワケでもありませんから、のんびりと目的地に向かえばよいのです。この程度の参加台数だとそれが可能で、まさに「行き当たりばったり」の妙味だと思います。

BT007.jpg

あるようでないのがアルファ164/166のツーショットです。この2台にはアルファ・ロメオのフラッグシップサルーンであるという共通点があるのですが、アルファ164はピニンファリーナのエンリコ・フミア、そしてアルファ166はチェントロ・スティーレ(アルファ・ロメオの社内デザイン部門)のウォルター・ダ・シルバという別々のデザイナーの手によるもので、そのデザインされた年代も20年という隔たりがあります。ダ・シルバはデザインに際してアルファ164を意識したのは歴然としており、フロントのアルファスクデットに至るボンネットのプレスラインはアルファ164へのオマージュと見て取れます。

BT008.jpg

時代の隔たりと言えばこの2台です。左はBreraTIで19inchのホイールを履いています。そして右はアルファ・スパイダーSr.4で14inchのホイールです。同じ普通乗用車でトラックと軽自動車ほどの差がありますが、これも技術という視点での時代の隔たりを表しています。

これまた適当に決めた次の目的地はマザー牧場で、その手前の君津PAを目指します。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

コメント

さっそく読みふけってしまいました

ども!房総ツーリングの余韻醒めやらぬうちにブログUP有難うございますっ!大黒PAに辿り着く前に既にドラマがあったんですねぇ。ちなみに、拙宅は石川町ICからクルマで3分なので気が緩み、7時半に起きて、慌てて駆けつけました。行き当たりばったり…まさに自分自身です。

  • 2011/10/18(火) 00:32:32 |
  • URL |
  • 赤丹。@147GTA #D2os1cdk
  • [ 編集]

またまた残念!!

ひょんなことから、166のつながりでZAGATORさんに茂原サーキットでのイベントでお会いして、今回の房総のイベントにもお誘い頂きましたが、参加できませんでした。またまた、お会い出来ず残念でなりません、次回お会いするのを楽しみにしております。

わんこS木

  • 2011/10/18(火) 06:12:54 |
  • URL |
  • わんこS木 #-
  • [ 編集]

ありがとうございます!

510さん

先日は誠にありがとうございました。行き当たりばったりで恐縮でした。(笑)まあ、学生時代の友達との”ドライブ”的な感覚で。お許し下さいませ。
そして、早くも3連発!早すぎます。。。。が、510さんに綴って頂けると光栄の至り!どうかよろしくお願い致します。次回もご参加ということで、ありがとうございます(爆) 
では、ブログ”シリトリ”連載、してみます。(笑)

  • 2011/10/18(火) 07:09:02 |
  • URL |
  • ZAGATOR #jhHw6g8s
  • [ 編集]

随分精力的に動いてますね。さすが救急車のいらない男!
お気楽ツーリングの良さ、なんとなくわかります。
会社勤めを始めた頃、寮の暇人が勝手に集まって、
何も考えずに鎌倉大仏を目指すとかそんなノリ。
またあんなのやりたいけど、私も含めてみんな腰が重くなっちゃって・・・

  • 2011/10/18(火) 08:11:37 |
  • URL |
  • S氏 #-
  • [ 編集]

こういうツーリングいいですね。
それにしてもChallenger R/T、綺麗です。
おいらの友人も70 Challenger(白!)に乗っていましたが、治す楽しみより乗る楽しみとばかり、今は現行型に乗り替えています。

  • 2011/10/18(火) 12:29:23 |
  • URL |
  • pekepeke #-
  • [ 編集]

>赤丹さん
先日はお疲れ様でした。ご一緒できて楽しかったです。
「行き当たりばったり」は性格上苦手だったのですが、こんなに楽しいとは思いませんでした。どうやら「行き当たりばったり」と「オーガナイズ不足」は違うようですね。次回も是非ご一緒しましょう!

  • 2011/10/18(火) 19:43:55 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

>わんこS木さん
なかなかご縁がありませんね(笑)
そのうち是非!

  • 2011/10/18(火) 19:45:10 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

>ZAGATORさん
本当にお世話になりました。お誘いいただいてこちらこそ光栄でした。
三部作はイッキに書き上げましたので下書き保存したつもりが一部露出してしまったようです(汗)
幹事のお二人の「人徳」から実に楽しいブラリ旅?でした。次回も是非誘ってください。

  • 2011/10/18(火) 19:47:50 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

>Sさん
確かに皆さんの目は遠く学生時代に戻っていたような気がします(笑)
腰が重いのは皆さん一緒ですので、どうぞイベントに積極的にお出かけください。あの車は「見られてナンボ」ですからね!

  • 2011/10/18(火) 19:50:08 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

>pekepekeさん
MOPAの中で、どういうワケかChallengerだけは別格で好きなんですよね。特にあの薄いフロントとヒップアップしたリアが堪りません。マニアの間でも70年は別格でアメリカでも未だに高いですね。昔のモノグラムのプラモデルで我慢するしかないようです(笑)

  • 2011/10/18(火) 19:53:34 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/821-d8dada10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。