走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極東の1000マイル~2011~ その四

いよいよ後半の参加車です。もはやお腹一杯だと思いますが(苦笑)、現場ではキャブレター特有の濃いガソリン臭とエキゾーストノートに包まれた桃源郷でした。こればっかりは写真ではお伝えできませんので、機会があれば是非足を運んで見ることをオススメします。

LF2011060_20111010221653.jpg

1960年 ALFAROMEO GIULIETTA SSです。これほどの参加車の中でも美しいフォルムは埋没してはいませんでした。

LF2011061.jpg

1957年 MERCEDES BENZ 300SLSです。独特のガルイングドアを開けているのは観客へのアピールではなく、そうしないとスタンプを押してもらうために外へ手を出すこともできないためでした。

LF2011062.jpg

1959年 JAGUAR XK150です。これぞJAGUARという正統派な?スタイルでした。

LF2011063.jpg

1953年 JAGUAR XK120 ROADSTERです。一転してレーシーなモディファイが施されたXK120ですが、これがなかなか格好良かったです。

LF2011064.jpg

1953年 MORASSUTTI SPORTです。このテのオープンでツーリングする場合は、こうしてインカムを装着しなければ助手席のナビとも会話できません。

LF2011065.jpg

1954年 AUSTIN HEALEY 100です。今年は例年に比べてHEALEYの参加が多かったような気がします。

LF2011066.jpg

1954年 JAGUAR XK120です。このカニンガムカラーは素敵でした。

LF2011068.jpg

1954年 AUSTIN HEALEY 100/4 BN1です。このクルマもレーシングスクリーンに変更されていましたが、高速走行は相当キツいだろうと思います。

LF2011069.jpg

1955年 AUSTIN HEALEY 100 BN1です。こちらはノーマルスクリーンで、ドライバーとナビの表情にも心なしか余裕が感じられました。

LF2011070.jpg

1955年 PORSCHE 356 PRE A SPEEDSTERです。

LF2011071.jpg

1956年 AUSTIN HEALEY 100です。こちらはバンパーレスにレーシングスクリーンというヤル気仕様でした。HEALEYはこうしたちょいワル仕様もサマになります。

LF2011072.jpg

1956年 BANDINI 750 SPORTです。

LF2011073JPG.jpg

1956年 PORSCHE 356 A CABRIOLETです。SPEEDSTERに比べて対候性のあるソフトトップを装着しているのがこのカブリオレで、トップを閉めた状態でも室内の天井高が「ある程度」確保されています。

LF2011074.jpg

1957年 ALFAROMEO GIULIETTA SPIDERです。GIULIETTAもバンパーとフロントのメッキモールを外し、ドライビングフォグを装着すればレーシーな雰囲気に仕上がりますが、さらにフロントスクリーンをアクリル製の小さいものに変更すれば完璧です。軽量化という意味ではあまり貢献度は低いかもしれませんが、ドライバーのモチベーションへの貢献度は大きいものがあるでしょう(笑)

LF2011075.jpg

1956年 PORSCHE 356 SPEEDSTERです。下の356同様にPORSCHEにはこういう中間色が良く似合います。

LF2011076.jpg

1957年 PORSCHE 356A COUPEです。SPEEDSTERはこのCOUPEの屋根を落としたバージョンで、生産台数は遥かにこのCOUPEの方が多いのですが、このイベントの参加車ではSPEEDSTERのほうが遥かに多いという逆転現象が起きていました。

LF2011077.jpg

1961年 MERCEDES BENZ 190 SLです。300SLの廉価版という位置づけがこの190SLですが、これだけやる気満々なもディファイですと、こちらの方が速いのでは?と思わせてくれます。

LF2011078.jpg

1959年 FIAT ABARTH 750 RECORD MONZAです。今年はアバルトの参加車が少なく、少し寂しい思いをしましたが、実際に当時のレースの状況の再現であれば、こうしたイベントではABARTHだらけ…でもちっとも違和感はありません。

LF2011079.jpg

1959年 ALFAROMEO GIULIETTA SPRINT VELOCEです。多くの参加車がレーシングモディファイを施して参加しているので、こうしたノーマルの佇まいはかえって新鮮でした。

LF2011080.jpg

1959年 MG MGA FHCです。MGAは元来オープンで設計されていますが、そのモデルをクローズドにしたのがこのFixed Head Coupeで略してFHCと呼ばれています。ちなみにそれに対するDHCは化粧品ではなく(笑)、Drop Head Coupeの略です。

LF2011081.jpg

1959年 LOTUS 17です。今回はLOTISも参加車が少なかったです。

LF2011082.jpg

1960年 PORSCHE 356B CABRIOLETです。上の356A CABRIOLETと比較すると随分と近代的になりました。

LF2011083.jpg

エントリーリストには記載がなかったのですが、同じくFIAT ABARTH 750 RECORD MONZAだと思われます。今回のABARTH参加車はこの2台だけでした。

LF2011084.jpg

1960年 PORSCHE 356B CABRIOLETです。

LF2011085.jpg

1961年 ALFAROMEO GIULIETTA SPIDERです。こちらもレーシングスクリーンに換装していました。当たり前ですが雨が降ればソフトトップは装着できなくなってしまいます。今回は全日程が晴天で良かったですね。

LF2011086.jpg

1962年 TRIUMPH TR3Bです。こちらはノーマルのスタイルで、クラシックな雰囲気でした。

LF2011087.jpg

1963年 MERCEDES BENZ 190SLです。こちらもバンパーレスでしたが、それだけで随分とイメージが変るものです。

LF2011088.jpg
LF20110881.jpg

1964年 FERRARI 330GT 2+2です。これが最後の参加車なのですが、トリを飾るに相応しいクルマでした。そして恐らく参加車の中で一番ロングツーリングが得意なクルマではなかったでしょうか(笑)

LF2011092_20111010222007.jpg

このイベントの用意周到なところは、ちゃんとスイーパーの車両に加えてローダーが2台!も最後尾を伴走しているところです。こうしたサポートがあるからこそ安心して古いクルマを走らせることができるので、このイベントが参加者の支持を得て永年続いていることが良く分かります。

一部撮りもらした車両もありますが、今回は参加車の殆どをご紹介しました。繰り返しになりますが機会があれば是非実物を見に行かれてはいかがでしょうか。
スタートやゴール地点の華やかなセレモニーも素敵ですが、こうした中間のポイントでは、遠くから近づいてくるエクゾーストノート。シフトダウンの際のフォンフォンという音。そしてガソリンやオイルの臭いに加えて、無事に到着した安堵感の漂うエントラントの表情など、一台一台のドラマを感じることができますよ。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

コメント

随分沢山ありましたが、もちろん参加を見合わせてる人もいて更に総数は多いのでしょうが、こういうクルマって普段どこ走ってるんでしょうね

  • 2011/10/17(月) 09:13:43 |
  • URL |
  • S氏 #-
  • [ 編集]

>Sさん
ちょっとそこまでの買い物には使わないでしょうね(笑)
Sさんのクルマの使い方と同じでは?(爆)

  • 2011/10/17(月) 19:56:21 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/819-a1c817e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。