走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛隊のR.O.E.

前回の記事で自衛隊の災害救援活動に関して書いたのですが、自衛隊の最大の使命は国防であることは言うまでもありません。
日本が憲法第9条において軍隊を持つことを放棄しているにも関わらず、自衛隊の前身となる警察予備隊が朝鮮戦争の中での必要性から「泥縄的に」、米国より組織することを命令され、日米安保条約なる軍事同盟の庇護の下に専守防衛に特化してきたとしても、現在の自衛隊が世界有数の装備を持つ「軍隊」であることに変わりありません。

しかし一方で、その「軍隊」としての機能は充分かと問われると、自衛隊は現在に至るまでずっと機能不全に陥っていると思うのです。それは自衛隊に恒常的な武力行使のルールがないことで、私は現在の自衛隊が本来の役割を充分に果たすことができないでいる理由がこのR.O.E.の不備ではないかと考えています。
R.O.E.とはRules of Engagementの略で、一般的には交戦規則と呼ばれています。交戦規則とはどのような事態に際して武力を行使して良いかを定めているもので、各国の軍隊は各々このR.O.E.が規定されています。そしてそれは一般的なR.O.E.に加えて作戦の都度特別に設定されるR.O.E.を含めて、本来の軍隊にとってはなくてはならないものなのです。

実は私たち一般市民にもR.O.E.は存在します。それは憲法上で規定されている「正当防衛」と「緊急避難」です。正当防衛は説明の必要はないと思いますが、緊急避難とは自らの生命に危険が及んだ際に人や物から生じた現在の危難に対して、自己または第三者の権利や利益(生命、身体、自由、または財産など)を守るため、他の手段が無いためにやむを得ず他人やその財産に危害を加えたとしても、やむを得ずに生じさせてしまった損害よりも避けようとした損害の方が大きい場合には犯罪とはならない(違法性が阻却される)というものです。

自衛隊の武力行使もこの「正当防衛」と「緊急避難」という考え方が基本となっています。なぜなら自衛隊は「自衛のための軍隊」であるために、その武力行使は基本的に防衛するためのものだからです。ただし「緊急避難」に関しては自衛隊を含め公務員はその公務の執行に際しての適用は極めて限定されており、特に自衛隊の作戦遂行に際して必要な民間所有物(土地や建物など)の収用に関しては自衛隊法で厳しく制限されています。

この「正当防衛」という基本概念が自衛隊の行動を必要以上に束縛しています。個人であれ組織であれ「正当防衛」が成立するためには、まず相手に攻撃する意思があることが明確であり、その攻撃による被害の程度が予測できなければなりません。
例えば見知らぬ人がナイフを手にして自分の方に向かってきた場合でも、必ずしもそれが自らを傷つけようとしているかどうかはまだ分かりません。「殺してやる」と叫びながら向かってきた場合か、若しくは自分に向かって刃物を振り回した時に初めて、それに対して応戦し、相手を無力化することが正当防衛として認められることになるのです。しかも一般人の私たちと異なり、自衛隊には「逃げる」という選択肢はないのです。

またこの際でも、「警察比例の法則」なる考え方を基にそれが「正当防衛」か「過剰防衛」か判定されることになります。
この「警察比例の法則」とは聞きなれない言葉だと思いますが、簡単に言えば相手の行使する武力に対して反撃する際には相応な武器によらなければならないというものです。
例えば、相手が拳銃であれば機関銃やロケット弾ではなく同程度の武器で応戦しなければならないという考え方です。
個人レベルでの「正当防衛」や警察レベルでの「警察比例の法則」はまだしも、自衛隊が相手にするのは軍隊であったり、特殊部隊であったりテロリストであったりするにも関わらず、それでもこのルールに従うのであれば、ます相手を誰何し、次に威嚇射撃をし、それでも相手が向かって来て、尚且つ相手が発砲し身の危険を感じた際に始めて応戦できるということになります。戦闘状態にある中でこんな手順を踏み、相手の武力に対して相応の程度の武器でしか応戦できないのであれば、自衛隊員の命は幾つあっても足らないでしょう。それが喧嘩であれ戦闘であれ、先手を打ったほうが遥かに有利なのは自明で、ましてや戦闘状態の場合であれば、相手は威嚇射撃なぞするはずもなく、確実に最初から狙って撃ってくるのです。

過去の自衛隊は旧ソ連軍による北海道侵略を最大の有事として想定していました。これは東西冷戦時代の考え方で、日本を防共の盾とする米国の戦略の一部でもありました。しかし時代は変わり、もはやそのような事態は想定する必要がなくなりましたし、国際社会でも「戦争」という相手国に宣戦布告をして始まる国際法にのっとった戦闘は可能性としては低くなっています。
現在の日本を取り巻く「有事」とは大別すると四種類に分かれます。まず第一は北朝鮮からの中距離弾道ミサイルによる攻撃。そして第二は同じく北朝鮮からの少数の特殊部隊による攻撃(拉致も同様です)。第三は日本の領土内海域で実効支配を目論む周辺国からの領海(土)侵犯。そして第四はテロリストによる無差別攻撃です。
特に第四の可能性に対して日本はあまりに無防備なのはご存知の通りです。

福島原発の事故はこの国際テロを研究する機関に衝撃を与えました。それは少数の訓練された特殊部隊であれば原子力発電所は簡単に制圧することができ、その原発からの放射能拡散はその国だけでなく周辺国にさえも甚大な被害を齎す可能性があることを、「テロリスト側に認識させた」ことです。
殆どの原子力発電所が海岸に設置されている日本において、10名程度の訓練された特殊部隊なりテロリストが上陸し、原子力発電所を制圧するのは簡単なことでしょう。
先日の北朝鮮からの脱北漁船を最初に発見したのが領海内で操業していた日本の「漁船」であったことは、これがもし日本海沿岸の原子力発電所を攻撃するための部隊が乗る船であったとしたら、海上保安庁も自衛隊も海上で発見し上陸前に阻止することができないことを露呈しています。かつてソビエトのMig-25が領空侵犯をして函館空港に亡命のために着陸したときに、「これが攻撃であったら…」と大問題になったのと同じくらい由々しき事態だと思うのですが、当時と異なりマスコミはその点に関しては殆ど触れません。
そして死んでも構わないと思っている特殊部隊やテロリストにとって、日本の原子力発電所の冷却システムを破壊し、炉心溶融を起こさせた上に隔壁を破壊することは、空港の厳しいセキュリテイをかいくぐり、旅客機に爆弾を持ち込んでハイジャックし、その飛行機もろともどこかに突っ込むより遥かに簡単な作戦なのです。

このような事態に対して現在の自衛隊のR.O.E.はあまりに無力です。
現在の自衛隊が武力を行使することができるのは、内閣総理大臣の承認の下に防衛大臣より発令される「海上警備行動」と呼ばれるものと、国会の承認の下に内閣総理大臣より発令される「防衛出動」の二種類しかありません。これがまさにシビリアン・コントロールと呼ばれるものなのですが、そのいずれも発令に当たっては即応性のかけらもなく、しかも高度な「政治的判断」を必要とするこれらの発令に際して、現在のようなコロコロ替わる内閣総理大臣と「防衛に無知なことが最大のシビリアン・コントロール」と平気で言ってのける防衛大臣が、「適時に」「適切な」判断ができるとは思えないのです。

自衛隊には政権交代とは無関係の法制化された新しいR.O.E.が必要です。昔のように相手国との関係が悪化して、戦争が起こるかも知れないという事態の中で、充分な議論と準備をして防衛出動命令を出せるような状況ではありませんし、漁船や不審船がちんたら領海を侵犯し、それに対して海上保安庁が当て逃げされても「充分に」時間をかけて対応をした後に、止むを得ず「海上警備行動」を発令するような時間の余裕のある事態ばかりではないのです。
私たちが自衛隊を国防力として認めるのであれば、現在の日本を取り巻く状況におけるシビリアン・コントロールはあまりに稚拙です。

私の提案は、「ここまでやったら撃ちますよ」という最終ラインを決めたR.O.E.を設定すべきというものです。どうせ今のままでも自衛隊は「最初の」国防手段ではなく、「最後の」国防手段ですし、またそうあるべきだと思いますので、その都度バカな政治家が判断するのではなく、公表されたR.O.E.法に則って自衛隊が行動する方が理にかなっています。そして、このR.O.E.では相手を確実に殲滅するために武器の使用を無制限に認めるべきで、警察比例などという一方側にしか適用されないルールに縛られるべきではありません。
攻撃命令がないまま、自分を殺そうと向かってくる相手に身を晒さなければならない自衛隊員も、その基本的人権である生存権を保証されている日本国民の一人であることを忘れてはならないと思います。

しかし、本来R.O.E.は軍事機密とされています。なぜなら相手のR.O.E.を知っていれば「その手前までは攻撃されない」ことが分かるからです。しかし、日本の自衛隊は自国の防衛のためだけに行動するのですから、堂々とR.O.E.を公表し、それに抵触した場合は躊躇わず武力を行使すべきです。どうせ攻撃できないと思っている相手の持つ軍事力ほど馬鹿げているものはありませんし、抑止力にも何にもなりません。100発100中の最新ハイテク兵器も、撃てなければただのオモチャでしかなく、相手にとっては脅威でも何でもないのです。
国際社会の良識ある国々はそのR.O.E.が妥当であれば、それにより被害を受けた相手国が何と言おうと、「自業自得」と判断するでしょう。

f15_3-thumb-425x282.jpg

F-4EJ Phantomの後継機として導入後30年を経過した現在でも近代化改修を受け自衛隊の主力戦闘機であるF-15J Eagle。自衛隊がその配備機数において米国に次ぐF-15保有国であることは意外に知られていない事実でしょう。

air_f-35a_aa-1_test_flight_lg.jpg

そしていよいよF-15Jの後継主力戦闘機の最有力候補となったF-35。開発時から日本の技術も導入されていますが、そのステルス技術や最先端のコンピューターは高度な軍事機密です。問題はその調達価格と米国の判断によるライセンス生産が可能か否かにかかっているでしょう。この辺りの情報を分かりやすく報道しているのは現在のところフジテレビだけです。

TK-X_1.jpg

永らく主力戦車として配備されてきた90式戦車の後継主力戦車がこの10式戦車です。90式戦車の開発された当時から世界の戦車の用兵思想は大きく転換し、最早、戦車対戦車の大規模戦闘が起こる可能性は低く、むしろテロリストやゲリラなどからの対戦車兵器に対する対応のほうが重視されるようになり、この10式戦車もその対応がなされているのが特徴です。

081103-N-9758L-057.jpg

米国海軍アーレイ・バーグ級のイージス艦をベースに日本のハイテク技術を加えて建造された海上自衛隊初のイージス艦「こんごう」型の次世代型イージス艦がこの「あたご」型です。ステルス性も保持しておりイージス艦としては世界最大級です。

そして自衛隊の国際貢献は災害及び復興派遣に特化すべきです。今回の東日本大震災での自衛隊の活躍は図らずも国際社会に自衛隊の能力を知らしめることができました。国連による依頼に基づき、国連軍の傘下で紛争地域の事後処理部隊として派遣される自衛隊は、どの国の軍隊よりもその目的に貢献ができることを世界は認めてくれるのではないでしょうか。
もちろんその際には国連軍としての集団的自衛は当然で、今までのように隣の他国の部隊が攻撃されているのに応戦できないといった狭義の「正当防衛」という考え方ではなく、国連軍として一つの部隊が攻撃を受けたと解釈すべきだと思います。

東西冷戦が終結し、新しい国際秩序を模索する中においては残念なことに今後も地域紛争は絶えないでしょうし、宗教対立や経済利権争いの犠牲となるのはいつも弱者である市民です。自分たちで壊したものを自分たちで復旧するというのは忸怩たるものがありますが、国際社会の一員として日本のできることはこの復旧とさらに復興のための経済協力ではないでしょうか。それを地道に行っていくことが、米国の言う意味ではなく本当の"Show the Flag"だと思います。

この意見は自衛隊の存在をを認めるか認めないかによって大きく変わるでしょうし、仮に自衛隊を認めたとしても現在の憲法解釈によって大きく変わるだろうと思います。
私自身は憲法改定論者でも軍国主義者でもありませんが、今回の東日本大震災で「国民の生命と財産を守る」ために奮闘する自衛隊員を見て、自衛隊と自衛隊員に最も効果的にその役割を果たしてもらうためには…、そして彼らを一人たりとも無駄死にさせないために…と考えた末の意見です。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

コメント

現在の自衛隊のR.O.E.は「攻撃を受け被害が出たら。(つまり殉職者が出たら)」
だと思います。遣る瀬無い感じですね。
また、最後の方に書かれている被災国への派遣も日本国民の理解は得られても、
お隣とその隣の国が認めないでしょうね。

戦争があったのはもう60年以上も前で、同盟国として戦った独・伊は
こんなにも制約や干渉を課せられてないと思うんですが
国民性なのか左向きの人が多いのかずっと過去を引きずるのでしょう。
忘れてはいけない事は確かにありますが、じゃあWW2以前は?
っていつも思います。

  • 2011/09/24(土) 07:43:57 |
  • URL |
  • S氏 #-
  • [ 編集]

>Sさん
某隣国は自国民の政府批判のガス抜きの手段として日本を批判しているだけですから真剣に取り合う必要はないと思いますよ。
日本が国連決議に基づく海外派遣というルールを守っている限り、如何なる批判も国際社会においては黙殺されると思います。一方で日本は民族問題も宗教問題も世界の紛争国に関して関係がありませんので、復興援助国としてこれほどの適任国なないのではと思います。

  • 2011/09/24(土) 21:30:18 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2014/07/31(木) 20:31:15 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/807-e6ed2cb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。