走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄クルマを訪ねて ~その拾~

リニューアル後も書き続けたいと思っているテーマがこの「地獄クルマを訪ねて」というシリーズです。
そもそもは自分のクルマに関するネタばかりでは…と思い、書き始めたのがきっかけだったのですが、取材して見ると世の中には私なぞが足許にも及ばないほどの変態M体質の方(失礼)がいらっしゃり、その方のクルマを通じて単に取材対象の地獄クルマの魅力だけでなく、その変態オーナーの方の魅力もご紹介できればと思っているのですが、続々と変態オーナーが現れるワケはなく、取材対象を探すだけでも一苦労となってしまいました。苦肉の策として次の変態オーナーを待つ地獄クルマの売り物もご紹介することにしたのですが、今回の地獄クルマも生半可な変態を寄せ付けない正真正銘の変態クルマ、
FIAT131 ABARTH RALLYです。

131001.jpg

おおよそ洋の東西を問わず、ハコ車好きの方はこの変態度が高いのではないかと思います。
スポーティな外観を持つクルマやスーパーカーと呼ばれるカテゴリーのクルマですとクルマ趣味として周囲の理解も得られやすく、その変態度もクルマ好きの微笑ましい趣向として受け入れられるのですが、外観がフツーのセダンやハッチバックの形状をしていると、単なる旧い実用車にしか見えなくなってしまい、それを必死に維持しているオーナーの姿は本来の「変態」として理解されず、単なる「変人」と切り捨てられてしまうのではないでしょうか(笑)
私見ですが、この「変態」と「変人」の間には大きな隔たりがあると思っています。
「変態」のもつ趣味性は周囲の一般人からの共感は得られなくともある程度は理解はされるのに対して、その一方で「変人」になると共感はおろか理解もされないために、ヘタをすれば新車を買えないビンボー人(その維持費を知るとますます理解されなくなるのですが…)と思われたり、単なるケチと思われたりと散々な目に遭うのです。

131002.jpg

そんな中で変態界の境界上に位置するクルマがこのFIAT131 ABARTH RALLYではないかと思います。
あまりに有名なクルマですので解説は簡単なものに止めますが、このモデルに関してはマニアの方が多いため突っ込みどころ満載かも知れません(汗)

131003.jpg

FIAT131は1974年のトリノショーで発表されたFIAT124の後継車です。その外観はFIATのデザインセンターでデザインされた何の変哲もないセダンで、大衆車メーカーであるFIATが量販を目論むドル箱として企画されました。ところがその大衆向量販セダンをそれだけで売らないのがFIATで、というかイタリア人がその量販車にさえもスポーティイメージを求めたからなのでしょうが、このFIAT131でWRCに打って出ることにします。
アルファ・ロメオと違ってFIATはちゃんとソロバンをはじいており(笑)、WRCの戦績を販売に結びつけることを目的としていたのですが、その目的からすると当時WRCに参戦していたFIAT124 ABARTHは1973年から1975年の3年間に亘ってメイクスタイトルを獲得していたものの、例のLANCIA STRATOSの参戦によりその戦闘力は低下していましたし、ボディがSpiderであったためにその戦績もあまり販売に寄与してはいませんでした。そんな中にあってFIAT124の販売が終了したのですから、このままFIAT124を使ってWRCに参戦しても何も良いことはないために新たなWRCマシーンを開発することにしました。しかしその開発に当たっては最大のライバルであろうSTRATOSに勝てる戦闘力を持っていなければならず、X1/9をベースにPrototipoを開発するなど幾つかの選択肢の中から最終的に「販売に寄与するから」と選ばれたのがこのFIAT131だったのです。

131004.jpg
131005.jpg

この個体のエンジンはかなりチューンされており、通常の街中走行のためにはデチューンが必要とのことです。

開発に当たったのはもちろんABARTHで、実験車を経て最終的にはFIAT132用の4気筒1995ccエンジンにヘッドはFIAT124で実績のある16バルブDOHCヘッドを載せ、グループ4のホモロゲーションを得るためにまず400台が製造されました。しかしこのホモロゲーションモデルは大好評で最終的には1000台余りが製造され、結果としてグループ2のホモロゲーションも取得してしまいました。

131010.jpg
131007.jpg
131015.jpg

ボンネットはFRP製でエアインレットが開けられています。

131013.jpg

リアフェンダーには同じくブレーキ冷却用のエアインレットが装備されています。

131008.jpg
131009.jpg

サイドウインドウはアクリル製に置き換えられています。

131017.jpg

マフラーはオリジナルのABARTH製のように見えますが定かではありません。

131016.jpg

ストラダーレは後席も標準装備ですが、この個体はロールケージを取り付けてあるために後席は取り払われています。

131012.jpg
131011.jpg

このFIAT131 ABARTH RALLYは2ドアセダンをベースにし、オーバーフェンダー、ボンネット、トランクリッドをFRPに変更し、ドアパネルをアルミ製に変更することで軽量化するとともに、フロントやリアに様々なスポイラーを装備し(効果があったかどうかは定かではありませんが…)、後輪サスペンションを専用設計の独立式マクファーソン・ストラットに変更するという大改造を施し、エンジンもワークス仕様はクーゲルフィッシャー製の機械式燃料噴射でストック状態でも2151hp以上を発揮したのですが、さすがにホモロゲーションモデルのストラダーレはコンベンショナルなウェーバー製34ADFキャブレターを二基装備し、140hpにデチューンされていました。しかしその製造に当たっては、まずボディをBertoneで製造し、エンジンはABARTHで組み上げ、最終的なアッセンブリーはFIATで行うという実に複雑な工程となってしまい、予定よりも多く製造されることになったストラダーレの利益は殆どなかったと言われています。また多くのストラダーレもプライベーターの手により改造されRALLYに出場することが想定されていたために、各部のパーツは容易にコンペティション用に交換できるようになっており、現存する個体はノーマルのストラダーレ仕様であっても何らかのチューンが施されたものとなっています。

131006.jpg
131014.jpg

クイック・トレーディングのショールームにあるこの個体もイタリアでコレクターの許にあったものを譲り受け、個人輸入により日本に持ち込まれたもので、その仕様はストラダーレモデルをベースに改造されたものだそうです。
FIAT131 ABARTH RALLYは懐の深いクルマで、ワークスカラーを再現しRALLY CHAMPを気取るもよし、ストラダーレ仕様をキープしてフツーのセダンとして乗るも良し、はたまたチューンして峠を攻めるも良しと様々な楽しみ方ができると思います。

ただし、何をやってもこのクルマの素性を知らない一般人からすると、旧いセダンを族仕様に改造する変人スレスレの変態であることには変わりありませんので(爆)、その覚悟がある方にこれらのプレイを楽しんで欲しいと思います。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:イタリア車 - ジャンル:車・バイク

コメント

変態と変人にそんなに大きな隔たりがあるとは知りませんでした。お互いに、人に愛される立派な変態を目指してがんばりましょうねぇ~。
それにしても今回の記事はツボにきました。
逝っちゃいそうです。

  • 2011/08/24(水) 10:48:07 |
  • URL |
  • なごやまる #-
  • [ 編集]

きましたね

いつか来ると思ってました(笑)
この手のクルマってオーナーが保存だけしている車両よりも実際に乗れる状態にして乗っている人ほど変態レベルがあがりますよねぇ(Kさんごめんなさい)

記事だけじゃなく510さんが買っちゃえばいいじゃないですか?
ドM超変態の510さんならきっと似合いますよ~(爆)

  • 2011/08/24(水) 18:13:07 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>なごやまるさん
変態・変人論はあくまで私見ですから・・・(笑)
ハコ好きの方にはGiulia TI Superと並ぶ究極クルマだと思います。
是非、キワモノ変態道を突き進んで見ては?

  • 2011/08/24(水) 20:33:38 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

>こ~んずさん
確かにKさんは立派な変態だと思いますよ。何せ164Q4に131Abarth Rallyですからね(爆)
残念ながら私は親の教えである「ナンでも欲しがらない」を座右の銘としていますので、我慢することにします(爆)

  • 2011/08/24(水) 20:35:55 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

ブログ再開おめでとうございます

どうも。変態M体質のSです。
クイックさんのHPのリンク切れで今までブログ復活に気が付きませんでした。
遅ればせながら、再開おめでとうございます。

気が付いて開いてみた最新の記事がストラトス最大の敵131というのも何か因縁めいたものを感じます・・・。

しかも私のマシンはこの現車と一時期、一緒にクイックさんのショウルームに並んでいたりしました。(510さんはご覧になったかな?)

今後も記事を楽しみにしてます。
(こっそりネタも提供しますよ)

  • 2011/08/24(水) 21:37:16 |
  • URL |
  • S氏 #-
  • [ 編集]

>S氏さま
ご無沙汰しています。ショールームでストラトスとこの131が並んでいた様は圧巻でしたよ。
これで124ABARTH RALLYがあれば博物館級でした(笑)
STRATOSの続編は超ド級のネタですのでじっくり取り組みたいと思っていますが、続々編がないことをお祈りしています。

  • 2011/08/24(水) 21:46:51 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

ごぶさたしております。去年の志摩へ行かれた記事を見ようと思って開いたら再開されていて驚きました。うれしかったのでコメントさせていただきました。
先日、青い海が広がる砂浜の写真を確かめたくなり志摩へ行ってきました。違う海水浴場でしたが同じようにきれいな海が見れました。偶然海沿いのおいしいイタリアレストランにも巡り合えて最高でした。

また旅の記事など楽しみにしております。

  • 2011/08/27(土) 02:44:36 |
  • URL |
  • norizo #-
  • [ 編集]

>norizoさん
ご無沙汰しております。特にブログ再開をお知らせしておりませんので、norizoさんのように偶然再訪していただいて知る・・・というのが自然体だと思います(笑)
今後ともご愛読をよろしくお願いします。

  • 2011/08/27(土) 11:44:53 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

131格好いい!
おいらは変態じゃないですが、地獄クルマオーナーは尊敬しますね。

  • 2011/08/29(月) 12:33:58 |
  • URL |
  • pekepeke #-
  • [ 編集]

>pekepekeさん
ご心配なく。カタギの国産車オーナーからするとpekepekeさんは立派な変態だと思いますよ。

  • 2011/08/29(月) 21:25:23 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

blog復活待ってました~
このabarthは売り物ですか??

  • 2011/08/31(水) 11:25:15 |
  • URL |
  • おでき! #-
  • [ 編集]

>おできさん
お待たせしました。こっそり再開させていただきました(笑)
この131ですが、もちろん売り物ですよ。逝っちゃいます?

  • 2011/08/31(水) 21:10:55 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

はじめまして、たまにのぞかせていただいています。 私もこの車は見に行きましたが、黄色は日本では非常に珍しいと思います。 私は131アバルトに6年あまり乗っているのですが、レーシーな印象とは裏腹にいたって普通で乗りやすい車だと思います。 その普通さと鞭を入れた時の硬派な走りを両立させているのがこの車の最大の魅力かと。

  • 2011/10/03(月) 00:18:05 |
  • URL |
  • まるくあれん #Bgj6ebSw
  • [ 編集]

>まるくあれんさん
はじめまして。ご愛読いただきありがとうございます。
確かに、最近は死滅状態ですが、80年代以前のスポーツセダンはラテン車に限らず、ファミリーユースからスポーツユースまでこなすことができる懐の深さが魅力ですよね。
クルマを目的に合わせて複数所有することなぞ叶わなかった時代のスポーツセダンはこのフレキシビリティを当たり前のように備えていたと思います。それはジュリア・スーパーであったり、シムカ・ラリーやルノー・ゴルディーニを始めとするフランス車であったり、一度は所有してみたい気持ちにさせてくれます。

  • 2011/10/03(月) 22:10:03 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/793-2ce7c87f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。