走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄クルマを訪ねて ~その九~

一部のマニアックでフェチな読者の方から絶大な支持をいただいている「地獄クルマを訪ねて」と題したシリーズ記事ですが、もともとは私なぞ足許にも及ばないほどの地獄巡りを楽しまれている?オーナーのクルマをご紹介するという趣旨で書き始めたシリーズ企画でした。しかしそうそう変態?なオーナーとクルマに出会えるはずもなく、最近は開店休業というか取材対象車待ちという状態が続いており、このシリーズは存続の危機?に晒されていました。

さてどうしたものか…と考えていたのですが、ちょっと趣旨を変えてオーナーカーだけでなく、次の変態オーナーを待っているクルマもご紹介して行くことにしました。
考えて見れば地獄巡りを楽しむためには地獄クルマと出会わなければなりませんから、この記事をきっかけに潜在的にそういった性癖があった方がカミングアウトし、晴れて変態オーナーとして世に出るのは実に素晴らしいことではないでしょうか(笑)

115S3Q001.jpg

さて、新たなオーナーを待っている地獄クルマの第一弾でご紹介するのはアルファ・ロメオSpider Sr.3です。
なぁ~んだと思われる方はすでに立派な変態で、20年以上前のイタリア車を平気で買って乗るという行為は堅気のクルマ好きの方には相当な変態行為ではないかと思います。
115系Spiderに関しては様々なジャンルで記事にしてきましたのでその成り立ちなどの説明は省かせていただきますが、今回ご紹介するこの個体はSr.3というところが実にフェチなところです。

115S3Q002.jpg

ご承知のように115系SpiderはDuettoからSr.4まで大別すると4種類のモデルがあるのですが、全てのモデルを通じて一番人気のないのがこのSr.3だと言われています。何故人気がないかと言うと、それはひとえにこのエアロディナミコと呼ばれる後付のスポイラー類で、特にリアエンドの樹脂製のスポイラーはピニンファリーナの最高傑作の一つと言われるこのSpiderの伸びやかなフォルムを文字通りスポイルしていると言われました。
このマイナーチェンジは当時はスタイリングが旧くなったSr.2のフェイスリフトとしては一定の効果があったそうですが、それはあくまでこうしたエアロパーツが流行していた間だけのことで、これらのパーツが本当にSpiderの空力に影響を与えるはずもなく、単なる見かけだけのエアロパーツはすぐに飽きられてしまい、ゴテゴテして格好悪いと言われ敬遠されるようになってしまいました。
そして、エンリコ・フミアさんデザインによる次期916Spiderの計画が延期されたことにより、その悪評たらたらのエアロディナミコを取り払ったSr.4により、115系Spiderは有終の美を飾ることができたのですが、現在の目で改めて見たときに本当にこのSr.3は当時言われたほど醜悪か?と言うと意外にそうでもないと思います。

115S3Q005.jpg

私自身も最初に購入したSpiderはこのSr.3でした。その理由はSpiderの中で一番安かったからに他なりませんが(苦笑)、それだって立派な長所です。しかも、Sr.3には北米仕様のインジェクションモデルとは別にヨーロッパ仕様ではキャブレター仕様を選ぶことが可能でした。今から20年前とは言え、平成の時代の新車がツインキャブを装備しているなど他に例を知りませんが、アルファ・ロメオ伝統の4気筒DOHCエンジンをツインキャブレターで味わうことができたのがこのSpider Sr.3だったのです。そして私もそのキャブレター仕様のSpiderでアルファ・ロメオのDOHCエンジンを堪能させてもらいました。
おりしも当時は日本に正式にアルファ・ロメオが再輸入されはじめた時期で、日本に正規で輸入されたSpider Sr.3はフロントとサイドにさらにスポイラーをつけたVeloceと呼ばれる最上級仕様で、さらに北米仕様と同様にインジェクションモデルでしたから、Spiderをキャブレターで乗りたいと考えるオーナーはヨーロッパから並行で輸入するしかありませんでした。

115S3Q006.jpg

今回クイック・トレーディングに入庫したこのSr.3は1988年式というSr.3の最終仕様であるとともに、その希少なヨーロッパ並行モデルのキャブレター仕様です。
当時のアルファ・ロメオが装備していたキャブレターはウェーバー、ソレックス、デロルトの3種類で、性能的には大差はなかったのですが、現在はオーバーホールキットの供給問題などからウェーバーに換装される例が多いようです。この個体はとにかくオリジナル性が高く、おそらく純正装着であったソレックスのキャブレターが付いていました。さらについやってしまうスポーツクリーナーなどへの変更もされておらず、きちんと純正のエアクリーナーを装備しています。

115S3Q004.jpg

日本仕様のVeloceと異なるのはエンジンがキャブレター仕様であるだけでなく、サイドスポイラーなどはないスリークなスタイルも魅力です。そしてキャブレターに次ぐ魅力はこのタイヤサイズにあります。Veloceはオプションの15inchホイールを装着していましたが、ノーマル仕様はこの14inchサイズでした。15inchはSpiderのボディ剛性にはギリギリで明らかにオーバーサイズでしたので、この14inchホイールはそのデザインも含めて魅力的な装備です。

115S3Q011.jpg

115系Spiderの初期化に関しては何台かお手伝いをしましたが、最初からここまで出来上がったクルマは久しぶりに見ました。聞けば前のオーナーは相当手を入れたそうで、実際にその成果は佇まいに表れています。幌もきちんと張り替えられていますし、リアのビニールも美しい状態です。

115S3Q010.jpg

トランクは殆ど使った形跡がありませんし、ちゃんとトノカバー(これまた使った形跡がありませんでした)も揃っています。

115S3Q009.jpg

室内もヘンな改造はされておらず、ステアリングもノーマルのままです。ちなみにSr.3のステアリングはノンパワーアシストですが、据え切りはともかく少しでも動いていれば意外にその重さは気になりませんでした。特に中速でコーナーリングをする場合は、このほうがステアリングフィールがしっかりしていた記憶があります。
ステアリングを交換するのであれば、自分の腕力と相談して決めるべきで、ステアリング径を小さくすれば当然ながら重くなります。

115S3Q008.jpg

シートも破れ等は見当たらず、ブラックのビニールレザーに赤ステッチというお洒落な仕様です。後のSr.4のシートのセンター部分はアルカンターラですが、新しいうちはともかく経年劣化が激しいため、かえってオールレザーのこのシートの方が好ましく感じます。ただこのビニールレザーは破れ易く、ジーンズの鋲などで傷をつけるとあっという間に切れてしまいます。ただし張替えは比較的安価ですし、海外にはすっぽりと上からシートに被せるタイプのカバーもありますから服装なぞ気にせずにガンガン乗ったほうが精神衛生上も良いでしょう。

115S3Q007.jpg

オーディオに関してはツイーターをダッシュボードに取り付けてあったりと工夫の跡が見られますが、この辺りは次のオーナーの好みでどうにでもなる部分でしょう。ただ個人的な意見を言わせてもらえば、115系Spiderに関しては、ボディやダッシュボードからのガタピシ音に加えて外部からの音も煩いため、オーディオに凝るだけムダなような気がします(苦笑)


115S3Q012.jpg

マフラーはエンドが定番のANSA製に交換されています。リフトアップして底を見たわけではありませんが、恐らくセンターとフロントはノーマルでしょう。

それにしてもここまで綺麗なSr.3は久しぶりに見ました。お値段は相談とのことですが、初期化が必要な中古車の常識で、爆安物件を買ってから払う整備コストを考えると、恐らく充分リーズナブルなお値段になるのではと思いますので、変態の世界を覗いて見ようという初心者の方?にはお勧めの物件だと思いますよ。
詳細については直接クイック・トレーディングに問い合わせてみてください。その際にこのブログを見た…と言っていただくと…最初から変態として応対してくれることでしょう(爆)

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク

コメント

残暑見舞い猛暑あげます!?
この前お会いした時に見たショウルームに有ったスパイダーだとは、まあアタシのD-P号も似たようなもので買うときはかなりな勇気が必要でした。それにしても最初から変態客とわかるとその後の対応が変わってきますのであまりお勧めしません!

  • 2010/08/14(土) 00:34:02 |
  • URL |
  • P-幹事長 #-
  • [ 編集]

>P-幹事長さま
変態はクルマ趣味のハナシで、幹事長の変態とは全然違うと・・・(爆)

え-。
ネタに困ってるなら、私の続編やってもいいですよ?
もっとも、クイックさんが直しきったら地獄クルマから脱却するかもですが。
(ただし、私が”ネタの星のもとに生まれ付いている”ようなので、今後も話題には事欠かないとおもいます。)

  • 2010/08/14(土) 07:21:07 |
  • URL |
  • S氏 #-
  • [ 編集]

>Sさん
今回のネタは長編ですからね(笑)
治った暁には心して取材させていただきますね。

いつかはジュリアスプリントを手に入れて、ゃゃ変態さんの仲間入りをはたしたいところです。

  • 2010/08/17(火) 12:34:46 |
  • URL |
  • pekepeke #-
  • [ 編集]

>pekepekeさん
ジュリア・スプリントであればやや変態というより、ちょい変態というところじゃないですか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/787-1986bd85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。