走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Themaのオーディオ

クルマの中で聞く音楽を重視する方は多いでしょう。実際に車載オーディオに何十万(何百万?)もかけてサウンドチューニングを行う方のハナシも聞きますし、実際にハイエンドの車載オーディオのお値段はびっくりする程であるのも事実です。
ところがそもそも走行中の車内空間は音楽を聴くには決して良い環境とは言えませんし、特に私たちのようなクルマ好きにとってはエンジン音やエクゾーストノートも立派な音楽で、最近の国産車の行き届いた音振対策に比較すると、ちょっと旧いイタリア車はとてもリスニングルームの素材としても失格と言わざるを得ないでしょう。

それでもやはりクルマで音楽は聴きたいですし、そしてどうせなら少しでも良い音質で聴きたいと思うのは人情で、費用対効果を考えながらあれこれと思い悩むのです。
特に最近のアルファ・ロメオのオプションにあるような各車用に専用スピーカーチューニングされたBOSEのシステムなど、私が乗り継いできたちょっと旧いアルファ・ロメオには考えられませんでした。だいたいアルファ147以前のモデルはライン装着のしょぼいスピーカーに日本で調達した適当な1DINサイズのオーディオを付けてはい終わりというのが一般的でした。流石にそれではあんまりですので、オーディオには「AlfaRomeo」と書いてありましたが…(苦笑)、そのヘッドユニットも最新型ではなくあきらかに旧モデルをオーディオメーカーから買い叩いたであろうシロモノでした。

TAD001.jpg

私のThemaには916Spiderから移植したKENWOOD製のヘッドユニットを装着しています。このヘッドユニットは外観のシンプルさとMP3やi-Podをそのまま接続できるUSB接続ケーブルがあることで購入したのですが、さらに有難い機能がイルミネーションの色を調色できることです。
個人的にはあまりガチャガチャしたディスプレイは好きではありませんし、カーオーディオには車内で存在を主張して欲しくはありません。そういった意味からシンプルなデザインというのは重要な要素なのですが、更に重要なのがイルミネーションの色です。このThemaもそうですが、916Spiderのインパネのライトは薄いグリーンで、どちらかと言うと落ち着いた色調の柔らかい明かりです。その明かりの中でどんなにシンプルなデザインでもLED特有のヴィヴィッドな色調でオレンジのような色で光られたら折角の雰囲気を台無しにしてしまうのです。
このヘッドユニットはあらかじめ設定されている何種類かの色に加えて、ユーザーがRGBを調整して独自のイルミネーションを作ることができるのですが、設定されていたイルミネーションが気に入らなかったので、この機能はとても便利でした。

さて、Themaにももちろんオーディオが最初から装着されていましたが、どうやらそれは純正のものではなく、後にオーナーの好みで付け替えられたもののようでした。前に書いたようにヘッドユニットは交換しましたが、スピーカーは取りあえず現状のままとし、まずはどんな音が聞こえるのか試してみることにしました。

TAD002.jpg

そのスピーカーについてですが、Themaの標準はフロントとリアの4スピーカーでした。これは1991年当時のイタリア車としては極めて標準的です。私のThemaはそのリアスピーカーがALPINE製に交換されていました。オーディオに関してはあまり詳しくないので、このスピーカーにどれほどの能力があるか良く分からないのですが、少なくとも言えることはあまりにフロントとリアのバランスが悪いためリアからの音しか聞こえないのです。それは最初に聴いたときにリアのみの2スピーカーか?と思ったほどです。

TAD003.jpg

フロントのスピーカーはどこに?と思い探してみるとありました。916Spiderはドア下部にスピーカーが埋め込まれており、さらにツィーター?がドアの上部に取り付けてあったため、そこそこ良い音がしていたのですが、Themaはダッシュボードの下部に、しかも斜め下を向いてスピーカーがあるため、フロントからの音が殆ど死んでしまっているのです。
さらにどの程度のスピーカーか?と思いバラして見ました。おそらくこのフロントのスピーカーは純正装着されていたものだろうと思いますが、コアキシャルタイプと呼ばれるツィーターが一体となっているのは良いとしても、その出力は15Wと小さく、リアとバランスを取るためにこのスピーカーにパワーをかけると音割れをしてしまうシロモノでした。

TAD004.jpg

おそらく本格的にカーオーディオを追求するのであれば、フロントのスピーカーの位置を変え、デドニングを行い…といった大工事となるのであろうと思いますが、私自身にはそんな気はさらさらありませんし、そこまでしてサウンドを追求するクルマでもありませんが、もう少し何とかならないかと思い、フロントスピーカーを交換しようと考えています。

ところがこの楕円形のスピーカーは意外に種類がなく、交換スピーカーの選択肢もあまりないようです。
もうしばらく悩んでみようと思っていますが、もう少し音を良くするためにどなたか良い知恵があれば是非ともご教示ください。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:イタ車 - ジャンル:車・バイク

コメント

ドア加工まで許容できるならフロントドア下辺りに適当なスピーカーつけるのがいいかと思います。
腕のいい業者も多いですよ。
スピーカーが下向きなんてありえません。

ただこれ以上内装をいじりたくないのであれば、無理やりにでも今のスペースにつけるしかありませんね。

  • 2010/07/18(日) 00:54:12 |
  • URL |
  • なべ #-
  • [ 編集]

スピーカーの

取り付け部分を加工しちゃえば結構色んなスピーカーがつくんじゃないかな?
510さん得意のDIYで挑戦してください。
で、それもネタにすれば一石二鳥ざんす(笑)

  • 2010/07/18(日) 00:56:17 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

メーカーによって目指している音が違うからできればフロントとリアのスピーカーはそろえたいですよね。下向きのままなら無指向性スピーカーの得意なメーカーがいいかも。
それにしても、このスピーカーはエッジに亀裂が入ってるみたいだしまともに音が出てなかったのではないでしょうか。新品に換えるだけでもかなり違うと思います。フロントの音質にあわせてリアも換えてしまったらいかがでしょうか?

  • 2010/07/18(日) 07:10:42 |
  • URL |
  • きゃつお #-
  • [ 編集]

ご無沙汰してます。
これより前の記事でも色々コメントしたかったのですが、何せ時間がとれなくて。
(黄色の筆塗りってなんで難しいんですかね?とか)

今回はオーディオ作ってた経験とカーオーディオは自分でいじる派としてコメントを。

見た感じの作りだと、やっぱり皆さん仰るように位置が悪すぎます。
更に、スピーカーのユニットよりも重要なのは箱です。(デッドニングに言及されてるからご存知かもしれませんが)
内部の構造がわかりませんが、スピーカーユニットだけ替えても全然改善されないかもしれませんよ?

  • 2010/07/18(日) 07:19:17 |
  • URL |
  • S氏 #-
  • [ 編集]

お薦めスピーカー

フロントスピーカーのサイズが判らないので、使えるか不明ですが、こんなスピーカーがあります。
http://www.escorp.jp/product/detail.aspx?code=15340030&bid=15&cate=コアキシャルスピーカー
ボストンアコースティックスの製品ですが、欧州車のスピーカーはDIN規格の取り付けサイズのものも多いですから、取り付け可能かもしれません。
スピーカーグリルを装着せず、ユニットを露出させて使うと、少しは音がよくなるでしょう。
前後スピーカーの音量差は、前スピーカーが壊れていることもありますが、アルパインとの「能率差」によるものと推察されます。アンプのフェーダーで音量差を補正して使ってみてはいかがですか。

156時代にいろいろとたくさんやったなかで、対費用効果が高かったと思われるのは、ウッドのバッフルとヘッドユニット用の小さなキャパシタです。
ウッドバッフルは510様お得意の工作でいけると思いますし、ヘッドユニット用のキャバシタも3000円ほど。

キャパシタは今の164にもつけてます。オーディオは何より電源が重要だと思いました。

  • 2010/07/18(日) 19:54:30 |
  • URL |
  • masaking #-
  • [ 編集]

>なべさん
アドバイスありがとうございます。音響効果を考えるとスピーカーの位置を変更するのが一番であることは分かっているのですが、テーマのドアの構造がスピーカーが埋め込めない形状なんですよね(泣)。

>こ~んずさん
確かにそうですね。最終的にはダッシュボードを切れば大口径のスピーカーも埋め込めると思うのですが、それでも下を向いてるんですよね(苦笑)

>きゃつおさん
そうねんですよね。外してみたらボロボロとスポンジやらナニやらがこぼれて来たので相当痛んでいると思います。スピーカーのメーカーは揃えたほうが良いのですか?知りませんでした(汗)

>Sさん
ご無沙汰です。実は気になっているのがその「箱」の問題で、ダッシュボードの空洞にポン付けでスピーカーユニットがついてるだけなんですよね(苦笑)
ドアと違ってどこを共鳴して鳴らしているのか良く分かりません・・・(笑)

>事務局長さん
ありがとうございます。これ・・・サイズ的にはどんぴしゃですね。実はダッシュ側のカバーにスピーカーが取り付けてあるために、自立してダッシュには取り付けられないんです(苦笑)
バランス調整はやってみたのですが、フェーダーでフロントのバランスを上げると、音割れとダッシュのビビリ音が酷くとても聞けたものではありませんでした(泣)

>masakingさん
ありがとうございます。確かにその二つは効果ありそうですね。特にキャパシタは試してみようと思います。

>皆さん
それにしても皆さんのオーディオに関する知識の豊富さには驚きました。私なんか聞こえればいいや程度のコダワリでしかなかったのですが、皆さんのアドバイスを頂きもうちょっとマジメに考えてみようと思いました。
ありがとうございます。

テーマ恐るべし

おお、スピーカの位置一つでネタになってしまうところがこの車のすごいところですね。75の前期型はリアスピーカーはカバーだけで中身なしだったのを思い出します。へたにいじくるよりこのままの状態をキープした方が面白いのでは。

  • 2010/07/20(火) 12:19:56 |
  • URL |
  • なごやまる #-
  • [ 編集]

>なごやまるさん
確かにこれほど盛り上がるとは思いませんでした(笑)
フロントスピーカーはこのままの状態でもとは思うのですが、今時2スピーカーではねぇ・・・(苦笑)

Deltaの場合ですが…

はじめまして、Delta16Vと147GTAに乗る者です。
このサイズの楕円スピーカーは当時の欧州車では汎用規格だったようです、私のDeltaも同じような位置に同じようなカバーと共に取り付けられていました(SONY製でした)。
「Mac Mobil 915」という製品ですとトレードイン加工無しでOKでした。
http://www.j-voxx.com/macaudio9.html
Themaも同じかもしれませんね。
ご参考になれば幸いです。

私もAlfaRomeoDayによく参加しますが、164OwnersCulbの方々の楽しそうな雰囲気にはいつも好感をもっております。

  • 2010/07/21(水) 00:24:48 |
  • URL |
  • momo #-
  • [ 編集]

>momoさん
貴重な情報をありがとうございます。確かにこのスピーカーですと純正の15Wに対して35Wですから取り付け位置の問題はさておいてもかなり改善されるのでしょう。
Deltaの場合は付け替えてその効果はどうだったのでしょうか?

ALFA ROMEO DAYではいつも勝手に楽しませていただいてます(汗)
次回は是非お越しください。

はじめまして
2,3mmのアルミ板をジグソーで切りだしてアダプタを作り、それに10cm程度のフルレンジを付ける手もあります。ただ10cmのフルレンジは楕円よりは選択の余地があるが、取りよせか通販になります。アルミの切り出しは意外と簡単なのは言うまでもありません。

  • 2010/07/21(水) 17:00:43 |
  • URL |
  • nido #tUoy4cnE
  • [ 編集]

>nidoさん
なるほど。楕円にこだわることはないのですね。
アダプターをバッフル板として使えるので一石二鳥かもですね。
ありがとうございました。

オーディオのインストールの件

こんにちは、
Q4の部品もどうにか揃いましたので、今週末くらいには、工場から退院出来そうです。

ランチャのスピーカーの件ですが、
本格的なインストールは、費用対効果が悪いので、ツイーターで音場を上げて、後のスピーカーは撤去がよろしいかと思います。

私も、10年前に、同じテーマターボを所有しておりましたので、お悩みは分かります。

簡便な方法としては、

純正スピーカーは、160*95mmというサイズなので、これにこだわらず、10cmスピーカーからお選びになるとよいかと思います。

ちょっと高いですが、音質とエンクロージャーなしでの再生能力は国産の最新のものがやはり優秀だと思います。

http://pioneer.jp/carrozzeria/products/c_series/ts_c1010a.html

フロントの純正位置に、10cmスピーカーを取り付けられる、バッフルボードを作成する(難易度 ☆☆)

10cm径のスピーカー(ネットワークの付いた2way)を用意し、ツイーターは、Aピラーの根元あたりに、装着する。

配線関係に関しましては、アルパインのホームページで、車種ごとの分解方法と、配線図が詳しく乗っておりますので、ご参考に。

http://www.alpine-fit.jp/index.cgi

>Satoshiさん
ありがとうございます。確かにあのスピーカーの取り付け角度ですと、何を付けても同じかも知れませんね。
やはりツィーターでしょうか。できれば余計な物を視界に入れたくないのが本音なんですが・・・(苦笑)

Alpineは純正装着品です。

こんばんは(^^)
164Q4の時から楽しく拝見しております。
フロント、リアともにこのスピーカーが純正ですよ!!
残念ながらフロント側が、安い製品なのでコーンのエッジがボロボロになります(T_T)
ヘッドユニットは、アルパインとソニーのどちらかが付いてきました。
アルパインのヘッドユニットには、ランチアのエンブレムが入っていますし、型番をアルパインのサービスに伝えると「LANCIAへのOEM供給品ですね」と答えが返ってきますヨ。
アルパイン純正デッキと合わせると、JAZZが似合う室内空間になりますよ(^^)/
ソニーのは“適当”な品です。

  • 2010/07/31(土) 00:23:29 |
  • URL |
  • kuzuya4 #-
  • [ 編集]

>kuzuya4さん
貴重な情報ありがとうございます。リアのALPINEのスピーカーはとても純正装着とは思えないほど良い音が出ます。だから余計にフロントが・・・(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/777-1c613e51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。