走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡鰻ツーリング

SUT001.jpg

いつの頃からか鰻は高級魚になってしまいましたが、本来の鰻は夏場の庶民の味でした。
確か、土用の丑の日に鰻を食べる…という習慣は、かの平賀源内が夏場の売り上げ不振に困っていた鰻屋の依頼で考え出した日本最古のキャンペーン広告だったそうですが、当時は現在よりもっと日常生活の中で食されていた庶民の栄養源だったのでしょう。

暦は夏本番になろうとしているのになかなか梅雨が明けないこの時節に、静岡まで鰻を食べに行こう…と笹本氏からのお誘いに喜んで参加させていただいたのは、ALFAROMEO DAY以来のツーリングであったことと、わざわざ静岡まで出かけて食す鰻に惹かれたからなのですが、それにも増して新しく手許にやってきたLancia Themaの初めてのロングツーリングであったからでもあります。

今回笹本氏の仕切りで参加したのはアルファ164オーナーズクラブの面々でしたが、笹本氏は決してクラブのホームページで誘ったワケではなく、自身のブログで誘ったにも関わらず、これだけの面々が集まるのですから笹本氏のブログの認知度の高さ?が窺い知れます(笑)

SUT002.jpg

まだ梅雨が明けていないせいもあり、日曜にも関わらず集合場所の海老名SAは意外な程混雑していませんでした。しかし、そんな天気でも猛者はいるもので、こんな集団に遭遇しました。一見すると英国車のツーリングかと思われたのですが、仲間にはVolvo P1800や旧いメルセデスなんかも加わっており、なんだか和やかなお仲間でした。
それにしても幌の対候性など全く期待できないMG-TCで梅雨空の中にツーリングするのですから見上げた根性?です。

SUT003.jpg

一方の私たちはと言えば、遅れて来るアルファ156に乗るK君以外は皆ちゃんとアルファ164で、いくらTipo4の兄弟車であっても何となく肩身の狭い思いがします(苦笑)

SUT005.jpg

それにしてもアルファ164が並んでいる姿はいつ見ても壮観です。自分のLanchia Themaに比べると同じホイールベースであっても、エンリコ・フミアさんが苦労したフロントのボンネットラインの低さと他の兄弟車と異なり別デザインとされたドアパネルなどから、全く違ったクルマに見えてしまいます。

SUT004.jpg

しかし一旦一緒に走り出してしまえば不思議なもので、自分もアルファ164をドライブしている気分になってきます。おそらく何度もこうして仲間とツーリングをして来たからでしょうが、最近はSpiderでしたからそんな感覚はありませんでした。

SUT007.jpg

遅れてきたK君一家とも無事に富士川SAで合流し、鰻屋を目指します。笹本氏は以前にお茶業界にいたためにこの静岡界隈に詳しくなったそうですが、吉田ICを降りて大井川に沿って走っていると、予告もなしにいきなり河原の駐車場にクルマを停めました。道にでも迷ったかと思っていると、何と観光案内とのことで大井川にかかる日本最長の木造橋を見せてくれたのです。
ご承知の通り大井川は江戸時代に江戸に攻め込む敵を防ぐために法律で橋をかけることを禁止されていたのですが、もともとが暴れ川で、流れが急でしかも川幅があったために橋を架けることが困難な川でもありました。そのために旅人が川を歩いて渡るのは命がけで、安全に渡るためには川越人足という地元のガイド兼人足に料金を支払って、おぶってもらったり、戸板に乗せてもらったりして川を渡してもらわなければなりませんでした。

SUT006.jpg

ようやく明治12年に周囲の茶畑の開墾のために架けられた橋がこの蓬莱橋で、全長897.4mは木造の橋としては世界最長なんだそうですが、残念ながら天気が悪かったため渡らずに(料金が100円かかるそうです)、記念撮影をして見物するだけにしました。それにしてもこうして観光スポットに案内してくれるとは思いませんでしたので、笹本氏のサービスにびっくりしてしまいました。

SUT008.jpg

島田駅を目指してさらにしばらく走り、路地を曲がった先に目指す鰻屋はありました。正直言ってこうして連れて行ってもらえなければ絶対に見つけることなぞできないであろう場所です。聞けば笹本氏も何度か地元の方に連れて行ってもらったので知っていたそうで、おおよそ観光マップなどには載っていない「知る人ぞ知る」場所でしょう。

SUT009.jpg

そしていよいよ鰻の登場です。あらかじめ笹本氏より「素朴で庶民的な鰻だよ」と聞いていたのですが、どうしてどうしてボリュームがあるのは流石ですが、それ以上に美味しいことに感激しました。
東京の背開きと違って関西風の腹開きで捌かれた鰻は、蒸さずにそのままタレ漬けで焼き上げられているのですが、思った以上に柔らかくて気がつけば皆黙々と平らげていました(笑)

SUT010.jpg

お腹が一杯になったところで、次に連れて行ってくれたのは何と茶畑でした。
これまた笹本氏が昔お世話になったという農家で、その茶畑の中を案内してくれたのです。

SUT011.jpg

日常生活の中で遠目で茶畑を見ることはあっても実際にその中に入って行く経験はそうはないでしょう。しかも笹本氏だけでなく、一緒に行ったJOEさんは現役のお茶屋さんですので、二人の知識で私たちシロートのどんな質問にも答えてくれます。

SUT012.jpg

社会科見学の後は買い物で(笑)、次なるお目当ては焼津のさかなセンターです。

SUT013.jpg

ここは東名の焼津インターの傍という素晴らしい立地で、思わずおみやげを買ってしまうという実に心憎い市場でした。

SUT014.jpg

私たちはここで失礼したのですが、皆はさらにバケツプリンというデザート探検に出かけたようです。
観光地を巡るツーリングも楽しいのですが、こんな裏メニューも実に濃厚で、メンバーが順番に自分の縄張り?を案内するツーリングを企画するのも面白いかもしれません。
さて、次の幹事さんは誰でしょうか…?

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ドライブ - ジャンル:車・バイク

コメント

鰻ツーリング

いいですねっ!
まさかこんなすぐに鰻ネタが出るとは思いませんでしたが(笑)

  • 2010/07/14(水) 18:55:43 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>こ~んずさん
私もお誘いを受けたときに思わず笑ってしまいました。でもこうしてご紹介してもなかなか行けないと思います(苦笑)

おお、すてきなツーリングですね。それにしても笹本氏のガイドとしての有能さ、そして旺盛なサービス精神、これはツーリングを主催する際にはぜひ見習いたいです。それにしてもよくこの蒸し暑い時期にエアコンの効かなそうな車が集まりましたな。みなさん汗だくだったのでは。

  • 2010/07/15(木) 10:14:39 |
  • URL |
  • なごやまる #-
  • [ 編集]

>なごやまるさん
そんなことはないですよ。Lancia Themaは寒いくらいエアコンが効きますし、Q4も164の中では効くほうだと思います。約1台、エアコンはおろかブロワーファンまで動かないQVが参加してましたが(爆)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/774-d86cf7eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。