走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内装のリフレッシュ

先日のブログでTHEMAの内装やメッキモールをなんとかする…と書きましたが、生憎の入梅のためなかなか作業をすることができませんでした。天候に関係なく作業ができる屋根つきのガレージが手配できる方には何の問題もないのでしょうが、私のような庶民は駐車場所は青空ですから天候が悪い場合は何もすることができないのです。

そこでまずは梅雨の晴れ間を狙って内装のリフレッシュをしました。内装のリレッシュといってもシートやカーペットの丸洗いなどという大それたものではなく、白ボケて光沢のなくなった内装の樹脂パーツを磨いてやった程度ですが、一手間かけてやるだけで随分と仕上がりが違うのです。その一手間とはいきなり保護ツヤ出し剤を塗るのではなく、その下地を充分にきれいにしてしてやることです。

LTI001.jpg

私が使っているのは写真のアーマオールの製品で、おそらく殆どのカー用品店で入手できるものだと思います。
まずは、クリーナーで樹脂パーツの汚れを落とします。この時点ではまだ樹脂パーツにツヤは復活しませんが、ウエスが真っ黒になりますのでちゃんと汚れが取れていることが分かります。

LTI002.jpg

その後に保護ツヤ出し剤で磨いてやると…

LTI003.jpg

このようにしっとりとしたツヤが復活します。この要領で全てのドアや内装を仕上げて行きます。

LTI004.jpg

THEMAの内装は凝った造形なので拭き残しが出やすいのですが、これだけ表面が汚れていると拭き残しが目立ってしまいますので、コマめにタオルを隙間に入れて拭き残しのないように仕上げます。

LTI005.jpg

運転席周りは運転しているときにイヤでも目に入りますので自然に力が入るのですが、意外に気が付かないのが助手席で、運転席に座って拭き掃除をしていると、助手席から見て目立つ場所に拭き残しがあったりするものです。

LTI006.jpg

ちゃんと最後には助手席にも座って、拭き残しのないように注意して仕上げます。

LTI007.jpg

さて、青空駐車場では天候に左右されるためなかなか作業がはかどらないのですが、そんなときに使っているのがビルの地下駐車場です。特にオフィスビルの地下駐車場は休日になると閑散としており、こうした作業をするにはうってつけの場所となります。もちろん不法侵入しているワケではなく、ちゃんと時間貸し有料スペースがある駐車場に行って駐車料金を払って作業をしているので何もやましいことはないのですが、ちょっと忍び込んだ罪悪感があるのも確かです(苦笑)
万が一差し障りがあると困りますのでこの場所はナイショにしておきますが(笑)、この地下駐車場の洗車場所は実に使いやすく気に入ってしまいました。

LTR001_20100623210721.jpg

そしてここでの作業はいよいよご期待の?メッキモールのツヤ復活です。アルファ164も後期型のSuperにはこのメッキモールが効果的に使われているのですが、経年劣化でメッキがくすんでしまうようです。折角のアクセントとして使われているメッキモールが錆びたりくすんだりするとかえってボロく見えてしまい逆効果となってしまいます。

LT009.jpg

1960年代以前のクルマに見られる金属部品の表面処理としてのクロームメッキはスタイリング上のアクセントとしての役目だけでなく本来の錆止めとしての目的もあったのですが、このTHEMAやアルファ164は樹脂部品にメッキされていますので純粋に装飾用としての役割しかありません。そしてそのメッキもピカピカのクロームメッキではなく、高級感を狙ったのかツヤを抑えた仕上がりとなっています。
このメッキモールを復活させるのですが、今回は試行錯誤の結果、おそらくこの手順が良いのではないか…というものをご紹介しましょう。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:イタ車 - ジャンル:車・バイク

コメント

メッキモールの修復ですね!メッキが剥がれた状態ではコンパウンドで磨いてもきれいになりませんし、簡単なのはメッキテープを張る、でしょうが、ちょっと安易すぎますね。若干つや消しということでスーパーメタルスプレーで塗るが正解でしょうか?

  • 2010/06/26(土) 08:01:42 |
  • URL |
  • 名無しのアルフ #-
  • [ 編集]

>名無しのアルフィスタさん
メッキテープは最後の手段でしょうね(笑)。ただ熱くなる場所ですのですぐに張替えは必至でしょう。
今回は実験をしながら効果のある方法を探してみましたのでご期待?ください。

アーマオールいいですよね。
樹脂のめっきモール、期待しておきます。

  • 2010/06/26(土) 12:35:32 |
  • URL |
  • pekepeke #-
  • [ 編集]

>pekepekeさん
あんまり期待されると・・・(汗)
でも、個人差もあると思いますが、こういう実験って好きなんですよね~

メッキの復活に関して

はじめまして。
逗子に住むSatoshiと申します。
貴兄のブログに触発され、アルファ164Q4の二年不動車を、現車確認なしに購入し、現在、燃料ポンプ、ヒーターコアの交換のために、工場に入庫中です。

小生も、ランチャテーマ ターボ 5速MTを10年くらい前に保有していました。長距離も楽でしたし、何と言っても8.32よりも速かった覚えがあります。

なお、メッキに関しましては、私も相当色々と試してみましたが、決定版は、住友3Mのウルトラフィーナというコンパウンドです。手で施行するのはかなり疲れますが、バフで研磨すれば一発で綺麗になります。

私の記事はこちら

http://irrationalexuberance-satoshi.blogspot.com/2010/01/blog-post_18.html

http://www.amazon.co.jp/3M-5939-%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8A-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89SC/dp/B003065H54/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=automotive&qid=1263745848&sr=8-3

>satoshiさん
始めまして。某BBSにご質問を書き込まれた方ですよね。素晴らしい車歴にびっくりしてしまいました(笑)
ご紹介いただいたコンパウンドは是非次の機会に試してみますね。ありがとうございます。
164Q4はちょっと手ごわいかもですが面白いクルマですので是非お楽しみください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/767-d9ec3b5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。