走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つがいの魅力

意識的なのか偶然なのかは分かりませんが、今回のカフェ・ド・ジュリアは2台を一組にして展示しているケースを多く見かけました。その組み合わせは同じモデルであったり色違いであったりと絶妙で、見学する側からすると楽しませてもらいました。

CDG040.jpg

二台のGT1300Juniorです。ホワイトとシルバーという地味なカラーの組み合わせでありながらその存在感は抜群でした。

CDG032.jpg

今回の「つがい」の極めつけはほぼ同じ仕様のGTAです。どちらも以前にご紹介した川崎のデル・オートさんでレストアされたものですが、唯一と言ってよい外観上の違いは…。

CDG033.jpg

バンパーの有無でした。しかしこれは実に興味深い対比で、GTAに限らずGiuliaのオーナーの悩みどころがこのバンパーを取り外すか否かなのです。

CDG037.jpg

このつがいは2000GTVですが、そのボディコンディションは雲泥の差でした(笑)
シルバーの2000GTVは同行したR君の愛車で日本で唯一の純正AT仕様のものです。実は今回のイベントには参加が危ぶまれたのですが、何とか修理が間に合って参加することができました。その修理とはリアのサイドウインドーの交換で、走行中にガラスを飛ばしてしまうという失態を演じ、八方手を尽くしてようやく中古のガラスを手配できたために、参加することができたのです。
このガラスについてもいざ手配するために調べてみると実に興味深いものがありました。Giulia SprintのリアサイドガラスはStandardと呼ばれるクリアガラスのものと、Athermanousと呼ばれる断熱コーティングを施された薄いグリーンの二種類があるのです。しかもそのどちらが装着されているかはあまり明確なルールが見当たりません。一説によると初期型はクリアで後期型はグリーンとのことですがそれも定かではなく、事実R君の2000GTVは最後期モデルですがどうした訳かクリアガラスでした。
今回はガラスが丸ごと無くなってしまったので、このガラスに加えてガラスに付属していた金具類も全て手配しなければなりませんでした。その中で最も困ったのはチャネルモールディングと呼ばれるガラスをBピラーに接続する金属製のレールで、この部品は現在は欠品となっています。ちなみに部品番号は105.02.59.264.00(左)105.02.59.263.00(右)ですので、もし中古部品でも見つければ持っていて損はないでしょう。
今回は主治医のクイック・トレーディングでこのパーツを自作してもらい装着することができたのですが、こうした旧いクルマの場合は部品が壊れたり外れたりしても安易に捨ててはいけません。こんなものが…と思うような部品が欠品で手に入らなかったり、ASSYでしか入手できなかったりするのです。

CDG038.jpg

一方で素晴らしいコンディションであったのが隣の2000GTVで、サイドのプレスラインがバッチリと決まっているだけでなく車高の下げ具合も絶妙でした。

CDG036.jpg

同じシルバーの2000GTVでも極上車もちゃんとあり、この個体は本当に素晴らしいコンディションでした。
それにしてもR君のヤル気のなさにはあきれるばかりで、たまたま会場で雑誌の取材を受けた折にも自分のクルマであるにも関わらず、クルマの解説を私にやらせたりと今回も全開でした(笑)

CDG035.jpg
CDG034.jpg

新車の時から日本にある…という「つがい」がこの2台でしょう。日本への正規輸入第一号車のGiulia Sprint GT1600と4R ZAGATOです。そのシングルナンバーと佇まいから醸し出される風格は別格でした。

CDG031.jpg

別格と言えばおなじく友人の青ガエルさんの1600Junior-Zagatoも別格で、そのコンディションはずば抜けており雑誌で紹介されたりイベントで展示車に選ばれたりするのが良く分かります。

CDG039.jpg

やっぱり気になるのは1750GTVです。私がGiulia系を手許に置くとすればその最右翼は1750で次がDuettoでしょう。
こうして会場内の素晴らしいクルマ達をのんびりと見て回ることができるのがこのカフェ・ド・ジュリアの最大の魅力なのですが、今回は更なるプレゼントがありました。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

コメント

うおお、ジュリア系のフルラインアップですね。個人的には紺の2000ベルリーナがとっても気になります。

  • 2010/04/26(月) 12:27:16 |
  • URL |
  • なごやまる #-
  • [ 編集]

GT1300Junior!素敵過ぎです。
シルバーだとバンパー付の方が似合いますね。白だと悩むかも(笑)。

  • 2010/04/26(月) 12:39:57 |
  • URL |
  • pekepeke #-
  • [ 編集]

>なごやまるさん
Berlinaは昨年のフィーチャーモデルでしたね。地味ですけど実に味のあるアルファだと思います。白髪になった老夫婦が乗ってると格好良いですかね。

>pekepekeさん
みんな悩んでいるみたいですね。会場ではあちこちでその種の会話が聞かれました(笑)
バンパーの有無だけでなく、ホイールとのマッチングやら車高の調整やらGiulia Sprintは乗り手のセンスを問われるクルマだと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/746-1e779cff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。