走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VITALE ITALIA ~その参~

2010VI-027.jpg

特設Museoを後にして一歩外へ出てパドックを見物すると、あちこちに気になるクルマが駐まっています。私たちのクルマもそうですが、こうしたイベントでは参加車も展示車で、コトによると展示車以上の「お宝」が潜んでいる場合もありますので丁寧に見ていく必要があるのですが、今回のように膨大な参加車ですとなかなか目に留まらないクルマもあり、必ずしも全ての「お宝」を見ることはできなかったと思います。

2010VI-026.jpg

やはりフェラーリやランボルギーニには多くの見物者が集まるのですが、興奮するのも最初のうちで段々と見慣れてくると感覚が麻痺してきて、フェラーリやランボというだけではスルーするようになってしまいますが(苦笑)、笹本氏からは「乗ってきた愛車」の前での撮影を強要されてしまいました(爆)

2010VI-029.jpg

でも、個人的に目が行くのはどんなに高価な最新のモデルよりも、大切に乗られたちょっと旧いモデルになってしまいます。このツートーンに塗装されたX1/9はレーシーなモディファイが多い中にあって上品な雰囲気を醸し出していました。

2010VI-028.jpg

マゼラーティが集まっているコーナーに行くと、真っ先に目に飛び込んできたのはやはり最新のGran Tourismoではなく、珍しいSebringでした。

2010VI-030.jpg

そして素晴らしいコンディションのMistralです。

2010VI-032.jpg

さらに度肝を抜かれたのが、このクルマです。スーパーカーブームを経験された方でも即座に車名を言える方は少ないのではないかと思います。

2010VI-033.jpg

私もとっさには分からなかったのですが、これはIndyで初代Ghibliの後継モデルとして発表されたフル4シーターのクーペです。フル4シーターと言うだけあって後席は+2ではなく、本当にオトナが2名乗車できるスペースが備わっていました。しかも、スタイリングは抜群で全くその室内長を感じさせませんでした。

さらにボディ仕上げ剤のデモンストレーションブースにはDAYTONAが鎮座していました。

2010VI-034.jpg

そのDAYTONAは珍しい前期型で、フロントライトのカバーがプレキシグラス(アクリル)なのが最大の特徴です。DAYTONAは後期型になってこのフロントライトカバーがスチールとなり、そちらのほうが生産台数も多く一般的ですが、オリジナルデザインはこの前期型です。

2010VI-035.jpg

そしてお隣は275GTBです。もはや桃源郷でしょう(笑)

2010VI-036.jpg

デモンストレーションブースですので、担当の方が一生懸命磨いていましたが、サンプルとされたクルマがあまりに凄過ぎるため、あまり磨いた結果をアピールすることができなかったのではと思います(苦笑)

2010VI-037.jpg

参加車の中でも変わりダネとしてはこのピンクのFIAT500です。ご存知の方も多いかと思いますが、このモデルは限定で販売されたバービーとのコラボモデルです。

2010VI-039.jpg

室内にはバービー人形がディスプレイされていたり、ピンクで統一された小物が置いてあったりと、おおよそ硬派のクルマイベントにはそぐわない雰囲気だったのですが、これだけ束になって来られるとこれはこれでアリなのでは…と思えて来るから不思議です(笑)

2010VI-038.jpg

これも偶然会場で見つけた珍車です。車名が分かる方が何人いらっしゃるでしょうか?FIATヲタクの方の中でも商用車ヲタクというニッチなヲタクの方以外は恐らくムリでしょう。
当然ですが、私自身もこの方面は全くのシロートですので分からなかったのですが、オーナーがちゃんと車名をフロントガラスに挟んでおいてくれました。1970年のFiat850Tだそうですが、850ということはリアエンジンで、実際にそのサイズからは想像できないほどスペースユーティリティに優れたバンでした。

2010VI-040.jpg

最後にご紹介するのはあくまで個人的な好みですが、ALFAROMEO GTVのCUP CARです。最近は見かけることがめっきり少なくなってしまったのですが、ALFA ROMEOがGTVのワンメイクレース用に仕立てたレース車両でその仕上げやスポンサーデカールの貼り方のセンスなど、現在アルファ・ロメオチャレンジなどに出走しているアマチュアレーサーの皆さんが一度はお手本に…と意識したモデルです。

何せ500台以上が集まったイベントですので、その全てをご紹介することは不可能で、フェラーリなどはF40LMや288GTOなどご紹介すべきクルマは数多いのですが、こうしたモデルは恐らく他のブログでご紹介されているでしょうから(苦笑)、気になる方はWebを検索して見てください。

さて、ようやくパレードランの時間が近づいて来ました。私たちもクルマに戻ってスタンバイすることにしましょう。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

コメント

Sebring、Mistral、Indy!どれ一つとっても都市伝説級の希少車(^_^;)。
あらためて凄いイベントだったんですね~。

  • 2010/03/29(月) 12:33:49 |
  • URL |
  • pekepeke #-
  • [ 編集]

>pekepekeさん
昔ならB級スーパーカーと言われたのかもしれませんが、その味わいは珍味ですよね(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/738-886d01d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。