走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルファ164の名作記事

私がアルファ164Q4を中古並行で購入したのは1999年ですので、このクルマとの付き合いは、もはや8年目になろうとしています。しかし年式は1995年ですので、製造されてからは12年が経ったことになります。
新車として発売になった当初は、各自動車雑誌がこぞって記事を掲載し、ジャーナリストの皆さんは試乗をしてそのクルマの特徴やら魅力やらを雑誌に書くのですが、発表から年月が経ってしまうと、そうそうは記事になることがなくなってしまいます。
確かにそれには事情があり、発売当初は自動車メーカーやインポーターがプレス向けの試乗車を用意して貸し出してくれるのですが、しばらく経ってしまうと車庫などの経費の問題から、次の新型モデルと入れ替わりに売却されてしまい、試乗したくてもできなくなってしまうからなのです。
従って、編集部がどうしても記事にしたい場合は、試乗車を販売店やオーナーから探して調達するという手間をかけなければならないのですが、それだけの苦労をするのですから当然、プレスキットから写真を拝借した「チョイ乗り記事」ではなく、カメラマンがちゃんと撮影し、ジャーナリストの皆さんが独自の視点から試乗した、読み応えのある編集ページになります。

アルファ164の場合も同様で、1987年のフランクフルトショーでの発表当初、そして日本での発売当初は数多くの雑誌に紹介記事が掲載されたのですが、それ以降はあまり記事になることはなくなってしまいました。
そんな中で、1998年のAUTO CLUB誌3月号に「ビッグ・アルファの粋」と題して掲載されたアルファ164各モデルの記事は、編集部が独自に試乗車を調達し、ジャーナリストが乗り比べを行った14ページに及ぶ、数あるアルファ164の記事の中でも「名作」と言われる記事です。

20070119225304.jpg

改めて読み返してみて気がついたのですが、その中で「新旧オートマ対決」と題してアルファ164 3.0V6とSuper24Vの試乗比較を、そして「新旧マニュアル対決」と題して、アルファ164QVとQ4の比較を書いていたのは、ナンと!あの森慶太氏ではありませんか(笑)!

20070119225315.jpg

我らが(笑)モリケータ氏は、よほどアルファ164がお好きと見えて、(というかご本人はたぶん仕事だから…と言うのでしょうが)ちゃんと独特の味のあるモリケータワールド?を記事の中で展開されていました。
森氏はこの記事の冒頭でアルファ164のデザイン全体を評して…、

(前略)
「パーツひとつひとつを観察すると、それはそれはアバンギャルドなカタチをしている。しかしクルマ全体を見ると、コンサバティブなセダン以外の何物でもない。モードとトラッドが絶妙のバランスで同居している…164が他のセダンに埋没しないのはデザイナーの手腕によるところが大きい。‘80年代に生を享けたセダンのなかでも白眉といえるだろう。」

と述べています。そしてV6エンジンに関しては…、

「そしてこの美しいボディの下には、一説にはフェラーリのV8エンジンより官能的といわれる、V6エンジンが収まっている。別に強烈なスペックを有しているワケではない。むしろ日本車を見慣れた目には平凡に映るものだ。けれど、一度アクセルを開ければ“クルマはスペックじゃない”という常套句を実感することになる。間違いなくに。
 とにかくこのエンジンは凄い。4000rpmを超えればあとはもう陶酔の世界。心地良い排気音が高まるにつれ、全身の毛という毛が逆立つような感覚に魘われる。
“チキン肌製造機”
 誰が名付けたか知らないがけだし名言である。」

と相変わらず絶賛しています。

そしていよいよ本編の乗り比べでは、アルファ164 3.0V6を…、
「旋回中に沈む感じは、まさにアルファ。」
アルファ164 SUPER24Vは…、
「各部の精度が上がり個性が薄れた無国籍カー。」
と評し、アルファ164 QVは…、
「ライトウエイトスポーツカーのようなセダン。」
と述べ、アルファ164Q4を…、
「凝った4WDシステムを搭載した164の皮を被った巨人。」
と結論づけています。

後にも先にもこれだけのページ数を使って、これだけ内容の濃いアルファ164に関する記事はないと言えます。それはこの記事が、単に各モデルの特徴やメンテナンスガイドからなる「中古車購入ガイド」ではなく、アルファ164を愛する森氏を始めとする編集に関わった方々の「賛歌」となっているからに他なりません。

もし、古書店やオークションでこの雑誌を見つけたなら…、
断然、「買い」 です!!

クリック↓お願いします!
b_01.gif



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/72-1f37fea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。