走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Coppa di Tokyo ~その伍~

CDT-079.jpg

300,000アクセスの行方も気になりますが、引き続きCoppa di Tokyoの模様をお伝えしましょう。
いよいよVintage & Post Vintageのクラスです。戦前のクルマということもあり、今回のラリーコースはその距離も手頃だったのではないでしょうか。

CDT-080.jpg

1924年 BUGATTI T13 BRESCIAです。BUGATTIはファンの多いクルマですが、その魅力は性能だけでなく美しいことで、実際に部品の加工精度を含めて全てのパーツが工芸品のように美しいことなのだそうです。

CDT-081.jpg

BUGATTIも素晴らしいのですが、どうしてもイタリア車に目が行ってしまいます(苦笑)

CDT-073.jpg

1935年 FIAT 508S BALILLA MMです。1932年に発表されたFIAT BALILLAは比較的安価であったために、イタリアでのモータリゼーションを一気に加速させたモデルです。当時としては大量生産で、1937年の生産終了までに11万台以上が生産されました。

CDT-076.jpg

当然、様々なボディバリエーションがあり、セダンからスポーツモデルまで幾多のモデルが作られ、その中には魅力的なスポーツモデルがあります。

CDT-071.jpg

こちらは、1933年 FIAT 508S BALILLA COPPA d'OROです。

CDT-075.jpg

目玉と言えるクラスが50's 60's SPORTS CARのクラスですが、実際にはZAGATOクラスの影に霞んでしまっていたのは残念でした(苦笑)
このクラスにはイギリス車、ドイツ車も数多く参加していたのですが、ここはやはりイタリア車を中心にご紹介しましょう。

CDT-084.jpg

1960年 FIAT ABARTH MONO MILLE SCORPIONEです。

CDT-085.jpg

ABARTHの特徴でもあるリアゲート開けもモデルにより様々で、この2重の開け方はなかなか格好良かったです。

CDT-083.jpg

本来ならばじっくりと眺めるはずのALFAROMEO GIULIETTA/GIULIA SPIDERです(苦笑)

CDT-086.jpg

1961年 ALFAROMEO GIULIETTA SPIDERです。

CDT-087.jpg

1964年 ALFAROMEO GIULIA SPIDERとのツーショットもあまり見ることの出来る光景ではありません。こうして2台を並べると違いが良く分かります。

CDT-088.jpg

どちらが好きかは好みの問題ですが、個人的にはやはりオリジナルのGIULIETTAの方が好ましく思えます。もちろん所有するとなるとハナシは別で、改良されたGIULIAの方がずっと乗りやすいのだろうと思います。

CDT-082.jpg

1969年 ALFAROMEO GIULIA SPRINT 1300GTA JUNIORです。このイベントにあっては随分と近代的に見えてしまいます(笑)

CDT-089.jpg

もはや何も言うことのない1963年 FERRARI 250GT SWBです。

CDT-090.jpg

抱きつきたくなるようなスタイリングはやはりFERRARIの250シリーズで、GTOと並び甲乙付けがたい美しさを持っています。

CDT-091.jpg

現在250GTOのプラスチックモデルを製作中で、リアマフラーの形状が気になっていたのですが、こうして実物を見て納得できました。

CDT-092.jpg

世界的な不景気からこうしたクルマ達も世界的に売り物が増えているそうです。特に日本にあるクルマはその整備も行き届いており、為替の問題から高価になってしまうにも関わらず海外からの引き合いが増えているそうで、その国の経済状態から流出したり流入するのは止むを得ないことなのかも知れません。
こうしたクルマは絵画や宝石などと同様に価値の安定した財産という見方もあるでしょうが、同時に文化的遺産であるという価値観を持ち合わせたオーナーである限り、なるべく国内に留めて欲しいと願います。

それにしても濃密で夢のような時間を過ごさせていただきました。来年もこのイベントは要チェックです。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/707-4f4f4679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。