走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざサーキットへ(前編)

SC1.jpg


アルファ164Q4などという稀少車に乗ってしまうと、必然的にトラブル情報を求めてオーナーズクラブなどの団体に所属することになります。
そもそもは、そのオーナーズクラブの集まりで
「アルファ164でサーキット走ったらウケるだろうな~」
と口走ったことが始まりでした。

個人的にはアルファ164というセダンは日常のアシとして充分使い倒せるクルマだと思っていますので、クルマを極端に大事にする一部のオーナーズクラブメンバーに対する反発もあっての発言でした。当然、周囲は大反対ですし、
何より戦闘力なぞ全くありません。
しかし・・・アルファ164などというセダンをサーキットに持ち込み、例え速くなくても全開でブン回し、自ら楽しむことにより、常日頃から発言してきた
「クルマは走ってナンボ」
という言葉を実践できるのではと、ヘンな使命感に勝手に燃えてしまったのです。

すると不思議なことに、仲間が現れました。彼のクルマは私のアルファ164Q4に負けず劣らずの希少車、アルファ164QV(Quadrifoglio)です。私のが4輪駆動であるのに比べて、アルファ164QVはFFです。しかし、アルファ・ロメオが限定車であるが故に特別にチューニングしたV6エンジンは、吹け上がりが軽いだけでなく、そのサイズを感じさせない軽快なハンドリングで、かの小林彰太郎氏に
「これ1台で充分」
と言わしめた名車です。それを私とともにサーキットに持ち込んで走ろうと言ってくれた同志が現れたことに感激し、Q4・QVのQコンビでサーキットを編隊(変態?)走行し、周囲の度肝を抜いてやろうと共に決意し準備を開始したのでした。
初陣はSparco Cup第一戦の那須サーキット。直線の短いショートコースで重量級セダンには不利なコースです。

準備といっても私はせいぜいオイルを新しくし、タイヤをチェックしたくらいでサーキットに行ったのですが、彼の準備は半端ではありませんでした。彼はなんとSタイヤを履いてきたのです。はっきり言って走行会レベルでは反則技(笑)です。しかも、私は何度かサーキットでの限界走行の経験があったのですが、彼は初めてのサーキットです。一抹の不安が脳裏をよぎりました。持ち込んだのは貴重なクルマですから、万が一のことがあれば誘った私は寝覚めが悪いことこの上ありません。
「無理しないで」
を連発して、いざコースインとなりました。

周囲は車重が軽いクルマばかりです。どうやら、いかに上手に抜いてもらうかが安全に走行するコツのようですが、タイヤを暖めるヒマもなく飛び出したのは例の”Sタイヤ”アルファ164QVです。
ご存知の通り、暖まっていないSタイヤはノーマルタイヤよりはるかに始末が悪いのですが、彼は気にせずガンガン攻めまくります。私は何とか前に出て彼を押さえようとしましたが、私より160kg程車重が軽い彼のアルファ164QVはコーナーの立ち上がりで簡単に私を離してどんどん前に行きます。
そうこうしているうちにタイヤが温まってきたのか彼のクルマの挙動が変化し始めました。Sタイヤがグリップし始め、走行ラインも安定して来ました。それに彼が気付いたのかどうか分かりませんが、彼のクルマは明らかにコーナー手前のブレーキングポイントが深くなってきました。

「をいをい・・・ブレーキやばいんじゃないの?」

(続きは明日…)
SC4.jpg

スポンサーサイト

テーマ:サーキット走行 - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/7-3d27f1f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。