走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車文化の見識

full.jpg

あのメーカーのことだから予想していたこととは言え、ついにトヨタがF-1から撤退することとなりました。
昨年のホンダに続いての撤退ですから、これで来期は日本のコンストラクターはF-1界から全くいなくなることとなります。加えて唯一のタイヤサプライヤーであったブリヂストンも来期限りでタイヤ供給を中止するとのことですので、これで日本の企業はスポンサーを除いて完全にF-1界から消え去ることとなります。

企業は営利目的で活動していますから、F-1への参戦が企業利益を圧迫し経営的にマイナスであると考えるのはある意味仕方ないと思いますし、ましてや、先に撤退したホンダがそのリソースをハイブリッド車などの環境対策技術に投入し、一足早く業績を回復しているのですから、トヨタの焦りもいかばかりかと思います。その経営判断としてのF-1撤退は各企業が独自に行うべきで、企業活動としてF-1に参戦したのであれば、株主でもない限り、その決定をとやかく言うことはできないでしょう。

しかし、誤解を恐れずに言うなら・・・、

「その程度の見識ならば二度とF-1には戻って来るな!」

と思います。

F-1に限らず、モータースポーツは欧米では立派な伝統ある文化として認知されています。乱暴な例えですが日本のプロ野球リーグに外国チームが儲かるからと参入し、さらに自分たちの都合で、それどころじゃなくなったからと出て行ったら日本人はどう思うでしょうか。

FIAのかつてのアイルトン・セナに対する人種差別的な言動といい、ターボ時代のあからさまなホンダバッシングなど、正直な話、本来のF-1はヨーロッパのチーム以外の参戦なぞ望んではいなかったでしょうし、それが遠い極東の日本からともなると、お客様状態で下位を低迷してくれるならまだしも、フェラーリとタメを張ったり、上位争いをするような実力を持つなどもっての他なのです。加えて言うなら、それでもヨーロッパ人のドライバーを乗せるのであればまだしも、日本人ドライバーなぞ危なくて同じコースを走れたもんじゃないとすら思っているのではないでしょうか。

日本人は鈍感ですが、ヨーロッパは未だに排他的な階級社会であり、人種差別も根強く残る社会なのです。

F-1に限らずヨーロッパのモータースポーツが長い歴史の中で、経済情勢はおろか戦争によってさえその運営を左右されながら連綿と続けられて来たのは、それが偏にヨーロッパの精神文化の一部であるからで、国家自身がそれどころじゃない戦争に比べれば、経済不況などという逆風は取るに足らない問題だと思っているのです。

そんな文化的背景を持つヨーロッパのモータースポーツにホンダもトヨタも参戦したのですから、会社が倒産するほどの危機的状況ならともかく、内部留保の資産がたんまりある日本を代表する世界的な企業が、「ちょっと利益が減った」程度でF-1から撤退するという決定は、F-1界で日本企業に対する信頼を失墜させるだけでなく、ひいてはヨーロッパにおいて日本という国家の信頼をも損ないかねない行為ではないでしょうか。

もちろん過去にはヨーロッパの自動車メーカーもF-1に参戦と撤退を繰り返して来ました。唯一どんな状況でも参戦し続けているのはフェラーリくらいのもので、それ以外のコンストラクターは一度は撤退したことがあるのも事実です。かつてのメルセデス・ベンツは観客を巻き込む大事故を起こした責任からでしたし、アルファ・ロメオやルノーは会社倒産の危機からでした。
それでもヨーロッパのメーカーはF-1に限らず、モータースポーツという文化に対する責任を回避したわけではなく、自分たちで出来る限りの形でそれを支え続けました。それはいつかはF-1に復帰したいという希望のためだけではなく、F-1という文化的スポーツを存続させるための責任を、自動車メーカーは負っているという責任感からの行為だからこそ、これらのメーカーが復帰する際には歓迎されるので、儲からないから・・・という理由のみで撤退した日本のメーカーが、今後もしF-1に戻ろうとするときに再び歓迎されるかどうか甚だ疑問です。

日本の自動車がかつては海外で子供のオモチャと揶揄され、それでも地道な改良を加えながら、撤退せずに現地で販売を続けることにより、ようやく信頼され現在に至っていることからも、真摯な努力と愚直なまでに継続する哲学こそが、異文化の中で評価され認められる方法であることは世界的な企業であれば知っているハズです。
かつてル・マン24時間レースでマツダが優勝したときに、ライバルであった殆どのチームが祝福のためにマツダのピットを訪れたのは、自分たちが早々に開発をアキラメたヴァンケルロータリー方式のエンジンをマツダが唯一実現し、そのロータリーエンジンという唯一無二の技術にコダワリ続け、長年に亘りル・マンに参戦し苦闘した末の結果であることを皆が認め、その哲学を評価したからであることをもう一度思い出す必要があると思います。
去るときに、「また来いよ」と言われるか、「二度と来るな」と言われるかの差は、この哲学があるかないかではないでしょうか。

F-1サーカスと呼ばれるとおり、ライバルチームであっても一つの文化を形成している集団に外様として加わった以上、例えヨーロッパのチームが早々と撤退をしたとしても、日本のチームが残ってF-1を支えてこそ初めて、その姿勢が評価され、お客様ではなく仲間として認めてもらえるのではと思います。

とことん付き合う覚悟なく、無闇によそ様の世界に足を踏み入れてはいけないのは、どんなことでも同じだと思います。

クリック↓お願いします!
b_01.gif
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:車・バイク

コメント

トヨタらしいw

まったく仰る通りです。
自分もトヨタは遅かれ早かれ撤退するだろうと思っていました。
所詮は三河の田舎企業だったのでしょう。

だいたい、トヨタがF1参戦にいたったのは「若者に対する企業イメージアップ」でしたね。

ホンダが撤退したとき、ある有名なレーシングカー・デザイナーが
「そりゃないだろう」と云っていたことを思い出します。

  • 2009/11/06(金) 03:02:57 |
  • URL |
  • ジャンニ #90LdKUd6
  • [ 編集]

そうですね

あのサーキットでF1をやめた時にこれは撤退の布石だなとは思っていましたが。
F1撤退だけどL○-Aのようなクルマを3千万を超える価格で発売すると発表したり、どうもあのメーカーはチグハグな事ばかりやっている気がします。
そもそもF1に一番似合わないメーカーなので復帰はしなくても全然OKですが(笑)

  • 2009/11/06(金) 07:32:56 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>ジャンニさん
トヨタは世界1位の自動車メーカーとしての責任があると思います。その責任は利益を出す・・・という株主に対する責任と同じくらい重いことをトヨタは知るべきだと思いますね。

  • 2009/11/06(金) 08:55:37 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

>こ~んずさん
確かにチグハグだとは思いますが、ホンダも同罪だと思います。
第1期、第2期の撤退はF-1界に残すものがあった撤退なので、「帰って来いよ」なのですが、今回の撤退はF-1界に何も残さず、後のブラウンGPの活躍を見ればさらに判断を疑わせるものとなりました。
ホンダの環境対策車への「取り舵いっぱい」とも思える方針転換は潔いとも思えますが、総合自動車メーカーとしてはトヨタのように「あれもこれも」というリスクヘッジ的な判断もこれまた正解ではないでしょうか。いずれにせよ今回のホンダ、トヨタの撤退はF-1界にとって相当なマイナスで、それだけ日本のチームの存在価値が上がった分だけ責任もあると思いますね。

  • 2009/11/06(金) 09:07:19 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

トヨタは・・・

トヨタは自分の会社にないものを他社がもっているのが
嫌いなんですよね(あくまで私的な考えです)
ストリーム対抗ウィッシュ
レガシィに対抗できないと子会社化
ホンダF1に対抗トヨタF1と
まぁ今のF1もモータースポーツというより、政治色が
強すぎるけど・・・
トヨタの撤退はおおよその予想通りですけど
決定してたなら、早く発表すべきですよね

  • 2009/11/06(金) 09:12:42 |
  • URL |
  • レボ #COSg1Z5.
  • [ 編集]

>レボさん
>自分の会社にないものを他社がもっているのが 嫌い

だから世界一位になれるんですよね。確かに徳川家康と同じ発想かも(笑)

  • 2009/11/06(金) 09:16:23 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

とんでもなく勝手な意見ですが、T社の社長は泣いて苦渋の決断で撤退するというなら、泣いて土下座をしてでも続けるようにみんなを説得するぐらいの心意気があってもよかったのではないでしょうか。金がないからやめるようなものは決して文化ではありません。

やはりこうなるとT社がF1に参戦した理由はH社に新車販売台数NO1の座をフィットに取られた腹いせにしか思えません。

H社が撤退した今、T社にとってもF1に参戦する理由がなくなったのではと思います(笑)

  • 2009/11/06(金) 21:59:47 |
  • URL |
  • masaking #-
  • [ 編集]

>masakingさん
私もあの会見を見ましたが、あれこそ欧米人には理解し難いメンタリティなんですね。
ビジネス上の会見で泣くなどというマナー違反は、全く評価されないばかりか、自らの判断に逡巡した結果であることを露呈するだけで、かえって信用を失くす行為です。
欧米の企業で取締役があれをやったら会社の決定に不満がある幹部ということで即クビです。
かつて山一證券の社長が同じく会見で泣きましたが、欧米のメディアは「理解し難い」との論評でしかありませんでした。
今、彼らが考えなければならないのはF-1界に対する責任の果たし方で、「撤退するがトヨタの責任としてこういうサポートを行い、モータースポーツ全体を支援する」とブチ上げれば、ただ撤退したホンダとの差別化ができ、日本だけでなくヨーロッパでも評価されると思うのですがね。

  • 2009/11/06(金) 22:28:23 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

安易過ぎ!

こんばんは。
私も、それは文化であり利益云々とは別次元の話だと思いますねぇ。そもそも文化の重みが理解できていないのだと。
力のあるはずの者が掻き回すだけ掻き回してハイさよならって感じで情けないです。
「燃費の悪い車は増税」の問題もそうですが、自動車界だけに限らず今の日本、決定を下す立場の人間の考えが安易過ぎだと思います。
この件も、今の浅はかでつまらない日本の心を象徴しているかのような動きでした。

  • 2009/11/07(土) 19:17:44 |
  • URL |
  • sivnie #uD/VOuEM
  • [ 編集]

>sivnieさん
政治家も企業人も文化に対する見識がなさすぎますね。
世界遺産やオリンピックにはどんどん名乗りを上げてロビー活動も一生懸命やる一方で、新しい文化に対する価値観は何も発信せず、他人から評価されると慌てて再認識するという繰り返し。
日本人ほど自虐的な民族はいないと思っていましたが、他民族や異文化にこれほどまでに鈍感な民族もいないと思います。

  • 2009/11/08(日) 22:50:19 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/697-9145d910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。