走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Coppa di Tokyo ~その弐~

Coppa di Tokyoの模様をお伝えしていますが、特別展示車からして尋常ではありませんでした。
まずは、1954年 MORETTI 750 ZAGATOです。

CDT-010.jpg

このクルマはとにかくカラーリングが素晴らしく、ツートーンで塗り分けられたラインがZAGATOの「Z」を表現しています。こういうセンスはイタリアならではで、そのスタイルの魅力を際立たせていました。

そして、お馴染みのALFAROMEO TZ1です。お馴染みではありますが、希少であることには変わりなく日常では博物館でしか見ることが適わないクルマです。

CDT-011.jpg

TZはSZの発展型ではありますが、その外観の最大の特徴はリアを切り落としたコーダトロンカと呼ばれる当時の最先端空気力学に基づくボディで、加えてその縁がリップスポイラーとして機能しているという現代にも通じる理論に基づくデザインにあります。

CDT-012.jpg

今年のフューチャリングメイクスであるZAGATOは大挙して参加していました。当初の参加枠は30台ほどだったと聞いていましたが、実際にはこの展示車も含めると38台も参加していました。しかしその存在感はそれ以上で、スタート地点では「あたり一面ZAGATOだらけ」という桃源郷となっていました。

CDT-015.jpg

恐らく年式からすると参加資格はないのでしょうが、新し目のZAGATOも参加していました。これは1986年 ASTON MARTIN V8 VANTAGE ZAGATOです。ASTON MARTINとZAGATOのコラボレーションはDB4があまりに有名ですが、それを再び蘇らせようとしたのがこのVANTAGE ZAGATOでしたが、世に出たのがASTON MARTIN冬の時代だったため生産台数も少なく、現在では殆ど見ることができないモデルです。

CDT-016.jpg

限定で生産されたのがこの1986年 LANCIA HYENA ZAGATOです。LANCIA DELTAをベースにZAGATOがそのボディを架装したのがこのHYENA ZAGATOですが、同じ時期に同じくZAGATOによって製造されたALFAROMEO SZ(ES30)と共通部品が多く、リアのウインドスクリーンは共通です。このガラスは一時期欠品となったために、両方のオーナーがお互いに相手の部品が入手できるのでは…と探し回ったという逸話があります。

CDT-014.jpg

LANCIA FULVIA SPORT ZAGATOが三台並ぶ様は壮観でした。特に中央の一台は大変珍しい1967年の初期型で、FULVIA SPORT ZAGATOの原点とも言えるモデルです。

CDT-017.jpg

ノーマルのLANCIA FULVIAも格好良いのですが、やはりZAGATOは別格でその獰猛なルックスは際立っていました。

CDT-018.jpg

参加していたZAGATOの中でも一番旧いのがこの1947年 FIAT 500B ZAGATO PANORAMICAでした。

CDT-019.jpg

その名前のとおり、最大の特徴はキャビンのガラス処理で当時としてはこの曲面ガラスは限界だったでしょう。

CDT-025.jpg

ZAGATOの遊び心の表れがこの1951年 FIAT 750 ZAGATO MMです。

CDT-020.jpg

ホイールのZ模様は、単なるデザインでしかありませんが、とてもチャーミングでした。

CDT-021.jpg

この辺りのモデルが最もZAGATOらしいと言えるのではないでしょうか。1959年 FIAT ABARTH 750 RECORD MONZAです。

CDT-022.jpg

1960年 FIAT ABARTH 1000 RECORD MONZA BIALBEROです。

CDT-023.jpg

同じく1960年 FIAT ABARTH 1000 BIALBEROです。RECORD MONZAと見比べることができる機会なぞ滅多にないので、勉強になりました(苦笑)

CDT-024.jpg

1959年 FIAT ABARTH 750 GT SESTRIEREです。あまりABARTHを知らない方からすると十把一絡げにFIAT ABARTHで片付けられてしまいがちですが、こうして順番に見るとその違いが分かって本当に興味深いものがあります。

CDT-026.jpg

ZAGATOデザインの面白いところはこのアンバランスで、あるモデルは流麗で美しいかと思えば、別のモデルは獰猛で攻撃的なデザインであるところではないでしょうか。ZAGATOにピニンファリーナやベルトーネの持つデザインの一貫性とは別の一貫性があるとすれば、とにかく軽量で空力を追求しているところではないかと思います。

引き続きZAGATOのモデルをご紹介して行きましょう。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

コメント

う~ん・・・

この参加車両は・・・濃い、濃すぎる!
こんなのが博物館でなく目の前で走る姿が見られるんだから凄いですよね。
一回見に行きたくなっちゃいましたよ(笑)

  • 2009/12/05(土) 00:40:09 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>こ~んずさん
正直私もビックリしました。
頭の芯が痛くなる感覚(笑)と、もはや自分がどこにいるのか分からなくなるような気分を味わいましたよ。
少しでも皆さんに同じ気分を味わっていただければと詳細にご紹介して行きますのでご期待ください!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/693-94daf05c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。