走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり箱根

クルマ好きにとって箱根は特別な場所です。
それはクルマの特性と景色に合わせてドライビングを楽しめる様々なコースがあることによるものだと思います。大排気量のスポーツカーがパワーにモノを言わせてヒルクライムにチャレンジできる箱根ターンパイクの登りルート。中高速コーナーが楽しめる芦ノ湖スカイラインと箱根スカイライン。連続する複合コーナーでロングワインディングが楽しめる伊豆スカイライン。そしてラリードライバーになったような気分が味わえるタイトコーナーが連続する長尾峠など、クルマの性能と自分のドライビングテクニックに合わせてルートを選択することができるこのバリエーションこそが箱根の魅力ではないかと思うのですが、箱根のもうひとつの魅力は様々なクルマ達に出会えることで、特に休日の朝には箱根は普段滅多に見ることの適わないクルマが全力で走る姿を楽しむことができる、まさに「動く博物館」となります。
アルファ164オーナーズクラブも伝統的に「朝箱」と呼ばれるミーティングを開催して来ました。
それは朝の早い時間にこの箱根を楽しんで、ランチ後に解散するとというもので、参加者の多い人気イベントとなっています。
別に定例行事となっているワケではないのですが、毎年誰かが「行きたいね」と言い出して、当日は20台以上集まるのですから、これこそが箱根の魅力なのでしょう。

今年も案の定、言い出したメンバーがいたために、その方に企画をお願いすることにしました。私たちのクラブには「言い出しっぺの法則」というルールがあり、やりたいと言い出した方にその企画をお願いするのですが、殆ど餌食になるのはこの法則をまだ知らない新人で(笑)、かく言う私もまだ新人の頃にこの「言い出しっぺ」の法則に引っかかってしまい(苦笑)、気がつけば今のようなお世話をすることになってしまったのですから、決して侮ることのできない法則です。

そうは言っても、その言い出しっぺの方を決して放置するのではなく、企画実行のサポートをするのは当然で、今回も呼びかけや当日の仕切りはお願いし、時間やルートの段取りはお手伝いすることにしました。
最大の問題はスケジュールで、今回の朝箱にはもう一つの目的がありました。それはギャラリーアバルト自動車美術館を見学するというもので、暫く閉館していたこの美術館がようやく週末だけでも見学できるようになったので、是非訪れたいと思っていました。しかも、オーナーの小坂さんが心血を注いでレストアした世界に一台しかないアルファ・ロメオ カングーロを見ることができるのですから、それを見ないワケには行かないと思っていたのですが、そのカングーロはまだイタリアにあり、なかなか日本に戻って来ません。そしてようやく日本に戻ってきたとの情報を得て、朝箱の日程を決めることができました。

Canguro2.jpg

ところが、ここで問題が発生しました。その日程は115Spiderの全国ミーティングであるSpider's Dayと重なってしまい、しかも彼らも箱根で集まりギャラリーアバルト自動車美術館を見学すると言うのです。
今さら日程を変更することもできませんので、何とか時間をずらすことにより対応したのですが、一方の115Spiderのミーティングは私たちとは格段の規模でしょうから、箱根の駐車場も美術館も両方の団体が押しかけたら大変なことになってしまうでしょう。

Asahako2009-001.jpg

こうして迎えた当日、東京組の第一集合場所である海老名SAに私たちも向かうことにしました。休日の朝であるにもかかわらず、東名高速は渋滞もなく、走行するクルマもそこそこのスピードで流れています。順調に海老名に向けて走行していると何やらタダゴトではない雰囲気が後方から伝わって来ました。そしていとも簡単に抜かれてしまったのですが、抜いていったクルマとは何と! Shelby Cobra Daytona Coupeではありませんか!一瞬のことだったので後方から写真を撮るのが精一杯だったのですが、恐らく箱根を目指しているのでしょう。それにしてもレプリカだとは思いますが、日曜日の朝は箱根だけでなく、そこに向かう道中でもトンデモないクルマに出会うものです。

Asahako2009-002.jpg

待ち合わせの海老名SAに到着すると殆どの参加者が集まっていました。いつも集まるのはSA一番奥のGSの近く・・・と決めているのですが、ちゃんと皆はその場所に集まって談笑しています。それにしても異様な集団です(苦笑)

Asahako2009-003.jpg

定刻どおり海老名SAを出発し、目指すのは第二集合場所である小田原厚木道路の平塚PAです。ここでも数台の仲間が合流し、いよいよ箱根に向かって出発です。

Asahako2009-004.jpg

最終の集合場所はあまりに有名な芦ノ湖スカイラインのフジビューレストハウスです。一般的には「ヤギさんコーナー」と呼ばれている場所で、その名前はレストハウスで山羊を飼っていることに由来します。そして芦ノ湖スカイラインへはターンパイク経由で登ることにしました。

Asahako2009-005.jpg

このターンパイクは急な登り坂が延々と続くため、小排気量のクルマには辛いルートですが、アルファ164であれば何の問題もなく、床までアクセルを踏み込んで豪快なヒルクライムが楽しめます。
私はといえばATの115Spiderですので、ターンパイクは青息吐息ですが、そのおかげもあって周囲の紅葉と美しい富士山を堪能しながらのドライブをすることができました。

Asahako2009-006.jpg

到着したヤギさんコーナーは非日常の光景が広がっていました。通常ならば国産車のセダンやワンボックスカーなどが観光のために駐車しているスペースですが、休日の早朝はフェラーリを始めとするエキゾチックカーの集団、ロータスエリーゼやスーパー7などの英国スポーツカーの集団、そして旧車の集団などがこじんまりとあちこちに屯しています。それだけでも充分非日常なのですが、この日ばかりは一列に115Spiderが並び、そして先に到着したメンバーが私たちのためにスペースを確保してくれており、もはや一般車はとても入れるような雰囲気ではなくなっていました(苦笑)

Asahako2009-008.jpg

ありがたくそのスペースにお見合いよろしく、私たちも駐車したのですが、ここは一応アルファ164オーナーズクラブということもあり、まずはアルファ164を順に並べ、それ以外のクルマは別に駐車するという差別的待遇を受けてしまいました。でも、私たちもズラリと並んだアルファ164を見たいのですから何の文句もあるはずがありません(笑)

Asahako2009-007.jpg

先に陣取っていた115Spiderの集団はそろそろ美術館に向けて出発です。そして、私たちも素晴らしい天気の下で、のんびりとした時間を楽しむことにしました。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

コメント

圧巻ですo(^-^)o

箱根素敵日和!!
お話聞いているだけでワクワクしてきます♪
くぅーっ行けばよかった(>_<)
昨日、知人一行も朝一でカングーロ目当てにギャラリーアバルトまで遠足でした。
でも私はごたごたして行かないことに。
なんかすごいもったいないことしましたぁ。
でもblogで素敵さ拝読出来てありがたいです☆

  • 2009/11/23(月) 06:21:40 |
  • URL |
  • まう #-
  • [ 編集]

>まうさん
ギャラリーアバルトは訪れる価値はあると思いますよ。箱根を走って、カフェジュリアでお茶をして、ギャラリーアバルトへ行けば丸一日楽しめること請け合いです。

朝箱御疲れ様でした!
自分にとっても思い出深い初参加イベントとなりました。
今後とも宜しくお願いします♪

こちらこそ参加いただきありがとうございます。単にクルマを維持するための場所ではなく、クルマを通じて人間と出会えるのがクラブの魅力だと思います。
どうかこれからもよろしく!

  • 2009/11/24(火) 20:29:03 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/690-c231c0bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。