走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルファ・バカの生活習慣病

NEC_0007.jpg

アルファ・ロメオのオーナーになると、「必然的に」アルファ・ロメオのマークのついたモノも好きになってしまい、気が付けば手許に様々なアルファ・ロメオグッズが集まることになります。
このビョーキの罹患率は高く、私の周囲の仲間は殆どと言っていいほど感染しています。

このビョーキの初期症状は、ディーラーから貰ったりしたノベルティを後生大事に取っておく程度から始まります。そして発症するとその内に、試乗会に買う気もないのにノベルティ欲しさに出かけるようになります。さらに重症になると、イタリア自動車雑貨店などに出かけて「買う」ようになってしまうのです。
こうなるともはや治療方法はなく、
「バカにつけるクスリはない」
という状態になってしまいます。ところがこの程度だと病状はまだ可愛いもので、さらに進行すると慢性疾患となり、アルファ・ロメオのミニチュアカー集めが始まります。こうなると立派な生活習慣病になってしまい、完全に治癒することはまずムリで、患者はこのビョーキと「どう折り合いをつけて付き合って行くか」という選択肢しかなくなってしまうのです。

有名なミニチュアカー専門店の店主が様々なコレクターを評して言っていたのですが、フェラーリのコレクターはまだ可愛いもので、本当にヤバいのはアルファ・ロメオのコレクターなのだそうです。
店主によると、フェラーリのコレクションは資金さえあれば何とか集めることができるのだそうですが、アルファ・ロメオについてはモデル数が多く、特に小さい無名のメーカーが小ロットで生産するモデルが多いため、それらまで収集するとなると単に資金力だけでなく、情報を集め探し出す熱意と努力も必要なのだそうです。
ですので、これから何かコレクションしようとするのであれば…、
「アルファ・ロメオには手を出すな」
とアドバイスしているそうです。

ところが悲しいかな、私はもう既にアルファ・ロメオの生活習慣病に罹ってしまっていますので、幾つかの条件を自分自身に課すことにより、何とかコレクションの歯止めをかけるしかありませんでした。その条件とは…、

1.戦前のモデルには手を出さない
2.モノポスト(フォーミュラカー)には手を出さない
3.コンセプトカー(ショーモデル)には手を出さない
4.商用車には手を出さない
5. ハンドメイド・モデルには手を出さない

そして最後に…、

6.ショーケースに収まりきる以上に台数を増やさない

という厳しい?ものなのですが、それもすぐに危うくなってしまいました。

NEC_0014.jpg

いくら心を鬼にして1.~5.を守っても、あっと言う間に6.は限界が来てしまい、まずは棚ガラスを増やすことによって収納台数を増やして誤魔化し、次にミニチュアカーに付いてくる台座を外して収納することによりさらに収納台数を増やし…最後は…、隠す(笑)というか展示車を入れ替えるという奥の手を使って、何とか収集を続けています。

今後は、いまだに増え続けるこのコレクションの中から順次ご紹介していければと考えていますので、お付き合いください。

クリック↓お願いします!
b_01.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/69-e15a26de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。