走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二回目の立ち往生

緑の115Spderは彼女の通勤の足という使用頻度からするとすこぶる優秀で、路上で立ち往生したりすることはありませんでした。
唯一と言って良い立ち往生は、今年の高松のイベントからの帰りに東名高速上でドライブシャフトのサポートベアリングが焼きついたことですが、これとて私が一人で乗っているときに起こったことですので、その場で修理はできないまでも彼女に迷惑をかけることなく何とか対処できました。
最悪なシチュエーションは彼女が一人で乗っているときに立ち往生することで、それだけは起こさないようにと日常から少しでも気になるところがあると、すぐ主治医のところで点検するようにしていました。

DSC_0291.jpg

ところが結構頻繁に点検していたせいもあり、車検をすっかり忘れてしまっていました(汗)
日頃から管理している・・・などと書いておきながら車検の時期を忘れるなんて管理者失格です。しかもそれを教えてくれたのがガソリンスタンドの店員なのですから最早何も言い訳することはありません。

と反省していても仕方ありませんのですぐに主治医の工場に入院させることにしたのですが、その際に気になっていたクーラント漏れも併せてチェックしてもらうことにしました。

DSC_0288.jpg

それはインテークマニホールドの継ぎ目からで、最初は無視できる程度だったのですが段々とクーラントの減りが多くなってきたために次回の点検項目に・・・と考えていたポイントでした。
車検の点検の際にさらにリアのブレーキキャリパー内のパッドを押さえる板バネが欠損していることが判明し、これらの部品を入手することにしました。通常はアメリカから輸入するのですが今回は時間もないため、まずは国内で探してみることにしました。
当然のことながら正規ルートではあるはずもなく、可能性があるのは大阪東栄商会かキヨラパーツセンターなので、まずはキヨラパーツセンターに問い合わせることにしました。
過去にも何度か部品をお願いしたことがあるため、社長はちゃんと名前を覚えていてくれ、そして今回も問題なく翌日には主治医の手許に部品が届けられました。
国内調達の良いところはこのスピードで、あらかじめ交換が分かっている部品は海外調達でも良いのですが、緊急修理や比較的値段の安い部品の場合はその時間と送料を考えると国内で調達するのが一番だと思います。

まずはインテークマニホールドのガスケット交換です。

DSC_0327.jpg

ガスケット交換にはインテーク関連のユニットを全て外さなければなりません。このことが後に思わぬ事態を招くことになるのですが、そのときには誰もそんなことを知る由もなく、外したマニホールドをチェックして見ると・・・、

DSC_0334.jpg
DSC_0335.jpg

このようにガスケットは痩せてすでにその役目を果たさなくなっていました。
新しく届いたガスケットはどうやら純正品のようで、縁が二重になっていました。

DSC_0252.jpg

ガスケットに関してはやはり純正品が一番で、どうしても欠品のためアフターパーツを使用する場合は実績のある確かなものを使わなければなりません。
ガスケットそのものは安い部品なのですが、それを交換するための手間を考えると粗悪な部品を使った代償は高くつくことになります。
実際にアルファ164のヘッドガスケットの中にはペラペラのアフターパーツがあり、それを使った仲間はすぐにオイル漏れを起こしてしまい、再度ヘッドを開けるという酷い目にあっています。
さらにブレーキですが、ハードリペアキットと呼ばれる一連の部品の中に板バネは含まれています。

DSC_0254.jpg

リペアキットに設定があるくらいですから、消耗品とまではいかずともパッドを交換したりしている間に痛んでくる部品です。
これも交換し車検の整備は完了か・・・と思われたのですが、やはり水の連鎖に見舞われてしまいました。以前にも書きましたが圧力がかかる水やオイルラインのある部分からの漏れを止めると、次に弱い部分から漏れてくるという連鎖が起こるのですが、今回も案の定リザーバータンクから漏れてきました。

DSC_0349.jpg

ご覧のようにリザーバータンクは上下の部分が中央で接着されているものですから劣化して当然なのですが、旧いクルマになるとこうした部品も欠品となってしまうのには本当に困りものです。
それでも困ったときのキヨラさんで、引き続き連絡して手持ちのデッドストックを分けてもらい交換することができました。

DSC_0367.jpg

今度こそ本当に整備完了でクルマを引き渡し、彼女が一人で乗って帰っていたときのことです。
突然エンジンが吹けなくなった・・・と連絡があったそのすぐ後に、ついに路上で停まってしまいました。しかも停まった場所は赤坂の溜池の交差点とのことです。
東京をご存知の方は分かっていただけるかと思いますが、六本木通りの溜池交差点は交通量も多く、そこで停まったということは渋滞の原因となるだけでなく、下手をすると追突という事故すら招きかねません。とりあえずハザードランプを点灯してクルマから離れているよう指示して駆けつけることにしました。
たまたま一緒にいた赤スパオーナーのR君と一緒に現場に到着すると、時間が遅かったこともあり渋滞の原因にはなっていなかったものの、六本木通りの一番内側の車線にSpiderは停まっており、横断歩道を渡る歩行者の晒し者になっていました(苦笑)。
すぐに乗り込んでチェックしたのですが、確かにセルは回るにも関わらず、エンジンはすぐにストールしてしまいます。
とりあえずその場では修理もできないため、安全な場所にクルマを動かすことにしたのですが、交差点内をクルマを押して移動するのは危険なため、916Spiderで牽引することにしました。こういった事態のために私のクルマにはちゃんと牽引ロープを常備しています。
ところが916Spiderの牽引フックはバンパーのカバーを開けて、工具として搭載されているトーイングアンカーをねじ込むというもので、実際にアンカーを回してもネジがうまく入っていかず、すぐに外れてしまいます。どうしたものか・・・と思案しているとようやく警察官がやってきてくれました。
仕方なく警察官に交通整理をしてもらい、クルマを安全な路肩に押してまずは一安心です。
早速主治医に電話して症状を説明すると、燃料ポンプが突然死したのでは・・・とアドバイスされたため、急遽クルマの下に潜って燃料ポンプを叩いて見たのですがやはりエンジンはかかりません。

200910212346000.jpg

こうなったらローダーを呼ぶしかなく、クルマは今出てきた主治医の許に再び帰って行くこととなりました。
そしてチェックしてもらい分かった原因は・・・エアフローダクトの継ぎ目が緩んだというものでした。

Airflowduct.jpg

インテークガスケットを交換するためにこのダクトを外したのですが、ゴムが劣化しクルマが走行するときの振動で少しづつ緩んでしまったようです。確かにここでエアを吸ってしまうと混合気が薄くなりエンジンが停まってしまうのも無理ありません。
気がついていれば現地で修復できるトラブルでしたのでとても悔しい思いでしたが、燃料系ばかり疑っていましたし、外観上はちゃんと繋がっていたので触ってみることまではしなかったのです。
これまた基本に忠実にチェックしていかなければという教訓を思い知らせてくれたトラブルでした。

彼女にしてみれば初めての立ち往生でしたので、さぞかしビックリしたことだろうと思いますし、嫌気がさしたのではないかと心配になったのですが、結構ケロリとしており、周囲の人たちにこれまた結構嬉しそうに立ち往生した話をしているようですので、最早アルファ・ロメオにどっぷり毒されてしまったようです。これなら今後どんなクルマに乗っても安心でしょう(笑)

サルベージに付き合ってくれ、代車として赤スパを貸してくれたR君、夜中まで待っていてくれた主治医の新人メカニックであるF君など多くの皆さんにご迷惑をかけてしまいました。
ちょっと旧いクルマから立派な旧車の仲間入りをした感のある115Spiderですが、こうしてトラブルの際に助けてくれる皆さんがいるからこそ走り続けることができることを痛感しました。

それにしてもなんで気がつかなかったんだろう(悔)

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク

コメント

お疲れ様でした

地理がわからないのですが
交差点内での立ち往生、大変だったと思います
でも、彼女さんにとったら白馬の王子様ならる
アルファの王子様?が居たから良かったんでしょうね

原因がわかって良かったですね
僕も他人事ではないはずやし、日ごろのメンテに
気をつけます

  • 2009/11/10(火) 09:43:24 |
  • URL |
  • レボ #COSg1Z5.
  • [ 編集]

>レボさん
確かに走らないクルマはただの邪魔モノですからね(苦笑)
私が乗ったときにナニゴトもなかったのは、徐々に緩んできたからでしょう。エアフローのゴム製のジョイントはもともとエンジンの揺れとボディの独立した揺れを吸収するためのものですから劣化するとこういうことになるんですね。勉強になりました。

ちなみに・・・アルファの王子さまなんて絶対に言ってくれません(爆)

  • 2009/11/10(火) 10:21:44 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

アルファの王子さま...........

  • 2009/11/10(火) 12:41:15 |
  • URL |
  • ESタケ #DdMDrPns
  • [ 編集]

>ESタケさん
何か?
最近は戦隊ヒーロー「脂マン」の仲間入りしてます(泣)

  • 2009/11/10(火) 12:43:41 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

このトラブル、実はボクのクルマにも。

読んでちょっとビッ栗!(笑)

 

  • 2009/11/10(火) 18:03:58 |
  • URL |
  • i-macco #-
  • [ 編集]

>アルファの王子さま

影の密輸王の間違いでは?(笑)

  • 2009/11/10(火) 20:33:29 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>i-maccoさん
アルファ・ロメオのインジェクションモデルは年式に限らずこのエアフロー系統が鬼門のようですね。他のメーカーのものはどうなんでしょう・・・?

  • 2009/11/10(火) 20:48:30 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

>こ~んずさん
アナタが密輸王なんて呼ぶからみんな混乱して、「陰の手配人」なのに、どんどん崩れて行くでしょ!

  • 2009/11/10(火) 20:50:24 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

失礼ながらキヨラですね。

あえてのキオラだったとしら余計なお節介すみません。

ジュリアシリーズのパーツ供給の良さは、粗悪品があったとしても旧車としてはかなり恵まれてると感じております。
しかもパーツが安いですし!!

  • 2009/11/10(火) 22:56:47 |
  • URL |
  • おかんの頭の頭 #a2H6GHBU
  • [ 編集]

>おかんの頭の頭さん
うわぁぁっ。すいません。これはミスタイプです。キヨラさんに失礼ですので修正させてください(泣)
115/105系の部品は本当に安いですよね。164の半値です(苦笑)

  • 2009/11/10(火) 23:05:37 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/687-fafa1687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。