走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極東の1000マイル~2009~ その弐

コース中間のチェックポイントということもあり、やってくる出場車も途切れがちだったのですが、ようやく続々とやってくるようになりました。

LFMM2009 024

東京コンクールデレガンスで白洲次郎の愛車であったBENTLEYを見てから戦前のBENTLEYの無骨さが好きになったのですが、これは同年代の1926年BENTLEY 3-4.5LITREです。

LFMM2009 025

あまりに有名な1926年BUGATTI T37Aです。オーナーの奥様は女優の木内みどりさんです。私は以前にこのクルマを青山のSELANの前で見たことがあるのですが、クランク一回転でエンジンをかけたのがとても印象に残っています。本物のBUGATTI乗りとはこのオーナーのことを言うのでしょう。

LFMM2009 027

戦前のアストンは高級レーシングカーの製作に秀でたメーカーでした。これは1932年ASTON MARTIN LE MANS COMPETITIONというル・マン24時間レースに出場するために作られたモデルです。当時はこんな状態で24時間を走ったのかと思うと、現代のル・マンカーは恵まれていると思います。

LFMM2009 028

1939年MG TAです。MGはイギリスの軽量スポーツカーメーカーとして有名ですが、軽量であることがレースカーにとっては何よりも重要だということが良く分かるのが・・・

LFMM2009 030

その12年後の1951年MG TDと見比べたときです。MGは軽量であるが故にメカニズムをあまり進化させずともスポーツカーであり続けたことが良く分かります。

LFMM2009 032

ナビゲーターなしで参加していた1952年DB HBRというクルマです。4日間のレースを単独で走るのは猛者としか言い様がありません。

LFMM2009 034

LFMM2009 035

美しいブルーのボディカラーの1953年BANDINI 750 SPORT SILUNOです。大柄な男性2名ではさぞかし窮屈だったでしょう。

LFMM2009 036

1933年MG L TYPE MAGNA SPECIALです。MGの中でも高性能モデルなのですが、先ほどのMG TAと比べると何となく速そうに感じます。

LFMM2009 038

ひときわ目を引いた1949年 FIAT SIGHINOLFI 1100 SPORTです。

LFMM2009 039

この時代のクルマはテールの造形が素晴らしいものが多く、後姿にも見とれてしまいます。

LFMM2009 041

夏場はともかく、クローズドボディのクルマは随分と走りやすかったのではないでしょうか。1949年CISITARIA 202SCです。

LFMM2009 042

クローズドボディであってもその後姿が素敵であることには変わりありません。

LFMM2009 043

1954年MORETTI 750 SPORTです。この時代のイタリアのクルマは皆が同じようなサイズと形でありながら全く異なっています。

LFMM2009 045

1935年ASTON MARTIN MKⅡ LE MANS SPECIALです。先ほどの1932年のアストンと比べると大差ないように見えますがおそらく性能的には相当進歩しているのでしょう。

LFMM2009 046

テールの造形があまりに素晴らしかったので写真を撮りました。長く伸ばされたテールはユノディエールのストレートで高速安定性に寄与したのでしょう。

LFMM2009 047

1957年BANDINI 100Sです。コ・ドライバーはタレントの長江健次さんで、日焼けした顔で実に楽しそうに乗ってらっしゃいました。

LFMM2009 049
LFMM2009 050

ようやく見慣れたクルマがやって来ました。1956年ALFA ROMEO GIULIETTA SPRINT VELOCE LIGHT WEIGHTという軽量化されたVELOCEを更に軽量化したモデルです。

LFMM2009 052

最初見たときはOSCAかと思ったのですが、1953年MORASSUTTI SPORTというクルマです。

LFMM2009 054

続いてはこれまた有名な1953年LANCIA AURELIA B20です。シックなマルーンのボディカラーはこの時代のLANCIAのイメージカラーで、高級車であるLANCIAを際立たせています。

LFMM2009 056
LFMM2009 057

1955年MORETTI 750 SPECIALEです。このクルマも後姿が美しいクルマです。

LFMM2009 068
LFMM2009 069

1956年MASERATI 150Sです。ちょっとオーバーデコレートなところがまたMASERATIらしいと言えば贔屓目が過ぎるでしょうか。

LFMM2009 070

素晴らしいコンディションのALFA ROMEO GIULIETTA SPRINT VELOCEでした。

こうしてやってくるクルマを撮影している内にいよいよ夕陽が沈んできてしまいました。ますます撮影コンディションが悪くなるのですが、まだ真打?が登場していませんのでもう少し粘ることにしましょう。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/678-b2fa51af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【La Festa Mille Miglia 2009】 FIAT 8V

堺正章・田中生徳組の FIAT 8V (1952) です。リア・クウォーター・ウィンドウの形状やフェンダーのラインからして、オリジナルのフィアットデザインではなくて、ザガート製のボディのようですね。ザガートで製造された世界でたった32台の内の貴重な1台ということになり..

  • 2009/10/16(金) 17:22:10 |
  • フィアット500大作戦!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。