走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極東の1000マイル~2009~ その壱

今年もLa Festa Mille Migliaが無事に開催されました。「無事に」というのは昨今の経済情勢からで、こうしたイベントは主催者とスポンサーの見識が深くないと経済情勢に左右されてしまい、開催できない・・・という事態もあり得るのです。
日本ではそれは伝統行事にも及んでおり、昨年来から中止されたり縮小されたりしたお祭りが数多いことを思えば、
「CO2を垂れ流してクルマで遊んでる場合じゃないだろう」
と世間から後ろ指指されかねないこうしたイベントを開催するのは大英断だろうと思います。それは主催者とスポンサーに加えてエントラントがこのイベントを文化事業として認知しているからで、それを継続することは追い風のときも向かい風のときも各々に膨大な準備が必要になることを思えば、素直に脱帽するしかありません。

LFMM2009 002

昨年はスタート場所である明治神宮でその出場車を見学したのですが、今年は少し趣向を変えてゴール間近の「海ほたる」で待ち構えることにしました。
当初はゴールの明治神宮で・・・とも思ったのですが、ゴール時間を考えるともう暗くなっており、撮影には不向きと考えてのことだったのですが、結果として見物の人も少なく撮影には好条件の場所でした。

スタートはゼッケン順ですがチェックポイントである海ほたるに入ってくる出場車は順不同ですので、今回は撮影順(到着順)に気になったクルマをご紹介して行くことにしましょう。

LFMM2009 004

待つことしばし、最初にやってきたのは1925年ROLLS ROYSE PHANTOMⅠTORPEDO TOURERです。エントリーリストではこの車名なのですが、私にはどう見てもBENTLEYに見えます。何かの間違いなのかも知れません(苦笑)

LFMM2009 005

今年の目玉と言って良いと思うのですが、なんとBUGATTIが5台も参加していました。これは1929年BUGATTI T35Cです。

LFMM2009 006

これは珍しい1925年BUGATTI BRESCIA T22/13Rです。この狭いコクピットで殆ど半身を晒して4日間走り続けるのはさぞかし辛かったでしょう。ご夫婦のエントラントでしたが、男同士なら・・・と考えるとゾッとしてしまいます(笑)

LFMM2009 007

1936年LAGONDA LG45 TYPE7です。その可愛いスタイリングは観客にもアピールしたようで、「可愛い~」と声がかかっていました。

LFMM2009 010

1936年JAGUAR SS100です。自動車史に残るあまりに有名なクルマで、SS100という名前の通り最高速100マイル(約160km/h)を誇ったスポーツモデルです。

LFMM2009 011

大好きな1947年STANGUELLINI S1100です。イタリアのスポーツモデルは何故かひと目で分かります(苦笑)

LFMM2009 012

1935年FIAT BALLILA 508S COPPA D'OROです。とても美しいブルーのツートーンのカラーリングですが、イタリアの小さな虫と言われるFIAT BALLILAもなんと3台もエントリーしていました。

LFMM2009 013

最初はRILEYかと思ったのですが、1931年RALLY N.C.Pというモデルでした。残念なことにこのRALLYというクルマは初めて見たのでそのうち調べて見ようと思います。

LFMM2009 014

1951年BANDINI 750 SPORT SILUROです。これもSTANGUELLINIと並ぶイタリアの宝石と呼ばれているモデルですが、本当に美しいクルマでした。

LFMM2009 016

これも同じく1935年FIAT BALLILA 508S COPPA D'OROですが、こちらはオーソドックスな少しくすんだレッドのボディでした。どちらかと言うとこちらのボディカラーが一般的で、イタリアのナショナルカラーです。

LFMM2009 019

こちらは1938年RILEY 12/4 SPECIALです。アルミのボディがとても美しいクルマなのですが・・・

LFMM2009 020

4日間のドライブの最後ということもあってそのアルミボディは少し汚れていました。しかしそれが本当に格好良く、歴戦の跡といった風情を醸し出していました。

LFMM2009 022

1948年ROSELLI 1100 SPORTです。こんなに美しいボディデザインが戦後の復興の最中に作られたことに本当に驚きます。

LFMM2009 023

このテールの美しさはどうでしょう!

全体的にタイムスケジュールは遅れ気味で、夕陽を遮るものがない海ほたるでも段々と暗くなってきました。AUTOモードで撮影を始めたときはシャッタースピードも1/250秒だったのですが、今はその半分にまで落ちてしまいました。銀塩カメラであれば撮影をアキラメざるを得ないのですが、デジタルカメラの場合は後から補正できますので、撮影を続けることができます。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

コメント

ミッレミリア

今年は行けませんでした・・・
3日からずーっと休みなしでいつ休めるやら(^^;
でもほとんどの車種は分かりませんでしたから行っても意味なかったかも(笑)

  • 2009/10/14(水) 22:32:10 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>こ~んずさん
私もゼッケンとエントリーリストとを首っ引きで見てたんですよ(笑)
でも毎年見てるとだんだん分かってきます(苦笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/677-69d40bc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。