走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルマ趣味のサブカルチャー

クルマ趣味の本流が自らがクルマを所有して楽しむということに異存がある方はいないでしょう。
一方で、クルマのミニチュアカーを収集したり、カタログやマニュアルなどの紙物を集めたり、そのメーカーのグッズを集めたりするのも立派なクルマ趣味で、これらは往々にして本流のクルマを所有することとセットになっているものなのですが、最近ではそれ単独で趣味として成立している例を良く見かけます。
良い例がテレビゲームで、グランツーリスモの名人は意外にクルマの免許を持っていなかったりするのですから、そのヒトにとってグラン・ツーリスモは「ヴァーチャル」・シュミレーションではなく、「リアル」・シュミレーションなのかも知れません。

そんなクルマ趣味の中に最近はマンガも加わったようです。過去には「サーキットの狼」に始まり、その題材に取り上げられたスーパーカーは実物を巻き込むブームとなり、それは一種の社会現象にまでなったのですが、それ以降はクルマを題材にしたマンガはクルマそのものを主人公にしたものは少なく、むしろクルマを中心におきながら人間を描いた作品が多いように思います。例えば西風氏が描くクルマは、クルマ単体の魅力と言うよりその周囲の「人間」を描くことによりより一層クルマの魅力を引き出しているように思えます。クルマ趣味の断片を切り取ったようなショートストーリーの集大成とも言える「GT Roman」に描かれたアルファ・ロメオとそのオーナーは若干オバカっぽく描かれ過ぎているものの、その言動は大なり小なりアルファ・ロメオのオーナーには共通しており、氏の人間観察の鋭さが窺い知れます。

GTRoman.jpg

田中むねよし氏もしかりで、ご自身の体験に基づく自伝のようなそのストーリー展開は、読者を田中氏に置き換えさせ、自らの体験のような感覚に引き込みます。

ガッデム

そんなクルマを題材にしたマンガの中で、私が好きなのが新谷かおる氏の「ガッデム」で、WRCという珍しい題材を選んで描かれたこの作品は、その内容もストーリー展開も素晴らしく、松本零士氏のアシスタントをされていたという氏の経歴から想像できる通り、しっかりとしたリサーチに基づくメカニズムの描写と、精緻に設定されたキャラクターとストーリー展開が読む者を飽きさせない魅力を持っています。氏の作品は「エリア88」があまりに有名ですが、「ファントム無頼」、「ふたり鷹」など個人的には大好きな作家です。

クワドリ1

クルマを題材にしたマンガの中で最近知ったのが、岡本健志氏の「クワドリフォリオ」というアルファ・ロメオを題材にしたマンガです。
相当マニアックなマンガであるこの「クワドリフォリオ」はテスト中に事故死したF1レーサーを父に持つ高校生の女の子が主人公で、その彼女の愛車がSZ(ES30)という設定が凄いのですが、描き込まれているさまざまなアルファ・ロメオは結構正確で、オーナーでなければ分からないであろう描写などはなかなか秀逸です。
惜しむらくはそのストーリー展開で、おそらく長期連載を前提に書き始めたのであろうストーリー運びが連載していた雑誌の休刊に伴い急遽終わらせる必要に迫られ、単行本2巻分で終わらざるを得ず、どうも尻切れになってしまっています。本来の予定通りの連載であればこのストーリーはどう展開したのであろうと思うと、少し残念な作品です。
読んで見るとこの作品の主人公はあくまでアルファ・ロメオではあるのですが、それがアルファ・ロメオでなければならないか・・・と言うとそうでもなく、ストーリーそのものはどんなクルマであっても成立するように思えます。おそらく岡本氏はこのストーリーを書きたいから書いたのではなく、アルファ・ロメオが好きだから描いたのでしょう。その想いはちゃんと伝わってくる作品です。

クワドリ2

どんな切り口で描くにせよ、アルファ・ロメオとそれに係わる人間が魅力的でなければマンガが成立しないのは当然で、今後、北方謙三氏の書くマゼラーティのようにアルファ・ロメオを中心据えた小説なんかが世に出ると嬉しいのですが・・・どなたか書いてくれませんかねぇ。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク

コメント

どなたかって・・・

510さんしかいないでしょう(笑)
きっと漫画も描けるような気がします、ヒゲ生やした密輸王の主人公がアルファでナンパしてハッスル!みたいな内容だと思われますが・・・(爆)

  • 2009/10/08(木) 18:54:45 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

おおっ

ガッデムだぁ~。
GT_Romanと同じように好きな漫画です。
知っている人が居たことに感動。
いまでも大切に持っていますよ~。
デルタを崖から落とすとか、スズキだかダイハツだかをモデルにした架空のメーカーだとか、ATで走るぜ・・・・これ以上言ったらネタバレですね。。。。

あと、幻のスタリオンが出てる「SS」なんてのもありますよ~。

  • 2009/10/08(木) 19:48:55 |
  • URL |
  • おてつ #-
  • [ 編集]

>こ~んずさん
そんなつまらないストーリー展開じゃだめですね。もっとハードボイルドで行くか、ラテン系のおちゃらけ路線行くか・・・(爆)

>おてつさん
好きですねぇ(笑)
でも、ガッデムはWRCのルールも良く分かるし、レッキの描写や、メーカーの参戦する理由や過剰品質の問題など本当に丁寧に書き込まれている作品だと思います。
もし、まだ読んでない方がいらっしゃったら必読ですっ!

ご無沙汰しております。

ガッデム!懐かしいですねぇ。
免許を取って間もない学生の頃、家の近くのお好み焼き屋さんで読みふけっていたのを思い出します。

クアドリフォリオの作者の方は広島の呉にお住まいで、出てくる背景も広島の景色や町並みが多いんですよ。
ご自身もボンネットがカーボン仕様のES30にお乗りになられ、75EVOも広島に実際に生息するEVOがモデルです。
広島に来て間もない頃、ツーリングにご一緒させていただいたりしました。

クアドリフォリオは、広島に着任して間もないワタクシと広島のアルファロメオ達を引き合わせてくれた、大変思い出深いマンガになりそうです!

  • 2009/10/08(木) 21:39:04 |
  • URL |
  • tm75evo #-
  • [ 編集]

>tm75evoさん
お久しぶりですね。広島にはもう慣れましたか?
クワドリフォリオは単行本になって初めて知ったのですが、是非引き続き書き続けて欲しかったですね。
次回作に期待してます。
ところで75evoの良い写真をゲットしましたよ。額装して差し上げますので広島の住所をご連絡くださいね。

ガッデムは私も持ってます。
競技中に音楽を聴きながら走っていてそれで時間を計算しているという話がとても印象に残ってます。実際はありえませんが(笑)

クルマ関係の漫画は結構持っていますが、チューニングカー好きにとっては「よろしくメカドック」ははずせません。

  • 2009/10/08(木) 23:22:51 |
  • URL |
  • masaking #-
  • [ 編集]

>masakingさん
結構皆さん持ってるんですね(笑)
「よろしくメカドック」はちょっと私の世代からは外れてしまってるのですが、これも新しい切り口でフォロワーが現れないところを見ると、この路線では決定版なのでしょうね。

クアドリフォリオの作者の方も「もう少し連載が続けられれば...」と残念がっておられました。いろいろ登場させたかったそうです。

私の場合、そもそものアルファ原体験が漫画でした。もっとも高校教師モノでしたが。主人公の愛車が段付Jrって(笑)。

  • 2009/10/09(金) 12:30:45 |
  • URL |
  • pekepeke #-
  • [ 編集]

>pekepekeさん
確かに今後の展開が楽しみだっただけに惜しいですね。

>主人公の愛車が段付Jrって(笑)。
そんなマンガありましたっけ??

>>主人公の愛車が段付Jrって(笑)。
ご存じなくて当然の超マイナー漫画です(大笑)。「川俣先生教育日誌」っていう特に普通の高校教師モノで、特に脈絡もなく愛車が69年式右ハンの段付Jr貧乏仕様(笑)。度々活躍するわけでもないんですが格好良いんですよ、これが。

  • 2009/10/13(火) 08:49:44 |
  • URL |
  • pekepeke #-
  • [ 編集]

>pekepekeさん
マンガでも小説でも、キャラクターの個性を表現する手段としてクルマを利用するのは良い方法なのかも知れませんね。それにしても「段付き」に乗ってる教師ってのは・・・(笑)
人生の不条理を身をもって教えたいのでしょうか?(爆)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/673-5970da38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。