走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご当地中華の悲哀

AMV8003.jpg

ALFA・DEPOTの坂野さんのところにお邪魔していると、何やら他の在庫車とは全くそぐわないクルマがビニールカバーをかけられて大切に置いてあるのを見つけました。
それは、アストン・マーチンV8というモデルで、個人的には最もアストン・マーチンらしい最後のモデルだと思っている大好きなクルマだったのです。

AMV8002.jpg

アストン・マーチンほどそのブランドをうまく引き継いだメーカーはないと思います。元来のアストン・マーチン社は1913年創業と歴史の旧いメーカーで、その創業の地であるAston Clinton村の名前と創業者であるLionel Martinの名前を合わせて名づけられた会社です。
第二次大戦前までは堅調な経営だったのですが、多くの自動車メーカーがそうであったように、戦後は経営不振のため倒産の危機に陥ってしまいます。しかし、実業家であるDavid Brownの経営参加により建て直され、当時のモデル名には彼のイニシャルであるDBという名前が付けられていました。
この1950年~60年代におけるDBシリーズの成功はアストン・マーチン社の歴史の中でも最も輝かしい時代だったのですが、1970年代になって再度の経営不振に陥ります。David Brownは経営から離れ、様々なオーナーの間をたらいまわしにされた後に、1987年にフォード・モーター社がアストン・マーチン社を買収することとなるのですが、フォードは再びDavid Brownを役員として招聘し、アストン・マーチンは再びDBで始まるコードネームを復活させたDB7を発表します。
それまでの伝統はあるが古臭い、好事家以外は見向きもしなかったアストン・マーチンはこのDB7により、フェラーリやランボルギーニ、ポルシェと並びエキゾチックカーの市場で好調に販売台数を延ばすようになりました。
しかし、フォード社本体の経営環境の悪化により、2007年には再度売却され、現在はWRCで活躍するプロドライブの創設者でF1のB・A・Rにも関わったデビッド・リチャーズやクウェートの投資会社2社などにより構成される投資家グループのもとで経営が行われていますが、フォードグループの時代に確立された路線は継承され現在に至っています。

このようにアストン・マーチンはその社名こそ連綿と引き継がれていますが、その経営母体は流浪の民のように転々とし現在に至っています。そこにはフェラーリやポルシェのようなエンジニアリング上の連続性はなく、唯一黄金時代であった初期のDBシリーズの名前こそがアストン・マーチンのブランドを形成していると言って良いでしょう。そしてフォードはそれを良く理解していたために、うまくそのDBシリーズの栄光を引き継ぐことに成功し、現在のアストン・マーチンの復活に結びつけたのです。
熱烈なアストン・マーチンのファンの方からお叱りを受けるのを承知で言わせていただければ、DBシリーズ初期のDB1からDB6(DBS)と現代のDB7以降のクルマとの間には、エンジニアリングの連続性に関しては何もないと言えます。現代のアストン・マーチンはその独特の下膨れのラジエーターグリルの形状によりアストン・マーチンであることが引き継がれたのみで、万人が見てアストン・マーチンに「見える」というだけのクルマです。
しかし、ブランドとは元来そういうもので、少なくともフォード社の方針は見事にそのブランドの本質を利用したと言えますし、現在のアストン・マーチンの成功はそれが過去のアストン・マーチンと無縁であったとしても、ブランド・マーケティングの理論に基づく理想的な成果であると思います。

AMV8010.jpg

前置きはさておいて、坂野さんのところにあるこのV8ですが、その名前から分かるようにDBが付かないモデルだということは、Devid Brownが会社を手放した後の、しかもフォードが買収する前の時代・・・すなわちアストン・マーチンがどん底だった時代のモデルです。
しかし、このV8はそのオリジナルデザインがDBSであったことから、「最後のアストン・マーチン」と呼ばれているのです。
DBSはそれまでのちょっと古めかしい、ボンドカーで有名なDB6とは全く異なり、アストン・マーチンが当時のライバルであったマゼラーティ、フェラーリ、ランボルギーニといったイタリアの高級GTカーと市場で勝負すべく開発されたモデルでした。しかしその努力も遅きに失し、このマーケットはランボルギーニ・ミウラが先鞭をつけたミッドシップエンジンの時代に移ってしまっていました。アストン・マーチンからすると近代的なDBSもフロントエンジンであるが故に流行から取り残され、アストン・マーチンの経営はさらに悪化し、1971年にDavid Brownはついに経営を投げ出してしまいます。そして残されたDBSは新しい経営者の許で、1972年に大幅なフロント部分のフェイスリフトの後、V8という「まんまの名前」で販売されることになりました。

AMV8012.jpg

元来のイギリス人の気長さと新型車の開発資金がないことから、このV8は1972年から1989年まで17年間に亙り製造されたのですが、その細かなバリエーションは大別するとSr.1からSr.5までの5種類に分かれています。初期のSr.1と2はインジェクションモデルで、その整備性と信頼性の悪さから、Sr.3以降はウェーバーの4連キャブレターを装備する・・・という時代に逆行する進化を遂げるのですが、搭載されたエンジンはその名前の通り、V型8気筒5340ccエンジンで4カム(DOHC)という開発当時からするとなかなかのものです。

AMV8009.jpg

エンジンパワーは公表されていないないので不明です(笑)
そんなバカな・・・と思われるかもしれませんが、当時のアストン・マーチン社はロールス・ロイス社と同様にエンジンパワーを公表しない主義でした。有名な逸話ですが、ある顧客がロールス・ロイス社に自分の愛車の馬力について問い合わせたところ返ってきた答えが・・・、

「お客様の必要にして充分なパワーでございます」

というものだったそうです(笑)

ハナシが脱線してしまいました。このように公表されてはいないものの、シャーシーダイナモによる計測だと280hpとも340hpとも言われています。その数値そのものは「まぁそんなもの」ですが、その排気量からトルクは充分で、1800kgの車重を0-400mの加速が14.3秒で、最高速度258km/hまで持って行ったのですから、確かに「必要にして充分」でしょう。

トランスミッションはクライスラー製の3ATとZF製の5MTが用意されていましたが、クルマの性格上からするとこの堅牢な3速ATのほうがマッチしていると思います。

AMV8006.jpg

内装はイギリスの伝統が顕著で、小牛5頭分と言われたコノリーレザーで仕立てられています。パネルもSr.3までウッドではなく結晶塗装ですが、Sr.4以降はウッドパネルが貼られ、一度乗り込むと伝統的な英車ワールドを楽しむことができます。

AMV8007.jpg

アストン・マーチンV8はイギリス人が北米のマーケットを意識して作り上げた、「アメリカ人から見たイギリス車とは何か?をイギリス人が考えたクルマ」だと言えます。さらにもう一歩進めて、アストン・マーチンはアメリカ人が好む味付けを加えて、より受け入れやすくアレンジした、所謂「ご当地中華」のようなクルマではないでしょうか。その土地の人々の嗜好にあわせて味付けをアレンジされた中華料理は大衆料理ならアリですが、高級食材を使った本格中華ではなかなか成立しないのと同様に、アストン・マーチンのような高級車マーケットにおいては過度のアレンジは成立しなかったのかも知れません。

ヨーロッパ的なスタイリッシュな外観を、スーパーレジェッラ工法という細い鋼管にアルミパネルを溶接して行くイタリアのカロッツェリアの手法で製作し、アメリカ人の大好きなビッグボアのV8エンジンを搭載しながらもアメリカ製のOHVエンジンとの差別化を図るために4カムとし、しかもそれはパワーアシスト付きのステアリングとATにより誰でもイージードライブでき、そして内装はコノリーレザーとウッドパネル(後期)で英国情緒を味わってもらうという・・・、
当に「至れり尽くせり」なアメリカ人の理想とするヨーロッパ製GTがこのアストン・マーチンV8だと思います。
無節操と言えばそれまでですが、個人的には決して嫌いではなく、むしろこのスタイリングにちょっとマッチョ風のフロントマスクは良く似合っており、今となっては手頃な値段でもあるこのアストン・マーチンV8は気になるクルマでした。

AMV8008.jpg

しかしこのサービス満点の(苦笑)V8は、アストン・マーチンのラインアップの中では最も多く販売が見込めるモデルであるにも係らず、その製造台数はオープン版の”ヴォランテ”とハイパワー版の”ヴァンテージ”を加えても3300台余りにしかなりませんでした。確かにこれでは経営が成り立つハズがなく、前述のようにフォードに売却されてしまうことになります。

AMV8001.jpg

この個体は1975年に製造されたSr.3と分類されるモデルで正規輸入車でした。

AMV8004.jpg

フェンダーミラーは当時の日本仕様のオリジナルで、とにかくオリジナル度の高いクルマです。
坂野さんはこれまたコツコツと手を入れて、永年に亙ってこのクルマを仕上げてきたそうなのですが、そのかいもあって私が今まで見たアストン・マーチンV8の中でも(と言っても3台程度ですが)一番の程度でした。

AMV8011.jpg

意外に大きいボディサイズに慣れてしまえば、トルクフルなエンジンとZF製よりはるかに壊れないATのせいもあり、運転もし易いクルマだと思います。
こんなアストン・マーチンがガレージに佇んでいる暮らしも素敵だと思いますが、私自身は・・・ますますアヤシイ人に見られてしまいますので我慢することにしましょう(苦笑)

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

コメント

ホントは

すっごく欲しいんでしょ?(笑)
逝ってください!

  • 2009/08/02(日) 01:15:33 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>こ~んずさん
昔から親に「なんでも欲しがるんじゃありませんっ」て叱られませんでした?

おお!
ステキなムルマですね。
僕も子供の頃からこのクーペのスタイルに憧れていました。
顔もイイですがファストバックのケツ、リヤウインドゥからまっすぐ平らに伸びたトランクリッドとフェンダーとの段差、そして小さなテールランプとその間の凹がたまりません。
写真のクルマは色もステキですね。
実車を見てみたいな。

あ、書きそびれましたがA112の一連の話、感動しましたよ

  • 2009/08/03(月) 09:31:31 |
  • URL |
  • 笹本隆太郎 #-
  • [ 編集]

>笹本さん
私もこういうファストバックスタイルのクーペは好きです。
ちょっと初代ギブリに似たスタイリングに、70年代のアメ車っぽいフロントマスクが似合ってると思います。
ボディカラーは薄い水色で内装も同じ色という、一歩間違うと下品な組み合わせが実に上品に纏め上げられていました。
現車はアルファ・デポで見ることができますよ。

ぼくは子供のころ、これとマスタングの区別ができませんでした。(苦笑)それにしてもボンネットの茶色の断熱材の素材はなんでしょう?集成材にもみえますが...

  • 2009/08/03(月) 11:45:26 |
  • URL |
  • なごやまる #-
  • [ 編集]

たしかS・コネリー・ボンドカーはDB5だったと思われますが(^_^;)。
V8はダルトン・ボンドカーだったと思います。上述から初めて理解できましたが資料によってはV8と書いてあったりDBSと書いてあったりしてました。

  • 2009/08/03(月) 12:27:10 |
  • URL |
  • pekepeke #-
  • [ 編集]

>なごやまるさん
それにしてもボンネットの裏に目が行くとは・・・(苦笑)
すいません。全く見てませんでした(汗)
今度、坂野さんに聞いておきますね。

>pekepekeさん
やっちゃいました・・・(汗)
ちゃんと確認してから書かないとダメですね。
ボンドカーもアストン・マーチン流の広告宣伝の戦略で、歴代のボンドカーに採用されることにより販売台数に直結しなくても車名の浸透には絶大な効果があったと思います。
一時、ロータスエスプリが海に潜ったり・・・というのはご愛嬌でしたが、アストン・マーチンのボンドカーは正統派じゃないでしょうか

>510 さん
詳細に取り上げていただきありがとうございました!
いつもながら510さんのクルマの解説には感心いたします。
ご来店時にはセルの不調で残念ながらエンジン音をお聞かせする事ができませんでしたが、回復しましたので今度試乗会でも催しますか!(笑)

>笹本さん
いつもブログ楽しく拝見しております!
私も笹本さんと同年代ですので、70年代のファストバックスタイルのクルマは妙にそそられますね。
若いころはマスタングなど手が出るわけもなくセリカLBを得意げに乗り回していた時代でしたから(笑)

>なごやまるさん
解説いたします!
ボンネット裏の黄色い部分はインシュレーター(断熱材)を剥がした後の接着剤の跡です。
張り替えるべく新しいインシュレーターを物色しているのですが、なかなか良い素材が見つからないので試案している最中です。
うかつに純正部品など注文しようものなら金額を見て冷汗が出ますので(笑)

  • 2009/08/03(月) 15:27:44 |
  • URL |
  • でぽ #eOmU3R2Q
  • [ 編集]

>デポさん
クルマ屋さんに誉めていただけると恐縮します。ちょこちょこっと調べて無責任に書いていますので、ジャーナリストの方の記事のようにちゃんと資料を精査して・・・というクオリティではありません(汗)
ただ、雑誌の記事と違ってそのクルマを誉め倒す必要がない分、自分の感性と解釈で書けるのは気が楽ですが・・・(笑)
今度、是非「納涼、古き良きアストンを感じる会」でも開催してください。

>510 さん
ツッコミ失礼しました(^_^;)。007好きなもので。
S・コネリー:DB5
G・レイゼンビー:DBS
R・ムーア:なし
T・ダルトン:V8
P・ブロスナン:V12ヴァンキッシュ
D・クレイグ:DBS(NEW)
です。
やっぱりV8格好いいです。
以前、京商コンビニミニカーでもありましたよね。V8はお気に入りです。

  • 2009/08/03(月) 23:10:56 |
  • URL |
  • pekepeke #-
  • [ 編集]

>pekepekeさん
まとめていただきありがとうございます。
そういえば子供の頃にコーギーのDB5を持ってました(汗)
遊び倒して壊してしまったのが残念です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/639-052a63d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。