走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア自動車雑貨店

イタ雑 007

その店は昭和の香りを色濃く残す、昔ながらの料亭や飲み屋がひっそりと佇む路地裏にありました。
周囲の店構えからはおおよそ馴染まないとも思えましたし、ご時勢からワンルームマンションなどか建ち始めた周囲の新旧合い混ざった混沌とした街並みに溶け込んでいるとも思えました。

私がこの店を初めて知ったのはNAVI誌の広告でした。
「イタリア自動車雑貨店」
店の名前を見ただけでは扱っているものが分かりそうで分からないところは、その店の場所の混沌としたところにどこか似ていたのを懐かしく思い出します。

案の定、道に迷ってしまいすぐには辿りつけなかったのですが、ようやく見つけたその店は3人も客が入れば一杯になってしまうほどの小さな店でした。そして天井近くまでディスプレイされた様々な商品は初めて見るものばかりで、一日居ても飽きなかったことを覚えています。
私はこの店が大好きになってしまいました。それは小さな頃に通い詰めた近所の駄菓子屋や商店街の中の模型屋と同じ臭いがしていたのです。

そこに置いてあるものは、それがなければ生活ができない・・・という商品は何一つとしてありません。
加えて言うなら、それがなければクルマが走らない・・・というものでもありません。
ただ、ニヤリとしたり、エッ?という「心が欲しがる」商品ばかりでした。
このようにこの店の商品は一枚のステッカーから、そこには何かしらの思い入れが感じられる商品ばかりでしたが、それでも自動車雑貨という商品カテゴリーは理解するのが難しく、果たしてどれほどのマーケットが存在するのかすら分かりませんでした。

暫く通っているうちにだんだんお店の方ともハナシをする間柄になり、太田社長をはじめスタッフの皆さんがクルマが好きで、イタリアが好きで・・・という気持ちを理解するにつれ、益々この店が好きになって行きました。陰ながら、「どうか潰れませんように・・・」と祈りながら通っていたのを思い出します。
おりしも、インターネットが普及し始め、通販での販売が伸び始めた時期でした。しかし残念ながら、この店には梱包をする場所すらありませんでした。雨が降らないことを祈りながら、店先でダンボールを切り、上手に梱包をする手際に見とれながら、それでもあまりの量に見かねてお手伝いをしたこともありました。

イタ雑 001

そしてバブルが弾け、この小さな店には大きな岐路が訪れます。それは店舗の移転計画で、ちょうど新宿通り沿いの銀行が入っていた場所が格安で新しいテナントを募集していたのです。
家賃がいくら安くなったとは言え、今までの裏路地の小さな店から広々とした表通りの一等地の店舗に移るというのは家賃総額では圧倒的に負担が増えるため経営的には大決断で、一歩間違うと後戻りのできない事態にもなりかねません。スタッフの間でも賛否両論がありました。
そして太田社長が下した決断により、現在の場所に店舗を移すことになったのですが、そのリスクも考えた上での決断の理由は・・・、

「もっと多くのお客様に来てもらい、直接手にとって商品を見てもらいたい」

というものでした。確かにインターネットでの販売は好調でしたが、太田社長はイタリア自動車雑貨店をネットショップにするつもりはありませんでした。やはりヒトが好きで始めた商売ですから、直接お客様と接することができることが重要だと考えたのです。また、商品の点数が増えるに従い、当時の店舗ではその全てを手にとって見てもらうことも適わなくなっていました。

イタ雑 004
イタ雑 006
イタ雑 010

結果としてこの店舗移転は大成功でした。最初はどうやってスペースを埋めようかとアタマを抱えるほどの広々とした店舗は、あっと言う間に商品で埋め尽くされてしまいました。それでも、訪れるお客様がゆったりと商品を見て廻れるスペースと、雨の日でも安心して梱包作業ができるバックヤードが整いました。さらに、以前の店舗からの夢であった、お客様が一休みできるバールも設置されました。
しかし、表通りに店舗を移した利点は単に店舗が広くなったことだけではありませんでした。
以前の場所では考えられなかったことですが、通りを歩く全くクルマに興味の無いお客様が訪れてくれるようになったのです。イタリア自動車雑貨店と言いながらも、取り扱う商品もイタリアのアパレルやカバンなどが増えて来ました。そしてそれらは日本のどこにでも売っているものではないのです。

イタ雑 015

この店の商品は太田社長以下のスタッフが直接見て、触れて、納得して仕入れたものばかりです。
それはどんなに商品点数が増えても開店当時から変わることがありません。だからこそ、その一品一品に愛情と誇りが持てるのだろうと思います。通常の仕入れルートでは絶対に手に入れることはできないであろう一品モノや、コレクターのもとで大切にされていたであろうレア物など、それは恐らく金銭という対価だけでなく、情熱がなければ譲ってはもらえなかったであろう品物です。
そうやって足と情熱で探し出した商品を簡単にコピーされたり、オークションで高値で転売されたりするのを見ると、自分のことのように腹が立つのは、その行為にイタリア自動車雑貨店の皆さんが最も大切にしている商品に対する愛情を踏みにじられたと感じるからでしょう。

路地裏の雑貨店から現在の立派な店構えに変わっても、この店には全く変わらないものがあります。
それは、社長を始めとするスタッフの皆さんのこの「気持ち」だと思います。
自分達の取り扱う商品を愛し、それを買っていくお客様を愛する心が太田社長以下、アルバイトの皆さんにまで共通して浸透しているの見るにつれ、大企業がどんなに高いコンサルティング料を払い、社員を教育訓練してもなかなか達成できないことを、このイタリア自動車雑貨店では空気のように自然に感じることができるのです。

イタ雑 012

地方の方で通販でしかイタリア自動車雑貨店を利用したことのない方は、このバックヤードで一生懸命一品一品を丁寧に梱包している彼らを想像してみてください。
そして、実際にこの店を訪れたことのある方は、イタリアから届いたいい加減な梱包の商品を全て確認し、汚れているものは丁寧に拭き上げ、しわになっているものはアイロンまであてて、その商品を慈しむように店頭に並べている彼らを想像してみてください。

外から見ていると合理化できるところは沢山ありますが、それでも彼らがその手間を厭わないのは、合理化することにより失うものがあることを知っているからではないかと思います。
イタリア自動車雑貨店はこれからも、
「変わらないでいるために変わっていく」
でしょう。
それを見続けていけることは幸せなことだと思います。

(追記)
ずっとこの店のことを書こうと思い、下書きを書いては直し、書き足しては消し・・・を繰り返し、なかなか今まで書き上げることができなかったのは、その思い入れが強すぎたのかも知れません。ヨイショをするつもりも美化するつもりもなく、一顧客としてこの店を見続けてきた素直な感想です。
自分自身の40代最後の誕生日にこの1年以上かかった原稿を書き上げようと以前から決めていました。
えっ?誕生日プレゼント?値引き?そんな気を遣わないでくださいね(笑)

クリック↓お願いします!
b_01.gif
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

コメント

誕生日おめでとうございます(笑)
今日は大変お世話になりました。ちなみに僕と同じ双子座なんですね。
あと、僕が初めてイタ雑を訪れたキッカケも偶然にNAVIの広告?というか、確か小さな記事?でした。オープン間もない時に当時の彼女(今の嫁さん)と行って、その時に買ったアルファのポストイットはまだ大切にとっています。。
僕は恥ずかしがり屋なので未だに社長とはなかなか話せないけれど、いつか、この想いは伝えたいと思ってます。感慨深いなぁ

  • 2009/06/07(日) 01:51:59 |
  • URL |
  • スッド #-
  • [ 編集]

おー!

お誕生日おめでとうございます!
510さんもいよいよ還暦なんですね(笑)
このお店、私も何度か行った事があります。

>全くクルマに興味の無いお客様が訪れてくれるようになった

かなりマニアックなのに普通の人が買いにきてくれるお店って私は他に知りません。

  • 2009/06/07(日) 06:50:12 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

おぉー

誕生日おめでとうございます!
贔屓にしているお店が立派になっていくところを見ていると、うれしくもあり、ちょっとさびしくなったりもしますよね。
でも、変わらずに居てくれるというのは、人間が出来ていると思います。
私が始めて訪れたのは、現在の新しい店舗からです。
商品量の多さの割には雑然とはならないように考えられていて、大人の宝探しの場のようなお店の雰囲気が大好きです。

  • 2009/06/07(日) 07:39:14 |
  • URL |
  • おてつ #-
  • [ 編集]

>スッドさん
ありがとうございます。スッドさんと私とは車歴とか他にもイロイロと共通点があるんですよね(笑)
恥ずかしがり屋かどうかは定かではありませんが、想いは伝わっていると思いますよ。

>こ~んずさん
し、失礼なっ!でも、確かにもうすぐのような気がします(苦笑)
マニアックな商品も確かに置いてあるのですが、FIATのレタードフェルパなんかカジュアルに着こなせますもんね。若い女性客も多いんですよ。

>おてつさん
ありがとうございます。確かに探検気分で楽しめるのは、クルマ好きのドンキホーテなのかも知れませんね。でも、ドンキとの大きな違いはディスプレイのセンスで、そこは一線を画しているところが好ましく思っています。

お誕生日おめでとうございます。
「イタリア自動車雑貨店」、ネットでしか訪れることがないので、いつか実際に行ってみたい店です。
写真を見る限り、私が訪れるには御洒落すぎますが(^_^;)。

  • 2009/06/08(月) 12:29:41 |
  • URL |
  • pekepeke #-
  • [ 編集]

>pekepekeさん
ありがとうございます。
大丈夫ですよ~。お店は確かにお洒落ですが、スタッフの皆さんは・・・(笑)

お誕生日おめでとうございます

>>510さん
お誕生日おめでとうございます
イタリア雑貨店さんは、僕もネットでしか接点ないのですが、大変丁寧な対応に感謝しておりました。実際店舗にお邪魔して、商品を手にとってみたいんですが・・・
実は僕も昨日とても良いことがありました。皆さんに公表できるようなことではないのですが、この歳になってもドキドキできることでした。

  • 2009/06/08(月) 20:21:44 |
  • URL |
  • レボ #bOQz3XWI
  • [ 編集]

>レボさん
ありがとうございます。
>この歳になってもドキドキできることでした。
道端に164が落ちてたとか・・・(笑)でも気になりますねぇ。今度お目にかかったときにでも教えてくださいね。

お誕生日、おめでとうございます。
ちょっと意外な感じもしましたが、イタ雑ってそんな小さな店舗だったんですね。それもなんか夢があっていいですね(笑)
しかし、さすが510さんというか・・・梱包作業を手伝ってたとは(笑)
イタ雑は理屈抜きに大好きです。ただ、行く度についつい散財してしまうのが悩みの種です・・・。

  • 2009/06/08(月) 22:51:47 |
  • URL |
  • きゃつお #-
  • [ 編集]

>きゃつおさん
ありがとうございます。
現在のお店しか知らない方には意外かも知れませんね。でも彼らの精神的な原点はその小さな雑貨店なんですよね。

おめでとうございます~と。ところで何日なんですか? お誕生日は。歳は聞きません。
ワタシに近づいてますが、一緒にワタシも逃げますから。
イタ雑は一回だけ行きましたね(今の店舗。トイレも借りました)。
QVの△クローバーステッカーとフロントの丸いエンブレム買いました。
QVの△ステッカーは営業車に貼ってます。

  • 2009/06/08(月) 23:34:37 |
  • URL |
  • kouichi #-
  • [ 編集]

>,kouichiさん
ありがとうございます。
別に女性じゃないですから構いませんよ。1960年6月7日生まれで、40代最後の年を迎えました。自分が初めてアルファ75を買ったときに、50歳のときに何に乗っているのだろうと思いましたが、まさかこんなコトになってるとは(笑)
さて、70歳になったときには一体ナニに乗ってるんでしょうか?

おくればせながら、おめでとうございます。
ワタシもNAVIの広告を頼りにイタ雑を訪れました。本当に路地裏の駄菓子屋みたいで、子供の目に駄菓子屋が輝いていたように大人の”駄菓子屋”はその薄暗い路地で輝いていました。
何故かランチアのゾウさんバッチを買っちまったのを覚えています。
無駄遣いをしてしまうところも”駄菓子屋”でした。
新しい店舗は立派過ぎて昭和オヤジには一寸眩しすぎます(笑)

  • 2009/06/09(火) 11:23:28 |
  • URL |
  • Jamaoka #aYDccP8M
  • [ 編集]

>Jamaokaさん
お久しぶりですね。ありがとうございます。確かにあの広告の地図は分かりにくかったですね(笑)
それも演出だったのでしょうか・・・。

イタ雑、移転前から通ってましたー
店内を物色しているときに人がすれ違えない
ほどのコンパクトさが懐かしいです。
(クルマを停める場所に毎回困りましたが 苦笑)

おもに小物類でずいぶんとお世話になりましたが、
ちょっとしたパーツであればその場で無料で取り付けて
もらえるのがうれしいサービスですね。

今は遠くにいるのでなかなか訪問できないのですが、
通販でなく、上京する用事のあるときに立ち寄って
直接買い物したいという気にさせてくれるほど
ワクワク感のあるお店です。
次回はいつ行けるでしょうか、、、

  • 2009/06/09(火) 19:54:43 |
  • URL |
  • chifurinn #UwkW36/E
  • [ 編集]

>chifurinnさん
確かに通販で買うと取り付けまではしてもらえませんものね(苦笑)
イタ雑の竹内名人には随分とお世話になってますね。某クラブのメンバーはカーボンパネルをピラー全部に貼ってもらいご満悦でした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2009/06/15(月) 18:00:24 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

いやぁ。

いい記事ですねぇv-48
お店への愛情が感じられるとても素晴らしい文章だなぁと思いながら読んでいたら、まさか一年以上かけて推敲を重ねていたとは(笑)。

お店に行ってみたくなりました。

いや、必ず行ってみます。

  • 2010/05/21(金) 22:46:27 |
  • URL |
  • udon@A112 #EGTCt1XI
  • [ 編集]

>udon@A112さん
久しぶりに読み返したんですが、恥ずかしいですね。1年の推敲というのは大げさに書いてしまいましたが、書いては消し、途中まで書いて何か違う・・・と思い、ちょっと間を置いたりしているうちに1年が過ぎてしまったというのが本当のトコロです。
機会があれば是非お訪ねください。
きっと好きになると思いますよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/10/26(金) 15:55:48 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/612-679cbda1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。