走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懲りないアルファ・ロメオ

ようやくイベントが一段落し、こういった日常のネタ?を書くことができます。
発売当初に周囲のブログネタとして取り上げられたために遅きに失した感は否めないのですが、私もちゃんと買いました(笑)

PC001.jpg

通好みの車種をモデル化することで最近注目株のSpark-Modelですが、最初にこの164V10 Pro-Carがモデル化されると聞いても俄かには信じられませんでした。
良く言えば稀少車、悪く言えば「ゲテモノ」と言って良いこのPro-Carですが、実車の解説に関しては
IKEAさんのブログ記事をお読みいただき、私はサボらせていただこうと思います(笑)

IKEAさんも書かれていますが、個人的な解釈ではこれは立派なゲテモノで、F-1用に開発したV10エンジンの始末に困ったアルファ・ロメオが、おりしもFIAから発表されたこの新しいレースカテゴリーに飛びついただけのことで、ただでさえ開発費が嵩んだ行き場の無いV10エンジンを何とかするために、わざわざブラバムにシャーシーまで開発させ、さらに傷口を広げる結果となったのです。

PC002.jpg

もし、仮にこのレースが開催されていたならば、一体どんなチームが参加したのでしょうか?
F-1コンストラクターは市販車を売っているワケではありませんから、このカテゴリーには魅力はなかったでしょう。とすると、量産車メーカーでF-1に打って出るほどの資金力がない、若しくはこのカテゴリーで勝ってダイレクトに販売に結び付けたいと考えているメーカーということになるのでしょうが、そんなメーカーが、「車体がベースとするロードバージョンのモデルと同一の形状なら、重量が750kg以上で、搭載エンジンが3500cc12気筒以下ならナンデモアリ」などという、一体開発費が幾らになるかも分からないようなレースカテゴリーに参戦できるはずもなく、当然の結果として「企画倒れ」に終わるのですが、仮にメルセデス、BMWやルノーが参戦していたならば、後のDTMよりも遥かに迫力あるレースになり、場合によってはF-1の前座として企画されていたこのPro-Car選手権のほうが、メインレースのF-1よりも面白くなっていたかも知れません。

PC003.jpg

机上で考える「こんなレースがあったら面白い・・・」という企画も、参戦する側の経済的事情と販売促進の費用対効果を考えなければ実現しないという好例がこのPro-Car選手権なのですが、それ以前も、それ以降も、FIAの「机上の空論」は後を絶たず、度重なるF-1のレギュレーション変更もその机上の空論の繰り返しだと思います。
レースを興行と捕らえるかスポーツと捕らえるかは、その立場と目的によって異なるとは思いますが、そのどちらの立場にとっても最悪なのが「デキレース」で、競争するからには「速いヤツが勝つ」のが基本だと思います。
その原点に立てば、このPro-Car選手権は「アリ」だったと思いますが、残念なことに参戦するチームがなければどうしようもありません。

PC004.jpg

アルファ・ロメオにとってこのPro-Car選手権は「渡りに船」だっただけのことで、その参戦に至る経緯は、アルファ・ロメオのかつての精神構造である「出られるレースには何でも出る」という勝負師の行動原理が見え隠れしています。アルファ・ロメオにとってレースに出る・・・ということはクルマを売る・・・ことと同じくらい重要で、販売促進や技術開発などは後から取ってつけた理由でしかなかったのではないでしょうか。
ところがそんな精神構造を持ったメーカーはそうそうあるハズもなかったために、レースそのものがキャンセルとなったのは皮肉なもので、いかにアルファ・ロメオと言えども戦う相手がいなければレースは成立しなかったというお粗末でした。

PC005.jpg

Museo Alfaromeoに展示されている実車は、アルファ・ロメオにとって「反省材料」なのか「不幸な生い立ちの名車」なのかは分かりませんが、FIAT傘下になった現在からすると、これからの将来においては二度と生まれないであろうクルマであることには違いありません。

ミニチュアモデルそのものについては皆さんが書かれている通り、Spark-Modelのスタンダードからすると少し残念な出来栄えで、特にフロントの形状が角ばりすぎており、随分とイメージを損ねています。
しかし、それ以前にレジンモデルしか存在しなかったこのクルマがミニチュア化され、フツーに市販されただけでもそれは凄いことで、私たちは感謝すべきでしょう。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

>特にフロントの形状が角ばりすぎており、

フロントマスクだけをみるとスカイラインRS鉄仮面に見えるのは私だけ?

  • 2009/06/02(火) 10:09:04 |
  • URL |
  • なごやまる #-
  • [ 編集]

>なごやまるさん
実車でもそれは言われましたね(苦笑)
他にもマークⅡのテールレンズとかアルファ164のデザインは他車に影響を及ぼしていますね。

写真でしか見たことないですが、現車も不思議な違和感がありますよね。
フミアさんはV10 Pro-Carを見てどう思われたんでしょうか(^_^;)

  • 2009/06/02(火) 12:26:51 |
  • URL |
  • pekepeke #-
  • [ 編集]

フフフフ・・・

思いっきり出遅れましたね(笑)
おまけに解説をIKEAさんから拝借するなど言語道断!
この重罪の裁きはAlfa164 O/C更新費を私だけ無料の刑に処す!
これにて一件落着(爆)

  • 2009/06/02(火) 22:31:42 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>pekepekeさん
>フミアさんはV10 Pro-Carを見てどう思われたんでしょうか

そう言えば話題にしたことすらありませんでした(爆)
今度聞いておきますね。

>こ~んずさん
IKEAさんの詳細な解説以上のものを書けるとも思えなかったんですよね(苦笑)

>この重罪
こ~んずさんには言われたくないですよねぇ(笑)

あ~、解説サボったなー(笑)
こ~んずさんの詳細な記事もリンクしてください(笑)
ちょっとモデルの造形は残念な仕上がりですが「出た」だけでも喜ぶべきですよね。
実はABARTHの名前が入った164 V10 PRO-CARがあるそうです。
時期的にはありそうなハナシです。
実際にレースが行われていたとしても長続きはしそうにありません。
だって市販車のボディーに中身はF1でしょ。安全性は???だったと思います。
他のメーカーはそこが最大のリスクと思ったんですからね。

  • 2009/06/15(月) 00:30:16 |
  • URL |
  • IKEA #-
  • [ 編集]

>IKEAさん
おかげさまでサボらせていただきました(笑)
こ~んずさんの解説も・・・と思ったのですが信憑性が(爆)
確かに昔のグランチャン程度ならまだしも、これじゃまんまF-1ですもんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/610-e98f6a8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。