走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラリーの醍醐味

Karu13.jpg

最近は競技としてではなく、イベントとしてのラリーが随分一般的になってきました。
自動車競技としてのラリーはWRC(World Rally Championship)に代表されるように定められた時間で移動するリエゾンという区間と、スピードを競うスペシャルステージから構成され、その総合成績で順位が決まるのですが、当然のことながらこの形式のラリーを私たちのようなオーナーズクラブのイベントとして公道で実施するのは不可能です。

そもそもラリーとは中世に西洋で騎士が活躍していた時代に領主が非常時に備えて定期的に騎士を招集したことが始まりだと言われています。
領主が決めた場所と日時に、各騎士が間違いなく定刻に参上するかどうかの訓練として実施されたため、ラリーという言葉には「定められたところに再び集まる」とか「隊列を整える」という意味があるのです。ですので必ずしも競技として行う必要はなく、出発地点に戻ってくるルートでドライブすることはラリーと呼んで良いのかも知れません。
公道で安全に行われるラリーには、定められた時間でコースを走るタイムラリーや、コース上のチェックポイントで出されるクイズに答えていくクイズラリー、そしてチェックポイントで買い物をするスカベンジャーラリーなどがありますが、これらの要素を組み合わせて各々の主催者が趣向を凝らして実施されているラリーは、本格的なものからお遊びまでまさに百花繚乱の様相を呈しています。

今回のラリーは定められたコースを走り、コース上の数箇所に設定されたクイズに答え、最後に設定されたタイムとの差により順位をつけるという複合ラリーで、そのコース設定は旧軽井沢から中軽井沢を経て、浅間山、白糸の滝を巡るという軽井沢を周遊するものでした。結果はともかく、このコースだけでも充分ドライブが楽しめるものでしたから、ラリーが苦手なメンバーも素晴らしい景色を楽しめたのではないでしょうか。

karu11.jpg

コースを辿るには各ポイント間の距離が記されたコマ地図に従って走るのですが、本格的なラリーでは予めメーター補正を行います。
クルマのトリップメーターは各車で少しづつ誤差があるために、そのまま地図に記載された距離を自分のクルマのトリップメーターの表示で判断することはできないのです。そのため、スタートしてすぐに一定の距離を走行し、基準となるクルマのトリップメーターと自分のクルマのメーターとの誤差を補正する補正値を計算しておくのですが、こういった作業をしながら走行するためには助手席のナビゲーターが不可欠で、今回は参加するメンバーが必ずしもナビゲーターと一緒とは限らなかったので、一定区間を走行するとトリップメーターをリセットし、その誤差が蓄積されないように配慮されていました。このような設定は数をこなしていないとなかなか出来るものではありません。
今回の幹事さんの力量は流石です。

Karu12.jpg

スタートは3分間隔でしたので、走り出しても前車は全く見えませんから自分でコマ地図を見て走るしかありません(苦笑)。
途中のクイズもその場所に行かなければ答えられないものばかりで、ミスコースをするとクイズに答えられないだけでなく、走行時間も狂ってしまいます。
それでも途中で写真を撮ったりしながらミスコースもなくゴールしたときにはスタートしてから2時間が経過していました。
最初は勝つ気満々でクイズの解答を一生懸命に探していたのですが、流石にお腹が空いてしまい、ゴールの軽井沢アウトレット内で答える2問のクイズはパスして昼食会場に行くことにしました。間違ったり答えられなかったクイズはタイムに加算されることになりますが、背に腹は代えられません。

全員が揃ってバイキング形式の昼食も終わり、いよいよ表彰式となったのですが、結果はなんと1位をゲットすることができました。もちろんこれはドライバーが優れていたワケではなく、偶然の結果ではあるのですが、それでも1位は気分が良いものです(笑)。
賞品は有難いことに車載消火器でした。916SpiderにはFiremasterの車載消火器を積んでいますので、これは緑スパに積むことにしましょう。

karu14.jpg

記念撮影も終わり、無事に解散となったのですが、ここからが苦行でした。帰りの上信越道は事故で渋滞し、さらに関越道も数箇所で事故が起こっていたのです。やはり1000円の影響で不慣れなドライバーによる追突事故が続発し、それを見物するために更に渋滞が起こるという悪循環でした。

karu15.jpg

仕方なく、途中で高速道路を降りて川越街道で都内に戻ることにしたのですが、これまた渋滞・・・で都内まで5時間もかかってしまいました。

今回のツーリングは帰りが疲れましたが、私にとっては本格的なラリーが楽しめた有意義なものでした。このスタッフなら秋の蓼科クラブランもお任せして楽しませてもらえるのではと思いましたが、きっとこのブログを読まれているに違いありませんから、すぐにブーイングが起こるのでしょう(苦笑)

でも、今年はやってくれませんかねぇ・・・。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

コメント

1枚目の写真

いいですねっ!
行きたかった・・・(^^;

  • 2009/04/19(日) 16:20:24 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>こ~んずさん
いいでしょ(笑)
道のど真ん中にクルマを停めて写真が撮れるほど空いてたんですよ~。

今回のラリーは、とりあえず楽しんでいただけた様子でほっとしております。
ただ、コースやクイズの確認が当日の走りながらとなり設定事態が不十分、また帰宅状況も含めた全体配慮など課題が露呈してしまいました。にわかサポートゆえご勘弁ください。
私も久しぶりにイベント企画側を楽しませていただきましたが、やはり164OC理事の皆さんの足元にも及びませんので、蓼科はエントラント側で参加させていただきたく、よろしくお願いいたします。

  • 2009/04/23(木) 14:34:56 |
  • URL |
  • keno #sq1wLxC6
  • [ 編集]

>kenoさん
こちらこそ楽しませていただきました。
確かに下見と当日は環境が異なったり、様々なドタバタがあるものですが、それも含めて楽しむのがラリーだと思いますよ。私も昔、目の前でチェックポイントに指定されてたバス停が廃止になり、トラックに積まれて走り去るところを目撃しました(爆)
>蓼科はエントラント側で参加させていただきたく、

逃がさへんでぇ・・・(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/588-2b87fe25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。