走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spiderもお漏らし!!

DSC00370.jpg

アルファ164Q4のほうは様々なお漏らし地獄を経験しましたので、アルファSpiderはきちんと初期化をし対策を講じておいたのですが、そこはやはり機械モノで、ある日駐車場の下にオイル染みを発見してしまいました。
よく「オイル漏れはオイルが入ってる証拠」などと軽く見られがちですが、原因を特定しないままオイル漏れを放置しておくと思わぬオオゴトに発展してしまう場合もありますから、まずは原因の追究です。

早速、主治医のクイック・トレーディングに入場してチェックして見たのですが、どうやらヘッドからのオイル漏れのようです。

DSC00343.jpg

それではと、早速ヘッドを開けてみたのですが、プラグホールにオイルが溜まっていました。どうやらヘッドのシールが不良だったようでそこからオイルがプラグホールに染み出していました。

DSC00366.jpg

DSC00365.jpg

これで原因が分かったので、早速ゴムシールを交換したのですが、このシールは先日の初期化の際に交換したばかりの部品です。
ところが、このゴムというのは本当に曲者で、幾ら新品であってもそれが10年間在庫として眠っていたとすると、もはやそれは決して新品とは呼べない劣化したゴムである可能性もあるのです。また規定トルクできちんとヘッドカバーを締めなければ、一部にテンションがかかってしまいオイル漏れの原因となる場合もあるそうです。
ヘッドからオイルが漏れて床にまで染みているような場合は、火災の原因になる場合もありますからそれが少量でも原因を特定して対処しておく必要があります。

DSC00368.jpg


やれやれと思ったのもつかの間、実はオイル漏れはこれで治まらなかったのです。原因探しはまだまだ続きます…

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/58-5e90450a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。