走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spider Day

20070104134619.jpg

Spider Dayは小淵沢で2日間に亘って開催されたのですが、私の場合は仕事の都合で2日目のみの参加になってしまいました。
意識して注意していない限り、普段、街中で見かけることはめったにないアルファSpiderですが、この日ばかりは20台以上が会場であるリゾナーレ小淵沢に集まりました。

どんな方々が…?と興味津々で参加したのですが、意外だったのは皆さんの「お行儀の良さ」でした。
もう一方のオーナーズクラブの場合は、すでに「旧知の仲」であるために、会った途端に…(書けません)な場合もあるのですが、今回は皆さんちゃんと自己紹介をし、静かに幹事さんのハナシも聞いています。
じゃあ、よそよそしいのかと言うと全然そんなことはなく、皆さん笑顔で打ち解けているのがとても印象的でした。クルマの性格上、カップルでの参加が多かったのが理由の一つでもあるのでしょうが、クルマの種類でオーナー像が分かれるのが実感できました。
クルマ自身もヘンな改造がされているものはなく、むしろオリジナル状態を基本に、弱い部分や気に入らない部分をモディファイしている好感のもてる個体ばかりでした。

20070104134648.jpg

会場には試乗車ということで日本で発売されたばかりの新型Spider(V6 4WDモデル)もやって来ていました。皆さん順番に試乗をしていましたが、個人的には全く興味が湧きませんでした(ゴメンナサイ)。
もちろん、いずれ機会があればきちんと試乗をしたいとは思っているのですが、興味が湧かない最大の理由はその車重にあります。ナント!アルファ164Q4より重い1.8トンもあるのです!!
個人的なコダワリではあるのですが、アルファSpiderのポイントはその車重の軽さからくる軽快感にあると思っています。もともと長距離をグランドツーリングするクルマではありませんから、走る際のヒラヒラ感というか、折角の「屋根のない軽さ」(本当は剛性アップのための補強などで軽くはならないものですが…)が実感できなければSpiderらしくないと思います。

20070104134638.jpg

ですので、916系SpiderもV6モデルではなく2.0Lの4気筒のほうを選んだのですが、面白かったのは試乗されていた皆さんで、それがV6モデルのオーナーであっても、殆どの方が新型Spiderを発進させるときにエンストしていたのは、皆さんのカラダが916系Spiderの軽さとエンジンのトルク感に慣れていたからではないでしょうか。

さて、リゾナーレ小淵沢の駐車場を後に、ドライブがてら集団で移動したのですが、前も後ろもSpiderというのも初めての経験で、これぞオーナーズクラブのイベントの醍醐味!と思ったのですが、もっと凄かったのはその移動先での駐車方法でした。ちゃんと幹事さんが先導し、駐車場でボディカラー毎に集めて一列に駐車したのです。
駐車場所が素晴らしかったため、そんなコトができたのもありますが、某オーナーズクラブでは久しくやっていませんでしたので、とても新鮮で感動したシーンでした。

20070104134608.jpg

この光景を見るためだけでも参加した意味はあったと思いますが、こういった企画を準備し運営する労力を良く知っていますので、会長さん幹事さんに感謝の気持ちもひとしおでした。
そして、参加賞で配られたフミアさんのサイン入り写真を皆さんが喜んでくださり、宝物のように扱っていただいているのをその後の参加された方々のブログで拝見するにつれ、微力ながらお手伝いできたことが嬉しかったイベントでした。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/57-434ea325
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。