走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良家のお嬢様

RIMG0005-1.jpg

代車で借りた走行90,000kmのAlfa147ですが、結論から言うとその程度の良さ(ヤレの少なさ)にびっくりしてしまいました。
この個体のグレードは2.0TS Selespeedと呼ばれる3drのセミオートマモデルで、前オーナーの好みで少しモディファイが施されていました。
まずは、GTA用の17inchホイールと215-40サイズのタイヤなのですが、その外見はともかく、これはノーマルの足回りにはちょっと勝ちすぎていました。

RIMG0010.jpg

デザインとその佇まいは良いのですが、実際に走行してみると柔らかなノーマルの足回りに対してネガばかりが目に付いてしまいました。やはりノーマルの16inchがAlfa147にはベストマッチだと思います。
さらにブレーキも強化されていました。TAROXのローターとパッドの組み合わせは素晴らしく、ノーマルに比べて確実にストッピングパワーが増していました。確かに高価ではありますが、このモディファイはオススメです。

Alfa147の外観上で最も気に入らない部分がマフラーです。ノーマルのマフラーエンドは結構貧相で、アルミの弁当箱のような大きなサイレンサーは後ろから見たときに興醒めなのですが、この個体はクイックのオリジナルマフラーが装着され、リアの眺めは随分と精悍になっていました。

RIMG0009.jpg

このマフラーはアイドリング時に少しコモリ音がするものの(これも演出でしょうか・・・)、エンジンを廻して行くにつれ抜けの良いサウンドを奏でるマフラーで、その外観とサウンド共に楽しめる装備です。

内装は一番驚いたポイントです。過去のアルファ・ロメオがライバルに対して最も劣っていた部分がこの内装の品質だったと思います。そのデザインはともかく材料の品質も製造品質も劣悪で、商品として見たときにはとても買う気にはならなかったのですが、Alfa156でようやくライバルに肩を並べた内装の品質は、このAlfa147でリードしたと言って良いでしょう。

RIMG0013.jpg

日本車の殆どが現在のように複雑な形状のダッシュボードでも、その成型を一体で行っている頃、アルファ・ロメオは未だに分割で組み合わせる方法を採っていました。そのために新車時からきしみ音が出ていたのですが、このAlfa147は走行90,000kmであっても不快なきしみ音は一切出ていませんでした。成型技術も、その組み立て技術も日本車と肩を並べたと言って良いでしょう。少なくともカローラクラスには充分到達している(笑)と思います。

RIMG0018.jpg

助手席の前はレッグルームを稼ぐために抉られているのですが、これも先代のAlfa145から引き継いだ部分で、現在のAlfa159にも継承されています。

RIMG0014.jpg

シートはオプションのレザーが装備されていました。さすがに運転席には擦れがありましたが、助手席や後席は綺麗な状態でしたので、どうやら前のオーナーはシングルドライバーだったのかも知れません。
ヨーロッパ車はそれが例え小型車であってもシートの造りが良いことには定評があるのですが、このAlfa147も例外ではなく、素晴らしいシートを装備しています。特に座面の荷重分布が絶妙で、座ってもどこか一部が痛くなったりすることはありません。どんなに日本車のシート形状が立派でも、密度の異なるウレタンを組み合わせたり、表皮の張り具合で反発力を調整したり・・・などのシート造りの技術はヨーロッパに一日の長があります。この辺りになると文化の違いで、クルマのコスト配分の中でシートにどれだけお金をかけられるか・・・といった問題もあるでしょうが、お金さえかければ良いシートが作れるか・・・というとそうでもないのです。
一番分かりやすい実証実験はシトロエンのディーラーに行きC5にでも試乗してから、レクサス店に行けばどんな能書きも不要なほど実感できると思います。

内装で唯一と言っても良い問題はドアのグリップで、その材質が柔らかい樹脂を使ってラバーのような演出をしているのですが、傷がつきやすく、爪の痕がすぐ付いてしまいます。実際にこのクルマも傷だらけになっていましたが、手に触れる部分ですので中古車として購入する場合は、新品に交換するか、グリップに何か巻くなど対策を施したほうが良いでしょう。

RIMG0020012.jpg

トランクスペースはそのボディ形状からあまり期待はできませんが、必要にして充分といったところでしょう。ただし、イザとなれば後席を倒すことによりイッキに荷室が広がるのはハッチバックの魅力です。

RIMG0023.jpg

エンジンはFIATのブロックにアルファ・ロメオのツインスパークヘッドを載せたものでAlfa155、Alfa145、Spider/GTV、Alfa156に搭載された定評のあるエンジンです。燃費や排気ガスという点では現在のエンジンに敵うはずもありませんが、そのフィーリングは素晴らしく、パワーも必要にして充分でスポーツドライビングが楽しめるエンジンです。またオイル管理を含めきちんとメンテナンスさえしてやれば10万キロ程度ではナニゴトもないタフなエンジンですから、この個体も暫くは問題はないでしょう。

RIMG0017.jpg

さて、問題の?セレスピードですが、ステアリングのチェンジャーが初期型のボタン形式からパドル形式に変わり、随分使い勝手が良くなっています。フロアのシフトは従来と同じ形式ですが、慣性マスが変更されたのか、ゲートが見直されたのか、初期型156のオモチャ然とした操作感ではなく、節度のある重さとなっています。
しかし、一番大きな変化はその電子制御で、はっきり言って初期型のセレスピードとは全く別物だと思いました。これならMT車から乗り換えたとしてもストレスなく普通に使えるのではないでしょうか。初期型のそれが「ギミック」だったとすると、これはちゃんと「道具」として認めることができます。特にシフトダウン時の繋ぎはその絶妙さが増し、前出のマフラーのおかげもあり、勇ましい「中吹かし音」を楽しむことができます。

Alfa147は確実にアルファ・ロメオの製造品質を一段階上に押し上げたモデルだと思います。どんなにM体質であったとしても、それがドライビング・プレジャーと引き換えでなければ壊れない方が良いに決まっています。壊れないAlfa147はアルファ・ロメオだけでなく、世界的に見てもこのクラスのクルマのベンチマークとなる存在で、実際にライバル車はいまだにその開発に当たってAlfa147を無視できないそうです。

では、お前は欲しいかと聞かれると、即答できない自分がいるのは何故なのだろう・・・と考えると、そこには様々な要因があり、説明が難しいのですが、しいて言うならば・・・

「容姿端麗で家柄も良く、学級委員もやっているような成績優秀な女の子にさほど魅かれることがなかったから・・・」
としか言い様がないのです(苦笑)

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク

コメント

>「容姿端麗で家柄も良く、学級委員もやっているような成績優秀な女の子にさほど魅かれることがなかったから・・・」
あれ、西田ひかるさんはこのタイプに近いのでは?

  • 2009/02/27(金) 07:57:32 |
  • URL |
  • IKEA #-
  • [ 編集]

>IKEAさん
す、鋭いっ(汗)
確かに彼女はそーいうタイプだったかなぁ・・・(苦笑)

あれっ?
こうして見ると147TSにGTAのホイールってあまり似合いませんね?
車高が高いからかな?

でも個人的には147はこの3ドアってのがイイですね!
セレも大好きです。

  • 2009/02/27(金) 17:58:42 |
  • URL |
  • 笹本隆太郎 #-
  • [ 編集]

自分が現在乗っている156は02年JTS初年タイプのセレなんですが、同じセレでも156初期型のセレ乗りに言わせると 比べるとまったく別もんだー と同乗時によくぼやかれます。
しかし そつなくモデファイされたとはいえ、このセレの独特な挙動はやはりセレだけのもので 乗るたびに じゃじゃ馬な娘っ子を 操ってるのかはたまた 操られてるのかっていう妙な感覚にさせられます。 
これもアルファの計算づくの演出なのか それとも偶然の結果なんでしょうか。  ま これはこれで慣れれば結構楽しめるんですが・・・
思うんですが おしなべてアルファ乗りとは元来、いいとこのお嬢様にあこがれつつも 実際は じゃじゃ馬ムスメ のほうが 苦労は覚悟で 性に合ってるんじゃないか・・・・・と(笑)

  • 2009/02/27(金) 18:32:07 |
  • URL |
  • fujiyama #-
  • [ 編集]

>笹本さん
ローダウンすると結構似合うと思いますよ。3drHTって国産車では絶滅危惧種ですが(笑)、どーせ後席なんて滅多に乗らないんですから、使って見ると全然アリですよね。

>fujiyamaさん
イタリアの車ってぼ~っと乗せてくれないんですよね。ATだけどアタマを使わないと乗れない・・・というのが面白いところじゃないでしょうか。セレスピードはその点、ちゃんとドライバーが考える余地を残してくれていると思います。
お嬢様が好きなイタ車乗りもいるとは思いますが・・・どちらかというと、セクシーでワガママな女性に惹かれる方が圧倒的に多いような気がします。少なくとも私の周囲ではそーですね(爆)

お嬢様!

私はお嬢様好きですよ!
でも916spiderはお嬢様では無いかな^^;

  • 2009/02/27(金) 22:38:35 |
  • URL |
  • リョー916spider2001パベル #X.Av9vec
  • [ 編集]

>リョー916spider2001パベル さん
アルファ・ロメオでお嬢様と呼べるのはGiulietta Spiderくらいじゃないでしょうか?ただしお転婆ですが・・・(笑)

147と156のあいの子のGTに乗るワタクシですが。。。
確かに最近のAlfa Romeoの出来は、とっても良いと思います。

ただ、先日、ワタクシのGTはたった16,000kmでフロントロアアーム全交換となりました。
危うく繊細という意味でも、お嬢様と言えばお嬢様っぽいんでしょうねぇ~。

ちなみに、個人的にお嬢様は大好きですが、なにか。。。?

  • 2009/02/28(土) 08:16:34 |
  • URL |
  • tm75evo #-
  • [ 編集]

>tm75evoさん
確かにBertoneの伝統に則ったフル4シーターのGTは最近気になる存在ですね。
ロアアームを交換・・・って何かにヒットしたのでしょうか?それとも組み付けミス?
>個人的にお嬢様は大好き
似合いません(爆)

じゃぁ164はお嬢様の年の離れたお姉さま?なんのこっちゃ・・・(笑)確かこの147は腰高に見えますね

  • 2009/02/28(土) 17:01:05 |
  • URL |
  • kobu #-
  • [ 編集]

>kobuさん
アルファ164はお嬢様と言うより、性悪・・・(爆)

一番、私の気になるのはギアチェンジです。
もう一度、ディーラーに相談してみます。
身近で510さんのような詳しい方がいれば心強いのですが、ミーハーな気持ちで購入したからいけなかったのか・・・?と510さんのブログを読むとみなさん車に対しての思い入れが素晴らしいので驚きます。
私も少しでもそのような気持ちを持ちたいと思います。

  • 2012/05/21(月) 15:11:28 |
  • URL |
  • yuni #-
  • [ 編集]

>yuniさん
クルマ好きは皆ミーハーですよ(笑)。
最初はそんな単純な興味から入ってだんだんと嵌っていきますのでご心配なく・・・(笑)。

  • 2012/05/21(月) 19:32:51 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/558-0390b0d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。