走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JCCA ニューイヤーミーティング~その四

そのクルマを見たときに、私は免許取立てだった学生時代に逆戻りしました。それは現在の目で旧車を見て「いいなぁ」と思う感情ではなく、自分がイッキに30年前に戻る感覚だったのです。

DSC02748.jpg

そのクルマとは三菱ギャランΣです。これこそ、私が免許を取って初めて運転した父親のクルマだったのです。
私の父親は三菱系の会社に勤務しており、家にある殆ど全てのものが三菱系メーカーのものでした。それは単に社内販売で安かったからではなく、普段に一般の店で買うものでも三菱グループの製品を買った結果だったのですが、それほど昔の三菱グループの社員の愛社精神は徹底していたのです。
私の家に最初にやってきた車は三菱コルトでした。そしてそれはギャランに替わり、ようやく私が免許を取得したときにはこのギャランΣに替わっていたのですが、このなんともコンサバなセダンが気に入らず、その後に父親を口説いてマイナーチェンジしたのを機に無理やり同じギャランΣのGSR TURBOに買い換えさせた思い出があります。
どうしても気に入らなかったこのギャランΣでしたが、それでも他に乗るクルマがなかったために随分とこのクルマでドライブに出かけたものです。
このクルマを見たときにそんな学生時代の思い出が蘇ってきたのですが、こんな感覚は久しぶりでした。

DSC02747.jpg

そしてその隣にいたのはこれまた懐かしい三菱ランサーセレステというハッチバッククーペでした。
自分で買うのならともかく、父親に資金を出させるのであれば三菱車以外の選択肢はなかったので、このランサーセレステは当時の私にとって現実的に購入できるクルマの最右翼でした。

DSC02760.jpg

しかし、おいそれと新車を買ってもらえるワケはなく、自分でアルバイトをして最初に買ったクルマはいすゞのジェミニでした。私が買ったのは中古のクーペLSというモデルだったのですが、本当に欲しかったのはこのZZ/RというDOHCエンジンを搭載したモデルでした。私のいすゞ好きはこの後も続き、結果ジェミニはFRとFFを通じて3台乗り継ぐことになりました。

DSC02761.jpg

こうなると国産旧車を見るのが段々楽しくなってきました(苦笑)
いすゞのべレットはアルファ・ロメオのGiulia Sprintを参考にした和製アルファ・ロメオと言われていますが、確かにその外観だけでなくDOHCエンジンのメカニズムまでがアルファ・ロメオの影響を多く受けています。

DSC02751.jpg

車名あてクイズにしたい位ですので、敢えて車名はご紹介しないことにします。コメントで回答をお寄せください。ただしちゃんと正式名で答えてくださいね(笑)

DSC02750.jpg

ようやくスルーしていたスカイラインも見る余裕が出てきました。このレストアされたケンメリのGTRは新車以上の仕上がりでした。

DSC02749.jpg

正直、メカニズム的には大したことのないS20エンジンを有難がる感覚は分からなかったのですが、これほど美しく仕上げてあると認めたくなって来ました(苦笑)

DSC02769.jpg

国産旧車ではないのですが、このポルシェ904GTSも素晴らしいコンディションでした。

DSC02768.jpg
DSC02767.jpg

日本グランプリで一躍有名になったスカイラインの敵役ですが(笑)、このメカニズムを見るとスカイラインがトラックに見えてきます。当時の国産との技術力の差はまだまだ歴然としていたことが良く分かります。

このJCCAのミーティングはまだ検討すべき課題はあるものの、イベントとしては充分魅力的なものでした。
特段クルマ好きではない家族連れがふらりと訪れ、お父さんが昔乗っていたクルマを前に、子供にその思い出を語る・・・というのがこのイベントのある種、理想的な楽しみ方ではないかと思います。
イッキに学生に戻った父親の楽しそうな顔を子供に見せるのも悪くないのでは・・・と思いますし、これをキッカケに家族のためのワンボックスから、昔憧れていたスポーツカーに乗る・・・という選択肢も生まれるかも知れません。
そう考えると、もっと自動車メーカーがその販売促進のために、こういった旧車イベントを盛り上げても良いような気がします。

それにしても本当に楽しい一日でした・・・。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

コメント

>正式名で答えてくださいね

サニー・エクセレントGXです。
この頃のサニーは1速が左下にくるフェラーリみたいなパターンでしたよね。
ヒューランドパターンとか言うんじゃなかったっけ?

  • 2009/02/05(木) 00:22:37 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>こ~んずさん
当てちゃったのね(苦笑)
でも、私たちの世代なら当然か・・・。

当てちゃいました(笑)

一瞬で分かりましたよ(^^;
ZZ/Rは私も欲しかったクルマの1台ですね、∑は私も好みではありませんでしたが、Λは結構好きだったなぁ。
GT-Rは友人の兄がハコスカを持っていまして何度か乗った事がありますが、音や雰囲気はともかくL型チューニングカーに慣れていた私には性能は大した事なかったですね(笑)

  • 2009/02/05(木) 11:15:02 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

190さんと同じ歳の僕はこの当時の国産車は自力で買う活力でした。
売ってはバイトして買い換える繰り返し、とても楽しかったし、不思議とお金は後からついてきました。

Σは医者のバカ息子だった親友が親から買ってもらい、リヤシートがリクライニングすることを自慢された僕はそれに対抗するかのようにΛスーパーツーリングを手に入れて優越感に浸った思い出があります。
その頃は「女子ウケ」するクルマしか興味がないのでイスズのクルマは固体は好きだったけど乗る気はしなかったです。(117は例外)

今になってこの頃の国産車がとても輝いて個性的に見えますネ!
エクセレントGXなんか今見たら超ステキです。
僕は当時学生でエクセレントは高くて手が出ず、1200GXに妥協しましたが、テールランプを見るたびに悔しかったです。

こんなイベントがあったなんて知りませんでした。
機会があったら行ってみたいなぁ

  • 2009/02/05(木) 18:35:09 |
  • URL |
  • 笹本隆太郎 #-
  • [ 編集]

小さいときによく見かけたクルマたちがズラリ揃ってますねー
なぜか当時のことを思い出すのは皆さんも同じだろうと思います。
それにしてもサニーは当時いろんなシリーズがあったのですね。
310やサニトラは今でもファンがいるようですが、往時の佳き時代を
感じさせます。

ちなみに自分の最初のクルマも三菱で、ランサーEXターボでした。

  • 2009/02/05(木) 20:03:37 |
  • URL |
  • chifurinn #UwkW36/E
  • [ 編集]

>こ~んずさん
ギャランλは欲しかったんですが、「セダンじゃなきゃダメ」で却下されてしまいました。確か草刈正雄の主演刑事ドラマのエンディングで高速を走るλを空撮してたのが格好良かったです。

>笹本さん
今、考えるとエクセレントなんてグレード名はヒドいネーミングですね。
それにしても笹本さんの車歴には脱帽です(苦笑)

>chifurinnさん
ランサーEXターボは買わせようとしたんですが、小さくてダメと却下されてしまいました(泣)

あたしゃMAZDAでしたねぇ。

  • 2009/02/05(木) 23:35:15 |
  • URL |
  • もりおか #-
  • [ 編集]

いやいや

オールドタイマーですね。
初代黄色のFRジェミニは新車出たてに兄貴とドアミラー&カンパのホイルで乗ってました。今でもいい個体あれば510(510さんではないですよ)以上に欲しいクルマです。
>1速が左下にくるフェラーリみたいなパターン
そうそう、サニーのGX5もそうでした。このミッション、ヌルッと入るんですよね。当時スピンターンしてすかさず1速に放り込んでカウンター当ててバックしながら前にかく。この時にバックしながらさらにバックした奴がいまして・・。

>もりおかさん
そうでしたね(笑)
でも制限されると他のメーカーのものが欲しくなるんですよね・・・。

>kouichiさん
当時のジェミニはオペルカデットの兄弟でしたから、安くヨーロッパ車を手に入れる格好の素材でしたよね。
クーペの後席居住性とトランクの大きさにスタイリングの妙を感じました。

国産車も

80年代前半くらいまではオリジナリティに富んだ(パクリも多いですが)クルマが結構ありますよね。
そのまま進化していたら日本車独自の世界観が構築出来たのかもしれません。
20歳の時に買ったSA22CのRX-7(キャブ!)は良かったなぁ、エンジンは嫌いでしたがロータリーだから出来たパッケージでとても楽しいスポーツカーでした。

  • 2009/02/06(金) 13:25:31 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>こ~んずさん
海外では無個性なのが日本車の個性として認知されているんですよ(苦笑)
エンリコ・フミアさん曰く、日本を始めとする漢字文化圏の人間はその表意文字を見分けるために、僅かな違いを識別し、判断する能力に優れているのですが、一方で英語圏(表音文字圏)は違いを大きくしないと識別できないのだそうです。欧米のクルマが大げさなファミリーフェイスを持ち、日本車にそれがないのは文字文化の影響もあるようですね。

僕も一発でわかっちゃいました(笑)
個人的にはB110のクーペの方が好きです。
Σは一時、友人が乗っていましたね。
ジェミニはFR、FF共に乗りましたが、結構好きでしたよ、ディーゼルですが。当時はピアッツァに乗っていたので、代車はいすゞの乗用車だったのでアスカにも乗りました。117も社長の愛車だったので良く運転させられました。ベレルとべレット以外はほとんど乗ったんじゃないかな。

  • 2009/02/07(土) 06:49:56 |
  • URL |
  • IKEA #-
  • [ 編集]

>IKEAさん
いすゞ車が好きな方ってちょっと変態扱いされてましたね。やはり王道は日産、トヨタではなかったでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/549-0cb35485
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。