走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALFA ROMEO Sport Collection 総集編 1980年代~現在

アルファ・ロメオを傘下に納めたFIATは徹底した合理化を推進します。それはFIATとのシャシー共用による新型車開発で、アルファ・ロメオはそれまでの「伝統の」FRレイアウトと決別する代わりに、ようやく生産設備を近代化することができました。
こうして開発されたはアルファ155はFIAT Tipoとシャーシーを共用するFFレイアウトのBerlinaでしたが、アルファ・ロメオのスポーティイメージが薄いことから市場の反応は否定的で販売は伸び悩みました。そこでアルファ・ロメオはこのアルファ155をベースにした1996年 155 V6TIをレースに投入し、スポーティイメージを上げることにします。

20070215211202.jpg

ドイツツーリングカー選手権(DTM)に初出場した1993年にいきなり年間チャンピオンを獲得するという快挙を成し遂げたアルファ155はその後も勝利を重ね、久しぶりに勝ちまくるアルファ・ロメオにようやく市場もアルファ・ロメオの復活を認めることになるのです。

1996年 155 V6TI "TV Spielfilm"

20070415113959.jpg

本格的なアルファ・ロメオの復活はアルファ156の成功によって確立されました。続くアルファ147はさらに製造品質が向上し、この2車種によりアルファ・ロメオは完全に経営を建て直すことができたのです。
そしてそのどちらにも、ホットバージョンが設定され、2003年 Alfa147 GTA Cupによるワンメイクレースが開催されました。

20070207212024.jpg

2003年 Alfa147 GTA Cup (2003 Champ)

20070626215823.jpg

もう一方のアルファ156はサーキットに打って出ます。発売当初からツーリングカー選手権に出場したアルファ156はその熟成が進み、ついにETCC(ヨーロッパツーリングカー選手権)のスーパー2000クラスを2004年156 GTAで制します。

20070211151009.jpg

2004年 156GTA (Puebla-Messico 2006)

DSC01599.jpg

新世代のアルファ・ロメオはGM製のエンジンをベースに設計されることとなりました。2005年 Alfa159Q4 3.2 JTSは、ジゥジアーロによるコンセプトカーBreraのフロントマスクをデザインモチーフとしたBerlinaで、アルファ156とアルファ166の二つのモデルの後継車という位置づけです。

1592.jpg

そのBreraも発表が待たれていたモデルです。コンセプト段階で多くのアルファ・ロメオファンを魅了したにも係らず、市販化が遅れ、もはや「お蔵入り」か?と心配されたのですが、アルファ159とシャーシーを共用し、2005年Brera 3.2 JTS V6 Q4として発売されました。

20070306224229.jpg

そしてさらに待ち望んでいたモデルが2006年 8C Competizioneではないでしょうか。アルファ・ロメオはいつの時代にもその節目にこういったイメージリーダー的なクルマを製造し、これからの進む方向を具体化して提示して来ました。
8C Competizioneは、アルファ・ロメオが例えシャーシーやエンジンが何であろうと、これからもアルファ・ロメオであり続けることを示唆しています。
「こんなのが作れるんだから、俺達は大丈夫だよ」
とファンに向けたメッセージが聞こえてくるようなモデルだと思います。

DSC01563.jpg

こうしてミニチュアモデルでとは言え、改めてアルファ・ロメオ100年の歴史を振り返って見ると、アルファ・ロメオがどんなクルマを作りたかったのかが分かります。

アルファ・ロメオはイタリアの誇りであり、単に「速い」だけでなく「美しく速く」なければなりません。それが例え無骨なBerlinaであったとしても、アルファ・ロメオのエンブレムを付ける以上はエレガントである必要があるのです。
過去全てのレースでの勝利は、現代のアルファ・ロメオのオーナーにとっても誇りであり、アルファ・ロメオであれば、ちゃんと自分の愛車がその数多くの勝利の末に存在していることを知ることができます。
そしてかつてヘンリー・フォードが言った様に、「アルファ・ロメオが走り去るときに帽子を取る」という尊敬を受けるに値する数少ないブランドがこのアルファ・ロメオではないかと思います。


クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

尊敬を受けるに値する数少ないブランド

なんたってフェラーリの母ですからね(笑)

  • 2008/12/09(火) 01:19:06 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>こ~んずさん
かつてのクラブ寄り合いで、屯しているフェラーリの集団に、「親に挨拶はないのか?」と因縁をつけに新人を行かせた某支部長がいましたね・・・(笑)

あらためて「波乱万丈」ですね。
自動車業界も世界的に大変なようですがAlfa Romeoの今後に幸あらんことを。

  • 2008/12/09(火) 12:31:00 |
  • URL |
  • pekepeke #-
  • [ 編集]

>pekepekeさん
本当にそうですね。業界再編の波は何とか潜り抜けましたが、FIATがコケるとどうなるか分かりませんね。

某支部長って、そんなことしましたっけ?考えてみましたが、他に誰がいるよっ?自分ですね・・・

  • 2008/12/10(水) 20:13:52 |
  • URL |
  • BUSSO #-
  • [ 編集]

やはりAlfaはその歴史の重みがブランドの価値たらしめてますね。
数々の栄光とロマンが彩られたアルファロメオがいつまでも続くことを
願って止みません。

  • 2008/12/10(水) 21:55:15 |
  • URL |
  • chifurinn #mwEy1mXw
  • [ 編集]

>BUSSOさん
残念ながらあなたです(笑)

>chifurinnさん
以前にも書きましたが、アルファ・ロメオこそブランディング戦略なぞ持たず、その歴史と哲学から自然とブランドが確立されたメーカーなのだと思います。
自動車メーカーとして生き残るかどうかはともかく、ブランドとしては残っていくだろうと思いますね。

100年の歴史の纏め、お疲れ様です。
510さんの文章から「Alfa Romeoに乗る意義と誇り」を十分に感じました。
8C Competizioneは他のモデルと違って本当にファンが待ち望んでいたモデルだと思います。ブレラもコンセプトのまま出ていれば間違いなくそのポジションを獲得したに違いないと思っています。

ところで
本にはしないのですか?

  • 2008/12/11(木) 19:45:33 |
  • URL |
  • IKEA #-
  • [ 編集]

>IKEAさん
もう勘弁してください(苦笑)
そんな本を誰が買うんですか・・・。

長谷川京子 ヌード写真&フェラ動画が再々流出!!!

長谷川京子 ヌード写真&フェラ動画が再々流出!!!

長谷川京子がデキ婚だったのには驚き!!しかしもっと驚きの事実があった!

http://zudooooooonnn.blogspot.com/

私生活も絶好調な彼女に実はヌード写真があるのは皆さんご存知だろうか?

http://zudooooooonnn.blogspot.com/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/530-c38c4acf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。