走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALFA ROMEO Sport Collection 総集編 1970年代後半~1980年代

「本業そっちのけ」のレース活動により、さらに経営状態の悪化したアルファ・ロメオは、公的資金が注入され、イタリア政府管轄下に置かれていましたが、その政府の経済復興政策の一環としてイタリア南部の産業振興をすることとなりました。イタリアは北部に工業、商業が集中しており、南部との経済格差は悩みの種だったのですが、その振興策として命ぜられたのが、ナポリに新工場を建設し自動車を作るというものだったのです。
こうして生まれた1972年 Alfasud T.I. Trofeo (Varano de' Melegari 1976)は、当初ノルド(北)で製造されていなければ、アルファ・ロメオではない・・・とまで言われましたが、そのコンパクトなボディとFFとは思えないハンドリング性能からたちまち好評を博するようになります。

SUDti2.jpg

そしてアルファ・ロメオはAlfasudの性能をアピールするためにワンメイクレースを企画し、著名なドライバーに運転させたりするキャンペーンを実施しました。

1972年 Alfasud TI Trofeo

DSC01591.jpg

Alfasudは3ドアハッチバックに加えて、Sprintと呼ばれるスリークなクーペも加えられました。1976年 Alfasud Sprint Trofeo (Zandvoort 1983)はAlfetta GTにも通じるデザインで、ハッチバッククーペという形式は当時のデザイントレンドとなり、当時の他車のデザインにも多くの影響を与えました。

SudSprint2.jpg

一方、ミラノでもやっとAlfetta Berlinaに続いてSprintボデイと言って良いGTが発表されます。1976年 Alfetta GTV 2000 のデザインはジゥジアーロで、Giulia Sprintと同様に4座クーペとしてGiulia以上の居住性を有しており、さらにハッチバック方式による使い勝手の良さも加わり、実用性を兼ね備えたクーペとして高く評価されました。

20070302222955.jpg

当然のことながらこのAlfetta GTはGiulia Sprintの後継モデルとしてサーキットでも活躍するのですが、当時アルファ・ロメオはTipo33にそのレース資金の殆どを注入していたために、Alfetta GTのレーシングカーとしての改良は進みませんでした。そのためAlfetta GTはラリーを中心にレース活動をしたのですが、その活動範囲は限られておりターマック(舗装路)中心のラリーでしか上位に食い込むことはできませんでした。
1976年 Alfetta GTV 2000 (1978 Sanremo)

DSC01265.jpg

このように経営そのものは苦しい中にあって、アルファ・ロメオはそれでもレース活動を続けていました。Tipo33プロジェクトはそれに替わるものがなかったとは言え、結果として10年近くも続けられ、当初のプロトタイプではGiuliaの4気筒エンジンに始まり、V8エンジンを経て水平対向12気筒エンジンにまで発展し、更に1977年 Tipo33 SC12 Turboはその12気筒エンジンにターボチャージャーを搭載するまでになりました。

20070205221026.jpg

アルファ・ロメオの開発資金難は深刻でした。ようやく新規に開発した1977年 Nuova Giuliettaもシャーシーを開発する余裕がなく、Alfettaのシャーシーを流用するという苦肉の策で凌ぐしかありませんでした。加えてこのAlfettaのシャーシーはその凝ったレイアウトのせいで製造コストが高く、更に経営を圧迫するのです。

DSC01633.jpg

新シャーシーを開発する余裕がないアルファ・ロメオは既存のシャーシーとエンジンを組み合わせて、マイナーチェンジを図るしかありませんでした。1980年 GTV 6 2.5 (500km di Monza 1982)も従来のAlfetta GTのボディに新しいV6エンジンを搭載したモデルでした。

DSC01607.jpg

そして、Tipo33プロジェクトの後にアルファ・ロメオが始めてしまったのが、ナンとF-1だったのです。当初はエンジン供給のみだったのが、それで収まらずにシャーシーも自社開発し、気がつけばフルコンストラクターとしてレースに臨んで行ったのです。
1981年 179C

20070219231852.jpg

腕利きのドライバーが乗ったマシンは上位に食い込むことがあったものの、絶対的な資金不足のためマシンの信頼性が上がらず、その成績は振いませんでした。そしてついにレギュレーションの変更により撤退を余儀なくされてしまい、戦前のGPレースから続くアルファ・ロメオのF-1参戦の歴史は再び長い中断期間に入ることになります。
1981年 179C(G.P. del Nurburgring 1981)

DSC01579.jpg

販売の不振とレース活動の経費増大によりアルファ・ロメオの経営は倒産状態となってしまいます。それでも企業活動を続けることができたのは、政府による資金注入のおかげだったのですが、それでもさらにF-1にまで参戦し、またそれを許されたのはアルファ・ロメオがレースにより名声を獲得し、それを販売に結び付けてきたからに他ならないのですが、一方でそのレースに勝てないのですから、アルファ・ロメオにはもはや打つ手はないかに見えました。
頼みの新型車1987年 75 Turbo Evoluzione IMSAもぞれまでと同様にAlfettaのシャーシーを流用するしかなく、多くの制限を受ける中での開発だったのですが、その製造コストの問題を除けば基本に優れたこのシャーシーによる新型車は、何とか世間水準の性能を発揮していました。しかしそれでも経営状態を改善するほどの販売には至りませんでした。

20070222212206.jpg

経営状態が全く改善されないアルファ・ロメオはついに政府にも見放されてしまいます。もはや倒産しかなく、アルファ・ロメオの名前は消えてしまうかに思えたときに、救いの手を差し伸べたのが永年のライバルであるFIATだったのです。
こうしてアルファ・ロメオはFIATグループの一員として1990年代を迎えることとなります。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

ものは相談ですが

こんばんは。
あのー、提案なんですけどね。
このブログを「本」にしちゃったらどうでしょう?
特にここ数本のヒストリーなんかはヘタなロメオ本よりわかりやすく解説されてますし、トラブルやメンテ等の生情報は他のどんな書籍より参考になると思います。
どっかの出版社へ持ち込めば二つ返事でOKだと思うんですけどねえ・・・。
印税で余生を送ることができるかもしれませんよ?どうかご一考を。

いつもROMってますが、今日は勇気をふりしぼってコメントしました。(笑)


  • 2008/12/08(月) 00:55:04 |
  • URL |
  • チェリー #6AWUBD.o
  • [ 編集]

いいですね~~!

賛成です!アルファ車入門者のバイブルになると思います(笑)

  • 2008/12/08(月) 05:14:58 |
  • URL |
  • きゃつお #-
  • [ 編集]

>チェリーさん
おおっ!勇気を振り絞ってのカミングアウトありがとうございます。
そこまでお褒めの言葉をいただけるとは・・・(苦笑)
本にする価値があるかどうかは別にして、これからも「オチ」のある文章を書いていきたいと思っていますので、ご愛読をお願いしますね。

>きゃつおさん
入門者の視点で是非、きゃつおさんも頑張って書いてくださいね。期待してますよ~(笑)

自分が直面しているのは・・・

自分は何もできないへたれです(涙)
そんな自分が今読みたいのは、155から並行輸入の164Q4という暴挙(失礼)に出た510さんが当時背中を押されたきっかけと、これからちょっと古いモデル、特に164への乗り換えを考えている新米アルフィスタへの、買い方とか維持の仕方といった現実的なアドヴァイスです(笑)
ようはまた背中を押して欲しいだけなんですが、このブログにそれを期待している読者は多いと思います(笑)

  • 2008/12/08(月) 20:14:24 |
  • URL |
  • きゃつお #-
  • [ 編集]

>きゃつおさん
私は背中を押す気も足を引っ張る気もないんですよ。実用車選びならともかく、主観の世界ですから・・・その方の価値観と感性に合えばOKですし、合わなければダメだと思うんですよね。
維持の仕方だのトラブルがどーのなんてハナシは手に入れてから後に考えれば良いことだと思っています。
厳しい言い方かも知れませんが、そんなことが買う前に気になる方はおそらくアルファ・ロメオ(現行車は除きましょう)には向かない方で、極めて理性的な常識人だと思いますよ(笑)

極めて理性的な常識人だと思いますよ

だから私は買ってないのか!(笑)

  • 2008/12/08(月) 22:18:54 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

フラ車2台持って理性だの常識だのを語らないで欲しいものです(爆)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/529-db4f1d4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。