走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALFA ROMEO Sport Collection 総集編 戦前~戦後

ご存知のようにALFA ROMEO Sport Collectionは歴代のアルファ・ロメオのコンペティションモデルをミニチュア化してシリーズ化したものですが、その発売される順番は年代不同となっています。
コレクションの関係上、その発売順に紹介して来ましたが、改めて全シリーズを年代順に並べてみると、アルファ・ロメオが現代のフェラーリが足許にも及ばないほど、レースと共に発展してきたことが分かります。全ての年代においてアルファ・ロメオがレースシーンに登場しないことはなく、むしろレースをするためにクルマを作っていたのでは?と思わせるほどです。

改めてこのコレクションを年代別にご紹介してみたいと思います。まずは戦前のモデルから戦後の量産車メーカーへの転換までですが、既にご紹介したように戦前のアルファ・ロメオはさしずめ現代のアストン・マーチンやフェラーリのような少数生産の高級車メーカーでした。
レース仕様のクルマを製造し、ユーザーはレースに出場するためにそれを購入し、レースに勝てばそのスペックのままロードモデルを作るというスタイルで、当時のアルファ・ロメオは憧れのクルマだったのです。それは当時のクルマそのものの希少性からすると、想像を絶するものだったろうと思います。

まずは1923年 RL Targa Florioです。

DSC01256.jpg

戦前のGPマシンの珠玉と言えば、この1924年 P2ではないでしょうか。

20070625211945.jpg

1931年 8C2300 Le Mansは名前の通りル・マン24時間レースに出場するために製作されたモデルです。

20070220234759.jpg

1932年 Tipo B "P3"は名車中の名車でしょう。

20070319211252.jpg

1938年 8C 2900B Le Mansは戦争の足音が近づく中で国家の威信をかけたモデルでもありました。

20070315214409.jpg

敗戦国イタリアで戦争の傷跡が癒えないにもかかわらず、1950年 6C 2500 Villa d'Esteのような高級車が発売されていたことは、同年の日本の状態を考えると驚異的だと思います。

20070420223543.jpg

同様にGPレースがこれほど早く再開されたのも驚異的ではないでしょうか。1951年 Tipo159 "Alfetta"は同じく敗戦国のGPカーであるにも係らず大活躍したのです。それがイタリア国民にどれほど勇気を与えたか計り知れません。

20070208232944.jpg


戦後のアルファ・ロメオはこのモデルから始まったと言って良いでしょう。1951年 1900T.I. (1954 Mille Miglia)は、アルファ・ロメオの量産車メーカーへの転換を成功させたモデルでした。

DSC01273.jpg

そして、アルファ・ロメオはちゃんとスポーツモデルも用意しました。1951年 1900 Sprintは、戦後のイタリア国民の憧れのクルマとしてアルファ・ロメオへの期待を裏切らなかったのです。

20071001212410.jpg

1951年 1900 Sprint (Monza Coppa Intereuropa 1954)

DSC01587.jpg

次回は量産車メーカーとしてのアルファ・ロメオの初期の歩みをご紹介して行きたいと思います。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

素朴な疑問なんですが・・・
戦前のP2、P3、6C、8Cとかって、現在の日本円にしていくら位だったんでしょうね? トテツモナク高価だろうな?とは思うんですが・・・

  • 2008/11/26(水) 20:21:47 |
  • URL |
  • BUSSO #-
  • [ 編集]

>BUSSOさん
当時の為替レートと現代との物価差が分かりませんから、ナントも言えませんが、5000万以上はしたでしょうね。
加えて、このクルマを買うという行為はその当時の一般常識からすると、現代では自家用飛行機やクルーザーを買うようなものだったのではないでしょうか。
いずれにせよ、庶民には関係ないハナシで超富裕層にのみ許されたことだったでしょう。

積み重ねの重さがよくわかるシリーズですが、よくもまぁこんなに調べたものだと感心します。
当時の空気感も良く伝わってきます。多分、当時はクルマを所有する事自体、特別だったのですから仰るように自家用機を買うという表現の方がピッタリでしょうね。
僕のお気に入りは8C2900B Le Mansです。このデザインは何度見ても凄いと思います。

  • 2008/11/27(木) 20:03:24 |
  • URL |
  • IKEA #-
  • [ 編集]

>IKEAさん
自分でもこうして並べてみると・・・よーやるわと思います(苦笑)
8C2900Bは横浜のムゼオで実物を見ましたが凄かったですよ~。

最初はそれほど思わなかったのですが、戦前の初期の赤もいい色ですね!

  • 2008/11/28(金) 06:24:13 |
  • URL |
  • きゃつお #-
  • [ 編集]

>きゃつおさん
実は、このくすんだ赤が本当のイタリアンレッドなのですよ。

確か1900スプリントは昨年のアルファディに参加されて
いたと思いますが、息を呑むような美しい状態を保っていました。
スポーティエレガンスを体現しているなと思います。

  • 2008/11/29(土) 20:18:05 |
  • URL |
  • chifurinn #LxiH5TNE
  • [ 編集]

>chifurinnさん
確か2台参加していましたね。確かに異彩を放つ美しさでした。
この年代のデザインは芸術ですから、旧いとか新しいとかを超越していると思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/524-5eb68101
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。